2013年05月21日(火) 15時30分
  • REVIEW

空いた時間でのんびり再建♪ 放置系コミカル神様コレクション『再建! ボロボロ神社』

「楽しみたいけどめんどくさいゲームはイヤ!」なんて『わがままジュリエット』な方々にピッタリの「空き時間に適度な暇つぶしができる」コレクションゲーム『再建! ボロボロ神社』をご紹介

 

 

saikenboroborojinja_18

 

めんどくせーのは一切なし

 

saikenboroborojinja_16  saikenboroborojinja_15

 

プレイヤーは神社の巫女となり、「供物」を使って多くの神様を「御神木」に宿らせ、そのご利益を求めやってくる参拝客が奉納したお賽銭を回収していくこのゲーム。

スマホアプリではお馴染み「放置系」ゲームとなる本作は、ややこしくてうっとうしい操作やゲーム性は一切不要で、気が向いたときにのんびりと、自分の好きなペースで個性タップリの愛らしい神様をコレクションできるのが魅力だ

 

ゲーム性? なにそれ? おいしいの?

 

saikenboroborojinja_17  saikenboroborojinja_02

 

神様を御神木に宿らせるには、供物を使って「祈祷」する必要がある。「境内」の御神木をタップし「神木に祈祷」メニューを選ぶと、「祈祷選択」画面が表示されるので、ここで使用する供物を選択するのだ。

 

saikenboroborojinja_19  saikenboroborojinja_13

 

選択方法は3つのパターンがある。まず「自分で選ぶ」は、その名の通りプレイヤー自身が供物を選択し「おまかせ~」はCPUが任意選択。「図鑑から~」はこれまでに呼び寄せ図鑑登録された神様をタップすることで、必要な供物が自動で選択されるのだ。

使用する供物の種類や組み合わせにより登場する神様も変わってくるし、呼び寄せたことのない神様は、どんな組み合わせで登場するのかわからない。が、使用する供物は一つないし二つで組み合わせのパターンもそこまで多くないから全く難しくない。

 

saikenboroborojinja_09  saikenboroborojinja_08

 

おまけに「祈祷の手引き」ではヒントもしっかり載ってるし、それすらめんどくせーとおっしゃる方向けに「先代の覚書」という名の答えそのものまで掲載されちゃってる。「組み合わせ方」などというゲーム性すら無用の長物というハードコアなナマケモノでも楽しめる安心設計だ。

 

saikenboroborojinja_11  saikenboroborojinja_10

 

供物がなくなったらパワースポットの「探索」を行おう。探索はスタミナを消費しながら奥に進んでいくタップすればいいだけのシンプルなもので、探索により供物だけでなく、供物の組み合わせが記された「理の書」を入手することができる。

 

フェスタで一気にお賽銭狩り

 

saikenboroborojinja_07

 

神様を呼び寄せることに成功すると、御神木に神様が宿り、その間参拝客がお賽銭を奉納しにやってくる。御神木に宿る時間は神様ごとに異なるが、神様がいる間はアプリを終了しても参拝客が途切れずやってくるので、放置していてノー問題だ。

またお賽銭が一定額たまると、その神様がレベルアップする。神様のレベルアップは呼び出す神様ごととなるが、同時に巫女レベルもアップする。巫女レベルが上がるとスタミナが上昇し、より神格の高い神様を呼び出す率も上がる。

 

saikenboroborojinja_05  saikenboroborojinja_04

 

さらにお賽銭が奉納されると画面右上の%表示のゲージが上昇していくが、これがフルになると「お祭り」が開催され、参拝客が一気に集まってくる。このゲージは「おふだ」を使うことで一気にフルにすることもできるので、神様をレベルアップさせたいときは「おふだ」も使っていこう。

 

saikenboroborojinja_20  saikenboroborojinja_12

 

ドット絵のやさしい世界観、バラエティに富んだコミカルな神様たち、そしてゲーム性と操作性と、どれをとってもとっつきやすいカジュアルさ。

友達から「このゲーム戦略性の高くてすげー面白いよ」と勧められ「へえ面白そう」なんて言いながら、内心「なんだよ戦略性って。めんどくせー」と舌打ちする素直な方々にはもってこいの一本だ。

 

タイトル 再建! ボロボロ神社
開発 Come-Come Cat
ジャンル 放置系シミュレーション
掲載時価格 無料
公式サイト Come-Come Cat

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook