2013年05月06日(月) 11時00分
  • REVIEW

君はどこまで生き残れる?竜と共に大空を駆れ!『LINE ドラゴンフライト』!

皆さんはゲーセンに行った時どんなゲームをしますか?格ゲー?音ゲー?UFOキャッチャー?確かに色々ありますが筆者は断然縦シュー派!ちょっと暇ができたらワンコインでどこまでいけるか腕試しをしていた学生時代が懐かしい…。

今回は思わずそんな記憶を思い出させてくれたお手軽縦シューティング『LINE ドラゴンフライト』をご紹介するぞ。

 

 

linedragonflight_01

 

ミスれば即死、ノーミスでどこまでいける?

 

『LINE ドラゴンフライト』はそのポップで可愛らしい見た目に反して中身ミスすれば即ゲームオーバーというガチ仕様だ。上から横1ラインとなって襲ってくる5匹の竜を倒して突破口を開きどこまでノーミスで進めるかがゲームの目的であり目標となる。

 

linedragonflight_02  linedragonflight_03

 

序盤は襲ってくる竜の耐久力も弱くスピードもたいしたことはないが、距離を進むにつれて固く素早く襲ってくる。弱い竜を素早く見つけ撃破するプレイヤーの腕前が問われるぞ!

 

指をスライドして竜を操れ!

 

竜を操るのは簡単だ、画面をタップしてホールドしたまま左右にスライドするだけでいい。すると指でスライドさせた分だけ竜が移動するので細かな微調整もやりやすいぞ。

 

linedragonflight_04  linedragonflight_05

 

残念ながら竜を前後に移動させることはできないが、左右移動のスピードは設定ボタンを押して開くオプションで操作感度を変更すれば変化するので、自分の操作しやすい感度に調整するのもいいだろう。

 

一にアイテム、二にジュエル

 

敵の竜を倒すとコインが落ちるが、その他にアイテムやジュエルを落とすことがある。

 

linedragonflight_06  linedragonflight_07

 

ジュエルはコインの塊と思ってもらっていいだろう。序盤に取れる赤いジュエルはコイン10枚分の価値があるので、敵がジュエルを落とした時はコインを無視してでも取りに行こう。

アイテムを取るとゲームの難度が断然と違ってくる。スコアが2倍になる「ダブルスコア」や一定距離を無敵でダッシュする「ハイパーフライト」など様々な種類があるが、筆者のおススメは一定時間弾の発射数が2倍になる「デュアルショット」だ。これがあれば火力がアップするので中盤以降のスピードが上がった竜にも対応できるし、倒す敵が多くなればその分他のアイテムが出やすくなるからだ。

 

linedragonflight_08  linedragonflight_09

 

アイテムの有無は生死を分けると言ってもいいので出現したら積極的に取りに行こう。

 

進むためにコインを貯めよう!

 

竜が落とすコインを使ってキャラクターをパワーアップさせてみよう。パワーアップはキャラクターのショット強化や、最初から1500m進んだ状態で開始する使いきりのアイテム等と内容は様々だ。

とりあえず買って損はないショットの強化から始めるのがいいだろう。

 

linedragonflight_10  linedragonflight_11

 

またコインで別キャラクターやベビードラゴンを購入することができる。ベビードラゴンはプレイヤーと共に戦ってくれる心強い味方だがコインを大量に消費するので自分の財布と相談して購入するかを決めよう。

 

誰が最強?Lineの友達と競い合え!

 

このゲームはもちろんLineで繋がっている友達との連携機能がある。連携すると友達のスコアと競争できる機能があるので是非友達を誘ってみよう。

またLineに登録していなくてもゲストプレイで遊ぶこともできる。シンプルなゲーム内容だがついついやってしまう中毒性があるので試しにインストールしてみてはいかがだろうか。目指せ!10000m!

 

タイトル LINE ドラゴンフライト
開発 LINE Corporation
ジャンル アクション
掲載時価格 無料
公式サイト LINEゲーム

 

 

このライターの記事一覧:サバミソ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook