2013年05月14日(火) 15時50分
  • REVIEW

ルーツはタブー!? アイツが飛んで飛びまくる『うまい棒JUMP!』

国民的駄菓子「うまい棒」のパッケージに描かれたセンシティブすぎるキャラクター「うまえもん」(仮名)を操り、お菓子の国を冒険しながら「うまい棒」をコレクションしていくジャンピングアクション『うまい棒JUMP!』をご紹介。

 

 

umaibohjump_01

 

「うまえもん」とか「ドヤエモン」とか

 

umaibohjump_02

 

「うまい棒」といえば、定番・新作・復刻・地域限定といった各種フレーバーを取り揃え、様々なコラボ商品も出しながら、現在までずっと10円で販売し続けている説明不要の大人気スナック菓子。

元掲示板管理人から芸能人まで幅広く熱烈なファンを持ち、中には「一週間でうまい棒1000本を食べきる」方や、「うまい棒をかっこよく開ける方法」というものすごくかっこ悪いことを考える方などもおられるほど。

「母数が増えればバカも多くなる」という統計学的仮説を見事に立証するなど、アカデミックな分野での貢献も見逃せない「うまい棒」。そのキャラクターといえば、パッケージに描かれたお馴染みの「アイツ」である。

そのルーツについて質問し過ぎると担当者がマジ切れするとも噂される「アイツ」を操り、ロープを使って足場のお菓子に飛び移っていくジャンピングアクションゲームとなる本作は、「アイツ」を動かせるだけでなく、過去に発売されていたものを含め45種類もの「うまい棒」をコレクションできるのが魅力だ。

 

ネコ型ロボットのほうは「ペタリ●ンド」といいます

 

 umaibohjump_06

 

全て「空中ステージ」となるこのゲーム。操作方法はタップとシェイクだけだ。

ターザンロープの要領で「アイツ」がロープをつかむので、プレイヤーは次の足場となるお菓子に着地できるように画面を一回タップするだけ。着地に成功するとまた「アイツ」がロープをつかむので再びジャンプと、これを繰り返しハイスコアを目指していく。

 

umaibohjump_04

 

「うまえもん」(仮名)はタップさえしなければロープにずっとしがみついていられる強靭な握力の持ち主で、ロープもシェイクすれば画面から見切れるほど再加速してくれるので、プレイヤーはじっくりジャンプするタイミングを見極めることができる。

ちなみに「うまえもん」(仮名)はパッと見あのネコ型ロボットと同じく丸い手であるように見えるが、こちらには指がついているという確定的に明らかな差異があるため二つのキャラクターに関連性は一切ないと一応言っておく。

 

umaibohjump_05

 

4回下に落ちるとゲームオーバーで、マッドサイエンティスト風なオッサンがいる研究室のビーカーに落下する。一見すると超絶意味不明演出だが、このオッサンは「うまい棒」のパッケージで登場するキャラなのだ。このゲームは「うまい棒」の世界観を忠実に描いているため、ファン同士なら「このステージはどのパッケージ!」なんてコアすぎる遊びもできるかもしれない。

 

案外ムズイぞこのゲーム

 

 umaibohjump_07

 

umaibohjump_08

 

着地地点となるお菓子には「うまい棒」以外にも様々なお菓子が登場するが、「うまい棒」に着地した場合、そのパッケージの「うまい棒」をゲットでき、コレクションとして図鑑に登録される。コレクションは45種類にも及ぶ。

またお菓子の上にあるアイテムを連続で取ることで「コンボ」が発生する。ハイスコアを目指すうえでは欠かせないアイテムとなるので可能な限りコンボを狙っていきたいのだが、そうはイカのキンタマ味(発売未定)。

 

umaibohjump_09

 

ステージを進めていくと着地地点が極端に細かったり穴が開いてたり動いていたり、さらに追い風や向かい風なども発生し、タップするタイミングが意外とシビアなのだ。操作方法は至極簡単だが、コンボを狙わなくても普通に落下してしまうこともしばしば。実はこのゲーム結構ムズかしい。

 

コレクション機能はアップデート希望

 

 umaibohjump_10

 

umaibohjump_11

 

まあそうはいってもサルでもできる簡単操作、短時間で遊べるお気軽アプリなので、気が向いたときに遊んでいれば、自然とコレクションも集まっていくだろう。また「我こそはうまい棒マニア」を気取る方なら、スコアランキングで上位を目指すのもいいだろう。

ただ、せっかく集めたコレクションも、一覧がずらーっと並んでいるだけで、拡大も詳細確認も何もできないのは正直いただけないというかなんというか。

難しいのかもしれないが、データベース的に使えるレベルのコレクションであれば、ファンならずともさらに楽しめるはずなので、こちらについては今後のアップデートなどに期待したい。

いずれにせよ、毎年バレンタインに「うまい棒買い占め作戦」を決行する「うまい棒」ファン、っていうか単純に彼女のいない人や、一切関係はないがネコ型ロボットファンにもおススメの一本だ。

 

タイトル うまい棒JUMP!
開発 MJ GARAGE Inc.
ジャンル アクション
掲載時価格 無料
公式サイト 業務実績 | エムジェイガレイジ株式会社

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook