2013年05月20日(月) 12時00分
  • REVIEW

世界で大流行中のアノ必殺技がゲームに?!『無限マカンコウサッポウ』!

「マカンコウサッポウ」という言葉をご存じだろうか? 2013年の春ごろから女子高生の間に流行りだした写真遊びで、フレームの中で必殺技を出している人と、その技をくらっているかのように吹き飛んでいる人の写真を撮る遊びである。

その姿は「魔貫光○砲」というより「超爆裂○波」じゃんと言いたくなるが、その写真がTwitterなどのSNSサイトに投稿され瞬く間に世界中に拡散、世界中の人たちが「マカンコウサッポウ」の写真を撮り、今では「KAMEHAMEHA」や「Hadouken」などのクローンまで出る始末。

今回はそんなノリにノッている「マカンコウサッポウ」にフューチャーしたタップゲーム、『無限マカンコウサッポウ』をご紹介するぞ!

 

 

mugenmakankousapou_01

 

あれ…これ本当の魔貫光○砲じゃ…ゲフンゲフン

 

今作『無限マカンコウサッポウ』はタップとスライド操作を駆使したアクションゲームだ。

 

mugenmakankousapou_02  mugenmakankousapou_03

 

画面中央にプレイヤーが操作する黒子がいる。この黒子はこの場所から動けないが、四方八方から別の黒子が襲いかかってくる。プレイヤーはそんな黒子を操作し、敵黒子に触れられないようにマカンコウサッポウで迎撃するのが基本的なゲームのルールだ。迎撃できなかった場合は大量の黒子に群がられることになるぞ。

 

スライド操作が少しむずかしめ?

 

さて肝心のマカンコウサッポウの撃ち方だがこれは画面をタップして放すだけでいい。そうすれば黒子が今向いている方向に向かってビームを撃ちだすはずだ。

 

mugenmakankousapou_04  mugenmakankousapou_05

 

ビームの方向を変えたければ画面をタップしたまま指を時計回転に動かしてみようすると、動かした分だけ黒子が右回転するはずなので、後は調整して敵にマカンコウサッポウを撃ちだしてやろう。もちろん、反時計回りに指を動かせば黒子は左回転するぞ。

 

やっぱり溜めてこそのマカンコウサッポウ!

 

魔貫光○砲と言えば溜め!気を集中させ凝縮することであの破壊力を生むのです!ということでこちらのマカンコウサッポウも溜めて撃ってみよう。

溜め方は簡単だ、画面を指でタップし続けるだけでいい。溜めは最大3段階となり溜めれば溜めるほど身にまとうオーラが大きくなり、発射した際も極太のマカンコウサッポウになるのだ!

 

mugenmakankousapou_06  mugenmakankousapou_07

 

そしてその効果はというとパワーアップしている…と思う!

…正直に言うと筆者には解らなかったのだ。発射するビームは確かに太くはなっているが、それは扇のように先端に進むにつれて広くなるタイプで、根元は溜める前とさほど変わらない、なので溜めたからと言って敵撃破が楽になるかというと案外そーでもない。というのが実直な感想である。

で、でも溜めて撃った方が気持ちいいことは確かだし派手なので効果がなくても使いたくはなるぞ。

 

是非音有りで遊んで欲しい

 

今作はなんとまさかのボイス入りだ。昨今のスマホゲームではSEさえない場合も多いが、マカンコウサッポウではボイスが至る所に仕込まれている。文面では残念ながら詳細はお伝えできないがこのボイスが楽しさを倍増させていることは間違いない。

 

mugenmakankousapou_08  mugenmakankousapou_09

 

さて如何だっただろうか。このマカンコウサッポウ全盛期にまさか本家をフューチャーしたゲームがでるとは筆者も思わなかったが、マカンコウサッポウを敵がくらい吹っ飛んでいる様は確かに流行のマカンコウサッポウの吹き飛び方だと言えるかもしれない。

今のニュータイプである若者に流行りの「マカンコウサッポウ」と、我らオールドタイプの「魔貫光○砲」その二つが見事に混ざり合い、ゲームとして遊べるのがこの『無限マカンコウサッポウ』。遊んでみれば話題のタネになること間違いなしだ!

 

タイトル 無限マカンコウサッポウ
開発 東京検定研究所
ジャンル アクション
掲載時価格 無料
公式サイト 東京検定研究所

 

 

このライターの記事一覧:サバミソ
関連ワード:レビュー , ,

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook