2014年04月01日(火) 20時46分
  • REVIEW

あなた、「自分はまだ若い」って本気で思ってるんですか? 動体視力のピークは二十歳。衰えた反射神経で最速タイムを叩き出せるか? スマホアプリ『白いとこ歩いたら死亡』プレイレビュー


二十歳がピークと言われる動体視力。「まだまだ現役だよ」と余裕ぶっこく自覚症状のないアラサー・アラフォーの方々に自分の反射神経がどれほど衰えたかを教えてくれるスマホアプリ『白いとこ歩いたら死亡』をご紹介。

 

siroitokoaruitarasibou_01

 

認めたくないものだな、自分自身の老いゆえの過ちというものを

 

siroitokoaruitarasibou_02  siroitokoaruitarasibou_04

 

「サルでもできる簡単操作のくせしてワンミスでゲームオーバー」というレトロゲームのような中毒性が、アメリカで「ポスト『Flappy Bird』」とも評価された本作。

日本でもヒューマンビートボクサー・HIKAKINが実況プレイをするなど注目を集め、無料ランキングでトップを取ったこのアプリは、やることは歩道の黒い部分を素早くタップしゴールを目指すだけの「シンプル」なタイムアタックゲーム。

 

siroitokoaruitarasibou_03  siroitokoaruitarasibou_05

 

目的だけでなくゲームの作りも、まるで「ロングコートの下は全裸」という春先によく見られるファッションセンス並みに「シンプル」で、魅力的なキャラ、カッコイイ演出もなければBGM すらない。

ここまで「シンプル」だと流石に文句の一つもつけたくなるところだが、悔しいかな一度やったら「露出も一度やったらハマっちゃうのかしらん」と思わずベルトを緩めそうになるくらいに中毒性がホント高い。

特に学生時代のスポーツ経験から動体視力、反射神経に自信を持っているアラサー・アラフォーほど「こんなはずじゃ…」と現実の自分を直視できず、「フラッシュバック☆あの頃」してムキになることだろう。

 

siroitokoaruitarasibou_14  siroitokoaruitarasibou_17

 

ルールを覚える必要がないくらいのシンプルさで、中毒性のあるタイムアタックで暇つぶししたい方や、ゲームで反射神経を鍛えたいと思っている方には最適。

「そこまで言うなら」とプライドをくすぐられた、かっこつけてスポーツジムいって割とシャレにならない怪我したことある「ナイス☆ミドル」や、ギャル系メイクにギャル系ファッションで周囲の目を引きドン引きされてる「美魔女☆」の方にも、「自分はもう若くはない」という自覚を持つために是非とも挑戦してほしい一本となっている。

 

簡単なのに難しい、だからハマる

 

siroitokoaruitarasibou_06  siroitokoaruitarasibou_08

 

やることは本当にカンタンで、ただ黒く塗られた歩道を一つずつタップしていくだけ。

ゲームモードは正確に50歩前進するまでのタイムを競う「たいむあたっく」、制限時間内にどれだけ進むことができるかを競う「えんどれす」、10秒後に正確に止まるチキンレース「すんどめ」の3つ。

各モードのクリア条件達成でタイムや歩数が記録されるが、途中で一歩でも間違えたらその時点でゲームオーバーとなる。

 

siroitokoaruitarasibou_22  siroitokoaruitarasibou_11

 

黒い歩道は画面に3歩分しか表示されず、以降はタップしていくごとに地面が下方向にスライドしてランダム出現。プレイヤーは素早く黒いポイントを認識し、反射的に指を動かし正確にタップさせていく。

文章にすればいたって簡単な作業だが、「言うは易く行うは難し」とはまさにこのこと。

ギリギリを攻めようと思えば思うほど正確なタップができなくなり即 NG。安全策を取ればクリアは容易いが、当然タイムは伸びず満足することなど到底できない。

 

siroitokoaruitarasibou_15  siroitokoaruitarasibou_13

 

また一定条件達成で称号とともに「新しいくつ」という報酬がもらえるが、いずれも安全確実にゆっくり進めていたら達成できないものばかり。

簡単だから「できるはず!」と何度も挑戦したくなる。簡単なのに、達成感をなかなか得られない。だからこそ、クリアした時に大きな達成感が得られる。

このシンプルな構造が日本とアメリカで多くの中毒者を生み出す要因で、App Store のレビューに「俺こそ最速!」自慢が数多く並ぶのも良くわかる。

 

長生きしたけりゃ反射神経を鍛えろ?!

 

siroitokoaruitarasibou_19

 

「くつ」は3つのモードで 3 種類。トップ画面の「せいせき」メニューからいつでも確認することができるが、まずはこの靴棚すべてを埋めることが目標となるだろう。

3つ目のくつは「たいむあたっく」で 7.5 秒、「えんどれす」で 500 歩、「すんどめ」なら 55 歩で獲得できる。あくまで筆者の体感だが、できない条件ではないはずだ。

難点を言えば、やはり演出等がいくらなんでも簡素過ぎて単調なところだが、それでも「ゲームの面白さの一番シンプルな構造」が生み出す中毒性はお見事。反射神経勝負に自信がある方や、「反射神経の鈍い人は早死にする確率が高い」という話を聞いて少しでも長生きしたいと考えている方などにもおススメの一本だ。

 

タイトル 白いとこ歩いたら死亡
開発 Ayumu Kinoshita
ジャンル アクション
掲載時価格 無料
公式サイト fieldWalking

 

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー, 新着アプリ , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook