2014年04月16日(水) 12時33分
  • REVIEW

「急に魔王が来たので」(QMK) パンイチ勇者がさらわれた姫を熱烈ストーキング☆ 「どう見ても紳士です、本当に(以下略)」型ジャンプアクション『まるごし勇者』プレイレビュー


「急に魔王が来たので」と元代表 FW みたいな言い訳しながら「ありのままの自分」過ぎる「パンイチ&兜」スタイルでさらわれたお姫さまの救出に向かう「どっちが犯罪者」型ジャンプアクション『まるごし勇者』をご紹介。

 

marugoshiyusha_01

 

姫さまさらった魔王を 追っかけて マッパで かけてく 陽気な勇者さん(サ●エさんのリズムで)

 

marugoshiyusha_29

 

marugoshiyusha_30

 

魔王に連れ去らわれた姫さまを助けようと焦ったばかりに、カブト以外の装備を忘れた勇者がパンイチ姿で姫さまを追っかける、姫さまが魔王に「早くあの男を振り切って!」と泣いて土下座しているであろうジャンプアクションとなる本作。

「とてもラフ」な格好で「俺は勇者だ!」と叫びながらオートランする「ちょっぴり心が疲れた若者」を、プレイヤーがタップでタイミングよくジャンプさせ、敵や障害物をクリアしていくこのゲームは、「激ムズ」を謳うだけあってジャンプタイミングが非常にシビア。

ミス一発で即ゲームオーバーとなる難易度に思わずプレイヤーも熱くなり、ネクタイと靴下だけ残した全裸状態で何度もプレイしてしまう。部屋の鍵は忘れずに。

 

marugoshiyusha_32

 

よく見ると勇者の乳首もちゃんと表現している「こだわり」のドット表現も心地よく、さらにリアルタイムで他のプレイヤーとの対戦を楽しむこともできる。

新歓で聞かれてもない武勇伝語っちゃったり香水つけ過ぎちゃったりで「大学デビュー☆」に失敗した方や、入社早々会社の先輩が大量失踪した「ブラック☆フレッシュマン」など、早くもすべてを捨ててマッパで「ああー!」とか絶叫したいユーザーにおススメの一本となっている。

 

魔王と姫のロマンスを邪魔する悪役として

 

marugoshiyusha_24  marugoshiyusha_06

 

「完璧イってる」目をしてお姫様をストーキングする若者が「愛の障害物」を交わして最上階を目指すこのゲームの操作方法は、左から右に自動で駆け抜けていく勇者を画面タップでジャンプさせるだけ。

勇者は画面右のステージ袖に入ると今度はその上のフロア、画面左端から再び登場。フロアが上がるにつれて画面も上方向にスクロールしていく。障害物や敵に当たると 1 発ゲームオーバー。

 

marugoshiyusha_37  marugoshiyusha_38

 

全裸よりもタチの悪い不審者からお姫様を守ろうと、魔王軍もあらゆる仕掛けを用意。フロアが上がるにつれ一見では回避が難しいものが登場し、さらに全ステージがジャンプタイミングを一瞬でも間違えると即ゲームオーバーとなる激辛設計。

「2段ジャンプ」ができず、連続ジャンプやワンテンポ遅らせてのジャンプなど、全てが「一発勝負」のステージ構成で、レトロゲームに通ずるシビアなアクション性は露出癖以上にクセになる。

 

marugoshiyusha_39  marugoshiyusha_34

 

道中ではランダムで宝箱が出現し、獲得すると新しい兜を獲得。次のプレイから装備を変更することができる。

兜の中でも個人的に刺さったのは「モヒカンヅラ」で、パンイチ姿のモヒカンが、白目剥きだし跳び回っている姿は、筆者が小学生の頃に「アンパン」キメてお巡りさんと「鬼ごっこ」していた近所のお兄さんにそっくり。

そんな「やっかいさん☆」に追われるお姫さまに魔王も同情しているに違いなく、魔王の優しさを知った姫とのラブストーリーがデ●ズニーだったら展開すること間違いなし。モヒカンパンイチ姿でお姫さまのもとに駈けつけ、二人のロマンスを引き裂いてやろう。

 

「ありのままの自分」(※全裸)で飛び出す勇気

 

marugoshiyusha_12  marugoshiyusha_21

 

シングルプレイだけでなく、他のプレイヤーと制限時間内にどこまで昇るかを競う対戦モードがあるところも魅力の一つ。シングルモードを 9 人同時プレイするだけだが、人とリアルタイムで競いながらのプレイは思わぬ焦りを招き自然と白熱する。

コミカルな世界観とシンプルな操作性から、いかにも「カジュアル」なスマホゲームではあるが、大作アプリにも引けを取らないくらいにプレイヤーを「熱中」させてくれる本作。

不満点としてはタップの反応が「イマイチ」なところと、対戦相手が完全ランダムで「フレンド限定」などにできないこと。「難易度」そのものではなく「操作性」にストレスを感じてしまうのは残念だし、対戦モードはやはり友達とやれたほうがもっと盛り上がるだろう。

それでもファミコンよりも簡単な操作で、「ぬるい」ゲームではなくシビアなアクションゲームを楽しみたい方にはピッタリ。「理想」とは程遠い「新生活の現実」に疲れ果て、篭りがちになってしまった方にも「ありのままの自分(全裸)で飛び出す勇気」を持つうえでおススメの一本となっている。おまわりさん、ここです。

 

タイトル まるごし勇者!
開発 COLOPL, Inc.
ジャンル ジャンプアクション
掲載時価格 無料
公式サイト まるごし勇者! | プロダクツ(スマホゲーム&位置ゲー) | 株式会社コロプラ【スマートフォンゲーム&位置ゲー】

 

 

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook