2013年05月21日(火) 11時30分
  • REVIEW

今度の北斗はパラレルワールド『DD北斗の拳 北斗神拳通信講座』。ヒャッハー!パズルだー!


好きな北斗神拳は「北斗有情断迅拳」、嫌いな北斗神拳は「北斗有情破顔拳」なサバミソです。テーレッテー!トキこわい! 今回はそんな北斗の拳のパラレルワールド、アニメも絶賛放映中のデフォルメされたケンシロウ達が活躍する『DD北斗の拳 北斗神拳通信講座』をご紹介するぞ!

 

 

ddhokutonoken_01

 

DDってなに?

 

恐らくタイトルを見た際に「DD北斗の拳ってなんだ?」と思われたかもしれない。DD北斗の拳は月刊コミックゼノンで大好評連載中の北斗の拳のギャグ漫画だ。「北斗の拳」では核戦争が起こり弱肉強食な世界になったが、「DD北斗の拳」では核戦争が起こらなかった場合ををベースに、ギャグ漫画として2頭身になったケンシロウ達の活躍を描いているぞ。

 

ddhokutonoken_02  ddhokutonoken_03

 

ちなみにDDは「Design Deformation」の略称だそうだ。

 

まとめて繋げてあたたたたたたたァッ!

 

肝心のゲーム内容はというと、ジャンルとしては3マッチパズルに属すると言っていいだろう。原作で最初にやられるジート軍団やハート様などケンシロウの敵となったキャラクター達の雑魚ブロックを3つ以上縦か横に繋げることで爆散する。

 

ddhokutonoken_04  ddhokutonoken_05

 

塵となって消えた雑魚ブロックのスペースには上から他の雑魚ブロックが詰めるので、爆散している間に他の雑魚ブロックを操作して連鎖を狙ってみよう!

 

ddhokutonoken_06  ddhokutonoken_07

 

プレイヤーや敵には体力があり、敵の体力はプレイヤーがブロックを消すことでダメージを与えられ、プレイヤーの体力は時間により減少していく。最初の内は特に必要ないが後半になるにつれ連鎖を狙わなければ時間切れで負けてしまうこともあるぞ!

 

せめて奥義で葬ろう…

 

次にこのゲームの特徴である「奥義」に注目してみよう。

 

ddhokutonoken_08  ddhokutonoken_09

 

奥義は雑魚ブロックを消したり、連鎖で得られる「闘気ゲージ」を溜めれば使えるようになる。最初から使える「岩山両斬波」は闘気ゲージを1ゲージ分溜めればいつでも使え、使えばランダムで縦一列分の雑魚ブロックを一掃できるぞ。

新たな奥義はゲームーオーバー後にもらえる経験値で増加する「北斗レベル」の数値によって解禁され、第二の奥義「北斗柔破斬」はランダムの位置を中心に半径一マスのブロックを全て消去する強力な奥義だ。

 

ddhokutonoken_10  ddhokutonoken_11

 

また奥義発動中は時間がストップするので、落ち着いて消せそうなブロックを見つける時間に使うといいだろう。

 

我こそは世紀末覇者なり!

 

『DD北斗の拳 北斗神拳通信講座』には原作でお馴染みのキャラクター達が続々と登場する。

 

ddhokutonoken_12  ddhokutonoken_13

 

原作でお馴染みのバットやリン、友であるレイなどはお助けキャラクターとして登場し、プレイヤーに様々なアシストをしてくれる。

 

ddhokutonoken_14  ddhokutonoken_15

 

逆に強大な敵だったシンやジャギ様はボスキャラクターとして登場する。ボス戦闘時はブロックの絵が変わり拳や蹴りのマークとなるが、基本的な操作は変わらないので安心して死闘を繰り広げよう!

 

原作ファンも納得?消す瞬間が楽しい!

 

筆者が遊んでいて何より楽しかったのは雑魚ブロックを消す時だ。雑魚ブロックをタップすると今までふてぶてしい態度だった顔が秘孔を突かれた表情になり、3つ繋げると「ひでぶ!」や「あべしっ!」などお馴染みの断末魔を本当に言いながら死んでいくのだ。 こんなことをされたら楽しくないわけがない!大連鎖起こった時など「ヒャッハー!!連鎖だぜー!」と叫びたくなる(死亡フラグ。

 

ddhokutonoken_16  ddhokutonoken_17

 

この楽しさ、是非皆様にも味わってほしいが、あまりハマりすぎてゲーム中毒の秘孔を突かれてしまわないように注意してほして願う次第だ。

 

タイトル DD北斗の拳 北斗神拳通信講座
開発 SPACEOUT Inc.
ジャンル パズル
掲載時価格 無料
公式サイト DD北斗パズル | SPACEOUT

 

 

このライターの記事一覧:サバミソ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook