2014年04月24日(木) 15時59分

【IGDS】今回もインディーズゲームが多数出展! 注目の出展団体紹介、前半戦!

4月23日に開催された「OGC 2014」と併催された「IGDS」にて、注目のインディーズゲームが多数出展。それらを簡単にですがご紹介します。

 

*神奈川工科大学 情報メディア学科 中村研究室*

 

igds_0423_b1_01

 

東京ゲームショウで話題になった『アオモリズム』。

こちらはアオモリとホッカイドウが争う地形リズムアクションで、iPadへの移植作業中だそうです。

神奈川工科大学では様々なゲームシステムの制作をしているそうです。授業でもゲームを作っているとか。う、羨ましい!

ちなみにこの学科では更に奇天烈なゲームを開発中で、今週末に神奈川県厚木市にて行われるアミューあつぎ厚木のオープニングイベントで展示されるそうですよ!

 

*神奈川電子技術研究所*

 

igds_0423_b1_02

 

11年続いている同人ゲームサークルです。

ゲームはコミックマーケットや秋葉原の同人ショップで売っているようです。

代表的なタイトルは「僕は森世界の神になる」で、こちらはPlayStationMobileに移植もされているので、PlayStationVitaからダウンロードしてプレイすることも可能!

この日は「QUALIA 3」と「AGARTHA(アガルタ)」が試遊できました。

新作の「QUALIA 3」はSteamで配信中の作品。波を動かして敵を倒すゲームになっており、波がぐにゃぐにゃ動くのが見どころの一つとなっています。敵は小さな細胞単位で動き、連携して攻撃してきます。小学校で習った「スイミー」みたいだそうです。こちらも見どころですね。

「AGARTHA」は水が流れたりマグマがあったり、オイルに火をつけて燃やしたりと様々な自然環境をシミュレーションしたアクションゲームです。

まだまだ開発途中! リリースが楽しみですね!

 

*株式会社 光星*

 

igds_0423_b1_03

 

Unityを使えば少人数でも本格的なMOが作れるのでは?と可能性を感じ、開発を開始しました。

2人のプログラマでプロジェクトを進行。デザインリソースは知人に手伝ってもらって作成しているそうですが、本当に少人数で開発しているようです。す、すごい!

開発中の「スマホで本格ボスハンティング!」は地下鉄などの電波が悪い場所でもソロプレイが楽しめるようにと工夫がなされ、インターネット接続ができる場所ではリアルタイムのパーティープレイも楽しめます。

ローディング時間や接続環境などスマホで快適にプレイできるよう考えられた、どこでも楽しめるハンティングアクションです。

 

*KIDD GAMES スタジオ*

 

igds_0423_b1_04

 

こちらは以前BIT SUMMITでも紹介させて頂きました。東京ゲームショウに出展したこともある実力派です!

「みんなが楽しめるスマホゲームを作る」を目標に、日本にいる留学生達が開発を開始したようです。

今年は中国の方で会社を設立する予定という、今後注目の団体です。

今回「Popping Fluffy」と「Sheeeeep」が試遊可能でした。「Popping Fluffy」はBIT SUMMITの時に試遊させて頂きましたが、2D物理パズルゲームでなかなか頭を使います。「Sheeeeep」はオオカミから羊を助けるアクションゲームになっており、どちらも面白いですしイラストが可愛らしいのでオススメです。

 

*株式会社 こさえる福島*

 

igds_0423_b1_05

 

社名の通り福島からの出展!

ゲームの開発は現在6名ほどで行っているそうで、今回は開発中の2タイトルが試遊可能でした。

残念ながら私は時間の都合上、試遊できなかったのですがスマホ向けパズルゲームだったそうです。

まだ創業して1年らしいですが、若い方も集まってじっくりと制作しているそうで、これからどんなゲームを送りだしてくれるのか楽しみです。

 

*Squash Sesame Games*

 

igds_0423_b1_06

 

「タマは避けるな!我が道を突き進め!」という、タマを避けないシューティングゲームを制作中のこと。斬新!

こちらでは他の仕事をしながらゲームを制作しているそうで、なかなかハードな生活が垣間見えました。

ゲーム作りで生計を立てるのも大変なのにお仕事しながらなんて…す、すごい!

完成を見守らせて頂きたいと思います(^ω^)

 

*東京工科大学メディア学部 Team P!ct*

 

igds_0423_b1_07

 

こちらは大学4年生8人からなる、「ピクトグラムのように、すべてに人にわかりやすく」をモットーに開発を行う若いチームです。

昨年は東京ゲームショウに出展し、同じく昨年行われたコナミモノづくりコンテストでは「審査員特別賞」を受賞。今年は「日本ゲーム大賞」を目指して活動中という期待のエース集団!

「カシカセカイ」というAR(Augmented Reality-拡張現実)のモンスターを共闘して倒すスマホゲームが出展されましたが、なんとこのゲーム、現実のプレイヤーの動きがゲーム内に反映され、体を動かしながら遊べるそうです!

なんて近未来的な…若い力ってすごいな…(・`ω・) こちらはYouTubeの方でプロモーションビデオが見られましたので張っておきますね。要チェック!

 

 

後半に続きます。

 

このライターの記事一覧:空色
関連ワード:イベントレポート ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook