2013年04月26日(金) 13時30分
  • REVIEW

これが次世代のソーシャルゲーム、ガチ弾幕勝負に勝利せよ!『ワールドメーカー』!

昨今、様々なソーシャルゲームが乱立するなか、一際異色とも言えるゲームが誕生した!それが本作『ワールドメーカー』だ!

 

 

worldmaker_01

 

『ワールドメーカー』には従来のソーシャル要素だけでなく、バトルに弾幕シューティングの要素を取り入れているという特徴がある。早速その内容をご紹介していこう。

 

お手軽お気軽弾幕勝負!

 

『ワールドメーカー』では他のプレイヤーやCPUと対戦する際に弾幕シューティングゲームのような弾幕を撃ち、どれだけ早く相手の陣地にHITさせるかを競い合う。

 

worldmaker_02  worldmaker_03

 

相手にはHPが設定されており、HP以上にダメージをくらってしまった方が負けだ。

また、弾幕の弾は相手の弾と当たると相殺して消滅する。プレイヤーは画面を指でスライドすることである程度弾幕の発射方向を決められるので、あえて相殺を狙い相手の弾を防御することもできる。
相殺した弾はキラキラとしてエフェクトになり、画面右側にある「SP」と書かれたボタンに吸収されていく。

 

worldmaker_04  worldmaker_05

 

このSPボタンが100%まで溜まると、陣地に編成しているハンター達の必殺技が使えるようになるのだ!

 

worldmaker_06  worldmaker_07

 

必殺技は「ボム」「スキルアップ」「アロー」「スター」とハンターにより様々に設定されている。使いどころによっては一撃逆転の手段となるので必殺技のことも考えながらお気に入りのハンターを陣地に編成しよう!

 

その数200以上、魅力的なハンターを紹介所でGetしよう!

 

編成できるハンターは主に紹介所で手に入れることができる。紹介所では一日一回無料で紹介してくれる「ハッピーハンター紹介」やチケットの枚数の分だけ紹介してくれる「ノーマルハンター紹介」などアナタのニーズに合わせて様々な方法を用意しているぞ。

 

worldmaker_08  worldmaker_09

 

また、レアなハンターを紹介してもらいたい場合は「特別ハンター紹介」などの「復活石」が必要な紹介を受けるといいだろう。

 

worldmaker_10  worldmaker_11

 

復活石は課金することで購入できるアイテムだが、ゲームを始めた時に30個だけ最初から持っている。どの紹介を受けるかはアナタ次第だが、ここは少しお金を出してより良い紹介を受けるのもいいかもしれない。

 

綿密な世界観に裏付けされた重厚なストーリー

 

worldmaker_12  worldmaker_13

 

『ワールドメーカー』ではまるで往年の大作RPGのようなストーリーがクエストと共に進行していく。謎の襲撃者により記憶をなくした主人公が記憶を取り戻すために旅にでる、それがストーリーのあらすじだ。このあらすじだけでも筆者の心はワクワクで一杯である。

また、主人公の名前は2文字以上7文字以内なら好きにつけられる。もちろん筆者はソウルネーム(魂に刻まれた名)にしたが、一度付けた名前は変更できないので注意しよう!

 

worldmaker_14  worldmaker_15

 

弾幕シューティングが何より楽しい!これが次時代のソーシャルゲームだ!

 

このゲームの魅力はなんと言っても弾幕シューティングバトルだ。ただ単に弾をばらまくだけでも最初の内は勝てるが、ランクが上がるにつれて単純に勝てないようになり、次第に相手の弾を如何に相殺し、最良のタイミングで必殺技を放つかが肝になってくる。

気を抜けば相手に怒涛の必殺技ラッシュをくらい敗北してしまうが、そこから逆転するのもまた爽快だ!

そうして遊んでいるうちに体力が回復し、休憩がてらにストーリーを楽しむ。正にどれもこれもが楽しく休む暇がない素晴らしいゲームだった。
もしアナタが今までのソーシャルゲームに飽きてきたのなら一度プレイしてみることをお勧めする。

おっとただし、面白すぎて元のゲームに戻れなくなっても筆者は無関係だと言っておく。

 

タイトル ワールドメーカー
開発 WorldGames, Inc.
ジャンル 弾幕シューティングRPG
掲載時価格 無料
公式サイト WORLD MAKER | 弾幕シューティング×ファンタジー ワールドメーカー

 

 

このライターの記事一覧:サバミソ
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook