2013年05月08日(水) 15時37分
  • REVIEW

今おっさんが熱い! どこで? 場所は聞くな!『おっさん☆たまご』

ファミコン時代の名作『ロックマン』シリーズ、PS2時代の『鬼武者』シリーズのディレクションも手掛けた稲船敬二氏率いるコンセプトが、現代社会を鋭く投影した収集系ゲーム『おっさんたまご』をリリース。

 

 

ossantamago_01

 

現代社会に鋭く切り込む意欲作

 

ossantamago_04  ossantamago_03

 

稲船氏といえばその実績以外でも、テレビ番組での発言からドン・ファンならぬ「ドンハン稲船」などとネット上で呼ばれ、しかしそれをのちに自らのネタとして活用していくなど転んでもただでは起きない説明不要のゲーム界の大御所。

そんな彼がコンセプター/プロダクトマネジャーとしてもかかわる本作は、「いま、おっさんがじわじわ来ている!」というテーマの元、個性あふれる「おっさんたまご」を集めて楽しむという「ゆでたまご作り&収集ゲーム」となっている。

 

ossantamago_17  ossantamago_02

 

「一体どのあたりに来ているのか」という疑問はまあこの際置いとくとして、にしたってなぜに「ゆでたまご」なのか。そこには深謀遠慮で意味深長。ゆでたまごにはなんと生き難きこの「現代社会」が投影されているのだ。

汚れのないたまご(ベイビー)が、社会の荒波に揉まれることで多種多様な味わい深いおっさんとなる現代社会。

「鍋の中で沸騰したお湯」を「社会の荒波」に見立て、汚れのないたまごが茹で上がっていくさまに「人生」を見るという、筆者のような凡人ではとても思いつかない斬新かつ文学的な比喩表現に、思わず「どんな判断だ」という言葉とともに知り合いの病院を紹介して差し上げようかなどという煩悩に駆られる。

 

「味わい深い」おっさんたまごたち

 

ossantamago_05

 

さて。

ゲームシステムはとにかく簡単。ともかく「おっさんたまご」を作っていくだけである。

「ゆでる」メニュー内で一覧表示されているたまごの中から一つ選んでタップして、茹で上がったらたまごをタップして引上げる。殻をむくと、自称「味わい深い」おっさんたまごたちが現れる。

 

ossantamago_06  ossantamago_07

 

どちらかというと無感動のような表情をしているおっさんたまごたちだが、人生の機微を知り尽くした「大人」こそ、むやみに表情に出さず胸の内に思いを秘めているものである。まさしく「味わい深い」おっさんたまごたち。

ちなみにグルメ番組で「独創的な味ですねぇ」なんて感想を耳にすることがあるが、これは「まずい」という単刀直入な言葉をアレンジした表現である。うーん、味わい深い。

 

ossantamago_08  ossantamago_13

 

個性あふれる「おっさんたまご」たちの数々。当然のことだがたまごによって茹で上がるおっさんたちが変わってくる。

たまごにはそれぞれ茹で時間が設定されていて、長いほど珍しいおっさんが出てきやすくなっている。たまごは「おみせ」や「がちゃ」で手に入れることができる。

 

ossantamago_09

 

またたまごのほかに、様々なボーナス効果が付与された「あら塩」や、「なべ」の種類によっても茹で上がるおっさんたまごの変わってくる。さらに「火力強化」することで同時に茹でるたまごの数を増やしたりすることも可能だ。

 

ossantamago_10  ossantamago_11

 

集めたおっさんたまごたちは「なべ」で確認することができる。タップするとおっさんたまごたちの「個人情報」が確認でき、それをFacebookやTwitterで友達と共有することもできる。SNSでの個人情報漏えいという現代社会(ry。

 

個人的にはガチャのニワトリがイイ感じです

 

ossantamago_14  ossantamago_15

 

「おみせ」で買える「グッズ」も非常に魅力的。iPhoneの壁紙として使用できる「味わい深い」おっさんたまごや、可愛らしいニワトリの画像が取り揃えられており、いずれも無課金で手に入れることができる。

 

ossantamago_16

 

また「がちゃ」を担当するニワトリさんを着せ替えることができるなど、ユーザーを飽きさせない工夫がきちんとされている。

「湯上りたまご肌」からの連想とは真逆の「殻をむいたらオッサン」というミスマッチ加減から、このゲームは実態の怪しい「美容ブーム」に対するアンチテーゼをも含んでいるなんて解釈しちゃうちょっと休んだほうがいい方々はもちろん、可愛らしいグラフィックが胸に刺さり、壁紙なども併せてコレクションしていきたいといった方にも確実におススメできる一本だ。

 

タイトル おっさん☆たまご
開発 comcept Inc.
ジャンル 味わい深いおっさんコレクション
掲載時価格 無料
公式サイト おっさん☆たまご|PROJECTS|株式会社comcept

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , ,

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook