2014年03月27日(木) 14時36分
  • INTERVIEW

【Creator’s Voice】サイバードの「イケメンシリーズ」がJOL原宿に上陸! イベント責任者インタビューで「恋がはじまるカフェ」の裏側に迫る!


株式会社サイバードより好評配信中の「イケメンシリーズ」とJOL原宿がコラボレーションした期間限定カフェ「恋がはじまるカフェ」の責任者の方にお話を伺いました。今回のコラボカフェの裏話から今後のイベントの展開案まで語ってくださいました。必見です!

 

【関連記事】

【体験レポート】サイバードの「イケメンシリーズ」とJOL原宿のリアルイベント「恋がはじまるカフェ」が期間限定オープン!

http://9-bit.jp/archives/49916

 

「恋がはじまるカフェ」のリアルイケメンに迫る!

 

koigahajimarucafe02_01

 

「恋がはじまるカフェ」を取材中に発見したこちらのリアルイケメン。

実は今回のコラボ企画の責任者様だそうです!

幸運にもお時間を頂くことが出来ましたので、一緒にお茶を…ではなく(笑)、しっかりと取材させて頂きました!

本名NGとのことでしたので、T.Mさんと表記させて頂きます。

ではこちらのリアルイケメンT.Mさんに突撃インタビュー開始です!

 

コラボカフェの経緯と裏話~準備期間が驚愕の短さ~

 

koigahajimarucafe_02

 

―9-Bit:今回の「イケメンシリーズ」コラボカフェ開店に至った経緯をお聞かせください。

―T.M:元々JOL原宿を運営するマイナビ様とは接点がありまして、当初はコラボフードをやりましょうという提案をさせていただいていたのですが、せっかくなら「イケメンシリーズ」を空間でプロデュースした方がいいんじゃないかというお話をいただいたのがきっかけで今回のカフェのオープンが実現しました。更にマイナビ様から「ちょうど春休みでJOL原宿自体に人がたくさんのお客様がいらっしゃるので、3月21日からのスタートでどうですか?」とご提案いただいたのが実は約3週間前の話で、そこから急ピッチでお話が進んでいきました。

 

―9-Bit:え! 結構最近の話なのでは…?

―T.M:そうですね。実際、準備期間は13営業日くらいしかありませんでした。この短い期間内で準備できるかチームのメンバーと話し合い、「せっかくの機会だからやりたい!」ということで慌てて準備を進めまして、期間限定ではありますが今回のコラボカフェを実現することができました。

 

―9-Bit:その短い期間での準備は相当大変なものだったと思いますが、実際にはどのような流れで準備なさったんですか?

―T.M:本当に時間がなくて、メンバー総動員でしたね(笑)。コラボカフェを作るにあたってまずはデザイナーに相談しまして、どういう店舗のデザインにするか、配布するチラシのデザインはどういったものがいいのか、ノベルティはコースターにするかクリアファイルにするかなどの議論をしながら、作らなければならないものをすぐに手配しましたね。あとは締め切りを決めて、どんどん作っていくという流れで進めていきました。

 

koigahajimarucafe02_03

 

―9-Bit:ドリンクを注文するともらえるコースターはとても可愛いですよね!

―T.M:コースターのイラストは、ゲーム内でシナリオイベントをクリアした時の特典などで貰えるミニキャラのイラストを使っています。ですから「イケメンシリーズ」が好きな方には喜んでいただけるんじゃないでしょうか。また、初めて見る方にも出来るだけ受け入れられやすいものをと考えまして、あえてミニキャラの可愛いイラストにしました。イケメンのかっこいいイラストもいいなとは思いましたが、こちらの方が「イケメンシリーズ」を知らない方にも親しみやすいと思いましたので。

 

―9-Bit:こちらのコースターや抽選会で手に入るクリアファイルに使用されているキャラの人選はどういう基準で決められたのでしょうか?

―T.M:キャラの人選は、それぞれ一番出したいキャラを選んで欲しいと「イケメンシリーズ」6タイトルの各担当に決めてもらいました。

 

―9-Bit:つまり制作側の一推しイケメンということですね!

―T.M:そうですね。今推したい男は誰だ!と(笑)

 

―9-Bit:またこういったコラボやリアルイベントを実施するご予定はありますか?

―T.M:「イケメンシリーズ」をもっと一般の方に触れていただける機会を作っていきたいなと思っています。まだ具体的な企画が動いているわけではありませんが、今後も一般の方が触れられる場所で“「イケメンシリーズ」はこういうものです”とアピールできるような空間を設けていきたいですね。

 

「イケメンシリーズ」初のリアルイベントにファンも大興奮!

 

koigahajimarucafe02_04

 

―9-Bit:前回のリアルイベントは「謎ともカフェ」での『イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』の謎ときイベントでしたが、「イケメンシリーズ」全体のイベントとしては今回が初めてですよね?

―T.M:はい。「イケメンシリーズ」としては初めてのリアルイベントですね。

 

―9-Bit:実際にファンの方を目の前にして、何か手ごたえのようなものは感じましたか?

―T.M:「イケメンシリーズ」ファンの方にとっては今回のコースターやクリアファイルはとても喜んでいただけまして、お客様が手に取った時の笑顔を見るとこの取り組みが実現できて本当に良かったなと思います。また、ファンの方同士でTwitterなどで呼びかけて、実際に集まりゲームについて熱く語り合っていただいているシーンにも遭遇し、「やっぱりファン同士が触れ合えるリアルな“空間”にして正解だったんだ」と確信しました。

 

―9-Bit:なるほど。確かにゲームって個人の楽しみですから、仲間同士語り合える場ってあまり思いつかないです。

―T.M:そうなんです。開店から閉店までカフェにいて「イケメンシリーズ」を語り明かしていらっしゃるファンの方もいまして、本当に愛されているサービスになっていると実感できました。

 

―9-Bit:開店から閉店まで!? それはすごいですね。ファンの方にとってもサイバードさんにとっても貴重なイベントだったということですね!

―T.M:そうですね。ファンの方から「このシナリオが最高」「イラストが好き」といった感想や、「ここをもっとこうしてほしい」「こういったイベントをやってほしい」などの要望や意見も直接聞くことができましたので、制作サイドとしてもとても実りのあるイベントになりました。

 

今後のリアルイベントに期待大!

 

―9-Bit:これからも「イケメンシリーズ」のリアルイベントには力を入れていかれるのでしょうか?

―T.M:はい。「イケメンシリーズ」が、もっと一般の方に触れていただく機会を作っていきたいなと思っています。ただ、リアルイベントはあくまで切り口の一つです。今回のようなリアルイベントだけでなく、複数の女性向けゲーム同士のコラボイベント等、とにかく恋愛ゲームの市場が盛り上がるような手を打っていければと考えています。イベント以外にもゲーム内のイケメンの服装やイケメンが身につけているものを何らかの形でファンの方の手に届けられるようなこともできたらいいですね。

 

―9-Bit:グッズ展開ですか! ありがとうございます!

―T.M:ええ、できたらいいなと(笑)。商品開発となると、やはりどこかと組んでやらなければできないので時間はかかりますが、前向きに考えていきたいですね!

 

koigahajimarucafe02_05

 

―9-Bit:では最後に、ファンの皆様へのメッセージをお願いします。

―T.M:今回のイベントを通して、「イケメンシリーズ」のファンの方々に実際にお会いし、皆さんが本当にこのゲームを好きで愛情を持ってプレイしてくれているということがよく分かりまして、そういったファンの方の想いに応えたいと強く思いました。プロモーションも開発もサービスも、会社が一丸となって期待に応えられるよう頑張りますので、これからも「イケメンシリーズ」にご期待ください。

 

話題の「恋がはじまるカフェ」はまだまだ開催中!

 

制作スタッフとの交流も楽しめる!?

そんな「恋がはじまるカフェ」は4月20日(日)まで開催しています。

ゲーム制作側の方とお話する機会はなかなかありませんよ!

もしかしてアナタの意見が採用されることも…?

更にコースターは可愛いし、クリアファイルは素敵だし、等身大パネルは持って帰りたいほどカッコイイというファンにはたまらない空間となっております。

「イケメンシリーズ」を語り合える仲間も見つかるかもしれませんよ(*´ω`*)

もう行った方も、まだ行ってない方も、是非足を運んでみてください。

以上、「恋がはじまるカフェ」責任者T.Mさんへの突撃インタビューでした(^^)/~~~

 

「恋がはじまるカフェ」

期間:2014年3月21日(金・祝)~2014年4月20日(日)

時間:平日*10:30~20:30、土日祝*10:30~21:00

場所:「ドリーム*ステーションJOL原宿」フードコート内

 

サイバード「恋がはじまるカフェ」プレスリリースはこちら

 

このライターの記事一覧:空色
関連ワード:Creator’s Voice, For Girls ニュース ,

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook