2013年05月02日(木) 19時42分
  • REVIEW

モンアツ史上最高のストーリー!その涙は、エンディングまでとっておけ。放置型RPG『モンスターを集めてまいれ!3』

 通称「モンアツ」でもお馴染み面白法人カヤックが誇る大人気放置型RPGの最新作、『モンスターを集めてまいれ3』が、かつて男の子だった男性とかつて女の子だった女性に贈る、絵本のような感動の親子ストーリーとなって登場。

 

 

atumon3_01

 

普通は「働かなきゃ負け」です

 

atumon3_02  atumon3_03

 

王様、王子様となった主人公が、兵士たちにダンジョン探索を命じ、兵士たちがモンスターを集めてくるのをただひたすら待つという、毎週母親にジャンプを買いに行かせてるニート諸君にはお馴染みの「働いたら負けかな」システムを採用している「モンアツ」シリーズ。

今作でも、プレイヤーは仲間となるロボットが集めてきた「エイリアン」を、礼の一言もなく指でスワイプしてエイリアンとお金を回収し、武器をショップで購入しながら、ボスキャラを倒して全ステージクリアとエイリアンコレクションのコンプリートを目指していく。

だがこれまでのシリーズと異なるのは、製作者自ら「モンアツ史上、最高に力を入れました」と語るストーリーだ。

名作ソフト『MOTHER』を「オマージュ」した、温かみのあるドット世界。プレイヤーはアメリカの田舎町に似た「ファーストン」に住む男の子「セノ」となり、行方不明となった父を探すため、父からバースデイプレゼントとして贈られたロボットを使って、エイリアンを集め倒していくのだ。

 

守ることだけが愛ではないですよ、おかあさん

 

 atumon3_04  atumon3_05

 

ゲームのほうは、「放置系」を謳っているだけに、ロボットにダンジョン探索を命じたらあとはほっとけばいい。

しばらくすると、ロボットたちは続々とエイリアンを頭にのせて戻ってくるので、プレイヤーはムツ●ロウさんが「よーしよしよしよしよし」と動物を撫でるようにロボットたちをスワイプしてエイリアンとお金(GOLD)を回収していく。

 

atumon3_12  atumon3_14

 

集めたエイリアンは「Book」メニューで確認できる。またエイリアンを集め、GOLDが溜まってきたらSHOPで「ロボのそうび」を購入して行こう。

 

atumon3_06  atumon3_07

 

中には黒焦げになって手ぶらで戻ってくるロボットもいるが、黒こげのロボットを撫でればすぐさま復活してダンジョンに向かってくれる。

その姿は週刊ジャンプでなく月刊ジャンプを買ってきちゃって、息子のためもう一度コンビニに行く羽目になった母親のごとく健気である。突き放すのも愛情ですよおかあさん。

 

atumon3_13  atumon3_09

 

「UPGRADE」メニューでは、ロボを増員したり、ロボをバージョンアップさせることもできる。

「UPGRADE」はGOLDではなく課金アイテムの「STEEL」が必要となるが、はじめに160STEELが割り振られているので、無課金を信条にしているケチくさいじゃない、清貧なユーザーも、最初のうちはUPGRADEして、可能な限り効率的に進めることができる。

 

プレイヤーに訴えかける、感動の「親子のストーリー」

 

そして何より今回のウリである「感動の親子のストーリー」である。もちろんここでネタバレすることもできないので、今回は個人的に胸に刺さったオープニングについて書き記そう。

主人公セノと、セノの誕生日を祝う女の子「リリィ」。そこにさらわれたはずのセノのお父さんからバースデイコールが。「やあ パパだよ ハッピーバースデイ!」

 

 atumon3_15  atumon3_17

 

さり気にリリィちゃんとの仲を探るお父さん。えーっと、スゲー元気そうなんですけど。

ああきっとこれはアレだ、息子を心配させまいとする父の優しさなのだと脳内補完して話を進める。するとプレゼントの山の中からロボットが登場。お父さんが息子に語りかける。「ロボットをつかってエイリアンをあつめるんだ!」

エイリアンは人や物に変身して紛れ込んでいて、現在開かれている街のフェスティバルを仕切っているマジック団は実はエイリアンだと聞いてリリィが青筋立ててイキりだす。「なんですって!それじゃあんしんしてパーティがひらけないわ!」

 

atumon3_16

 

人や物に紛れこんでいるだけで特に害はなく、フェスティバルを仕切って地域の一員として溶け込もうとしていても、所詮はエイリアン。気分的に安心できないのであれば排除してしまえばいいという熱い正義感に思わず涙。

というかオープニングのくだりでは父がさらわれたとは一言も説明されず、あるのはただ「エイリアンだから懲らしめる」という理不尽な動機だけなんですけど。

いったいどちらが悪なのかとユーザーに問いかける硬派なストーリー展開に思わずどっか読み飛ばしたんじゃないかという不安に襲われます。公式設定は一度見直した。

しかし、もちろんこれはただのオープニング。茶化してはいるが、それでも言っておこう。「エンディングまで、泣くんじゃない」。オマージュです。

 

タイトル モンスターを集めてまいれ!3
開発 KAYAC Inc.
ジャンル 放置型RPG
掲載時価格 無料
公式サイト 放置系RPG「モンアツ」がストーリー付きで新作登場! – カヤックニュース

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook