2014年03月11日(火) 11時35分

【BITSUMMIT 2014】ブース体験レポート、目についたインディーズスマホゲームをプレイしてみた!

インディーズだからと言って侮るなかれ。BITSUMMIT 2014に出展していた知る人ぞ知る面白スマホゲームをご紹介。メジャーもいいけどたまにはマイナーから面白ゲームを発掘してみよう。

 

スタジオ斬ブースには4つのカジュアルゲーム

 

bitsummit_sora_01

 

こちらにはがっつり遊べるものから簡単に遊べるものまで様々なゲームが用意されていました。

今回ブースにて紹介されていたのは4作品

『サイコロンブス』
『モグジャン』
『ジャンケンバトカード』
『おじさんのうたげ』

これらは全てリリース済み。しかも無料だそうです。

1つのブースに複数のタイトルがあるとどれをプレイするか迷う楽しみがあって素敵(●´ω`●)

この中で個人的にオススメなのは『モグジャン』です。

 

bitsummit_sora_02

 

見ての通りモグラたたきですが、モグラの頭にあるジャンケンに注目。

このジャンケンに勝つ手を選んでからモグラをタップorスワイプしなければなりません。

誰でもわかるルールなれど、モグラのスピードが速くなると絶対テンパります(笑)

ルールは簡単なのに、やってみると思ったより簡単じゃない。そこがハマります( *´艸`)

 

bitsummit_sora_03

 

そして女性に人気のゆるキャラ「おじさん」

このしれっとした表情がたまらず、ガム貰ってきちゃいました(*´▽`*)

おじさんが出ているカジュアルゲーム『おじさんのうたげ』もオススメです。

 

スタジオ斬 http://www.studio-zan.com/

 

KIDD GAMESの脳トレパズル『POPPING FLUFFY』

 

bitsummit_sora_04

 

こちらのゲームの魅力は物理を使うパズルゲームであることです。

3種類の弾力ボードを移動させ、現れる黒い毛玉をうまくバウンドさせて渦に飛び込ませるゲームになっております。

 

bitsummit_sora_05

 

子供でもプレイできますが、大人でも十分楽しめます。というのも、使うボードの数を最小限にしたり時間を気にしたりすると意外と頭を使うから!

実際プレイさせて頂きましたが、結構ボードの位置を細かく調節しないと数を抑えられないので、パズルゲームや脳トレゲームが好きな方にはオススメ!

 

KIDD GAMES http://kiddgames.net/jp/

 

Dot Warrior GamesこだわりのレトロなパズルRPG『Block-legend』

 

bitsummit_sora_06

 

こちらは有料ゲームになりますが、200円と低価格になっております。

アイテム課金なども無いようなのでそれ以上はかかりませんし、もしかしたらアイテム課金の無料ゲームより安いかも|ω・)

ゲームコンセプトはファミコンっぽいレトロなパズルRPG。

キャラクターやBGMにもファミコンっぽさを取り入れたこだわりのタイトルになっております(#^.^#)

色合いもカラフルなので見て楽しいし、やっても勿論楽しいという欲張りスタイルです。

 

bitsummit_sora_07

 

キャラクターも個性豊かで、私が頂いたステッカーのキャラクターはお寿司の剣士だそうです。タマゴの盾かわゆっ(●´ω`●)

 

Dot Warrior Games http://www.block-legend.com/

 

MIRAI LABOが制作中の初作品『PHOBOS CHILDREN』

 

bitsummit_sora_08

 

こちらは今夏リリース予定の作品です。

パズルのようなアクションあり、ビジュアルノベルのようなRPGありと様々な要素が盛り込んであるようです。

なんと! こちらのMIRAI LABOさんの初作品だそうです!

「ゲーム作ってみたいなー・・・やってみるか!」と思い立った4名が試行錯誤の末、出展までこぎつけたという驚きの作品です。

やってみるか!でここまで出来ない私・・・(´・ω・`)

少し触った程度ですが、ストーリーもしっかりしており、パズルアクションも面白く出来ているので、リリースが楽しみな作品の1つです( *´艸`)

 

MIRAI LABO http://mirai-labo.com/develop/

 

unity games japanが海外のインディーズゲームを日本版へ

 

bitsummit_sora_09

 

こちらでは海外の面白いインディーズゲームを日本語翻訳したものが並べられていました。

数々の翻訳タイトルの中にスマホゲームを3つ発見!

一筆書きアドベンチャー『DARKLINGS』
面白パズル『RUBE WORKS』
アクションRPG『Archangel』

どれも楽しくプレイさせて頂きました(#^.^#)

 

bitsummit_sora_10

『DARKLINGS』

こちらは近づいてくる敵のマークと同じマークを描くことで敵を倒していくアドベンチャーゲームとなっています。元々はトルコのゲームだそうです。

マークは一筆書きの簡単なモノですが、敵に一度でも触れるとゲームオーバーとなってしまいます。

敵は次々と現れ、マークも様々なので意外と忙しいです(;´Д`)

iPhone、iPod Touchでもプレイ可能ですが、個人的にはiPadでプレイすることをオススメします。

 

bitsummit_sora_11

『RUBE WORKS』

こちらはアイテムを組み合わせて小さな問題を大げさな装置で解決させるピ○ゴラ○イッチ的なパズルゲームとなっております。アメリカのゲームだそうです。

元々こういったナンセンスなものを作るのが好きな漫画家さんがいて、その方の公式ライセンスをとってゲーム化されたんだとか。

お湯、風船、虫眼鏡、犬などありとあらゆるアイテムを配置し、それらがどのような動きをするか予測して次の動きを考える・・・知的なゲームですね(‘ω’)ノ

目的に対して解決方法が本当に大げさですが、誰もが楽しめるゲームだと思います。

 

bitsummit_sora_12

『Archangel』

地上に遣わされた大天使が荒れ果てた地上を助けるというストーリーのアクションRPGです。オーストラリアと日本の合作だそうです。

アクションが苦手な私は最初バンバン敵にやられていたのですが、自分のHPの残りによってバトルの難易度が自動で変わるシステムに助けられました(;^ω^)

自分のHPが少なくなると敵も弱くなり、HPが多いと敵も強くなるという仕様は面白い!

現在絶賛翻訳中(笑)ということで、日本語版のリリースはまだですが、海外のゲームが日本語で遊べるようになるのは本当に楽しみ( *´艸`)

 

Unity Games Japan http://www.unity-games.jp/

 

以上、簡単ではありますが空色的BITSUMMIT体験レポでした(^^)/~~~

 

このライターの記事一覧:空色
関連ワード:イベントレポート ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook