2013年05月28日(火) 12時00分
  • REVIEW

目覚めろ野生!獲物はだれにも渡さない!『ネコと取りっこ』

ども!幼いころ布団で寝ていたら部屋の上、屋根裏でネズミとネコが死闘を繰り広げており、最後に聞こえたネズミの断末魔を聞いて子供心に「世の中って弱肉強食なんだなぁ」と痛感したサバミソです。

それまでネコはのんびりとした生き物だと思っていたのですがやはり狩猟動物、やる時はやるものですね。今回はそんなネコたちと獲物を奪い合うスピードタップアクション『ネコと取りっこ』を遊んでみようと思う。

 

 

 

nekototorixtuko_01

 

勝負の世界は狩るか、狩られるか…

 

このゲームの目的はとてもシンプル、一言で言ってしまえば「相手より先に魚を奪え」ということだけだ。

 

nekototorixtuko_02  nekototorixtuko_03

 

ゲームを始めると対戦相手のネコが現れ、カウントダウンが始まる。そのままカウントダウンが0になると場に四方八方から様々な「モノ」が投げ込まれてくるだろう。この放り込まれるモノの中にある「魚」をネコより早く先にタップして奪い、最終的に奪った魚の数が多い方がゲームの勝ちとなるのだ。

 

nekototorixtuko_04  nekototorixtuko_05

 

ただし、魚以外にマフラーやリボンを巻いたプレゼントなどの「ニセモノ」が放り込まれる場合がある。ニセモノをタップして奪った場合は「お手つき」となり即負けとなってしまうのでタップする前にはよくよく確認することをおススメする。

 

狩りの巧さにネコも尊敬?

 

何度かネコとの勝負に勝利するとその猫から尊敬されるだろう。

 

nekototorixtuko_06  nekototorixtuko_07

 

ネコから尊敬されるとその猫はプレイヤーに挑戦してこなくなり、次に新たなネコがアナタに挑んでくるはずだ。だけどやることは変わらない、遠慮なく魚を奪い取ってやれ。

 

ネコVSヒト!狩猟本能を呼び覚ませ!

 

ゲームを端から見るとまるで反射神経だけが頼りのゲームに見えるが、序盤の数匹を倒した筆者が思うに案外そうでもない。何故なら放り込まれるモノにはパターンがあるからだ!

例えば「ニセモノ2個の次は高確率で魚が来る」などのパターンがあり、次に魚が来ると身構えられる分、自分の反応が速くなって魚を取りやすくなるのだ。もし勝負によく負けるというのなら一度は勝負を捨て、よくよく観察するのも一つの手だろう。

 

nekototorixtuko_08  nekototorixtuko_09

 

だがやはり最後にモノをいうのはアナタの反射神経だ。パターンが解っていてもネコより反応が遅ければ勝負に負けてしまうだろう。そこの反射神経に自信があるアナタ、是非その指を存分に揮い全てのネコを屈服させてみて欲しい。

 

タイトル ネコと取りっこ
開発 Muu Muu Co.,Ltd.
ジャンル スピードタッチアクション
掲載時価格 無料
公式サイト 株式会社ムームー – Muumuu.com

 

 

このライターの記事一覧:サバミソ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook