2013年04月11日(木) 19時20分
  • REVIEW

全世界クズ化計画絶賛進行中!! 痛すぎでやり込める『黒歴史クエスト』

夜家にいるとき、ふいに学生時代のことがフラッシュバックしてきて「ぎゃあああっ!!」と絶叫することが多々あるのはオレだけじゃないと固く信じているワタクシが今回紹介するのは『黒歴史クエスト』。あ、叫ぶときは枕に顔埋めてますよ? そこはもういい大人ですから。もちろん泣いてます。

 

 

kurorekishi_01

 

※このゲームはフィクションであり、実在の高知県とは一切関係がありません。

kurorekishi_02  kurorekishi_03

 

世界中にクズ人間を量産させ、世界侵略を図る「世界のクズ化」計画。その足掛かりに、まずは日本で一番人気のない高知県のクズ化を目論むという、すでに書いてて目まいを覚えるような飛んだ設定のシミュレーションRPG。

念のため記しておくが「高知県が一番人気ない」というのはゲーム内のことであり筆者自身の意見ではない。うどんとみかんで有名ですよね!(香川県と愛媛県)

 

驚くほどやりこみ要素が満載。しかも無料!!

kurorekishi_04

 

ふざけた設定と苦い過去の記憶を誘発させるようなタイトルから軽いお遊びゲームなのかと思いきや、内容は二郎系のこってり重厚マシマシコース。

各ステージを侵略するにはまず「武器」を作らなくてはならない。この「武器」が侵略成功のカギとなるが、ランダムに作成される武器はなんと1000種類! これほどやり込めるゲームが無料というのだから、製作者はよっぽど高知をクズ化させたいのか。そんな嫌いか高知県。

 

kurorekishi_05

 

製作者の熱意にこたえるためにも是非とも数多くのユーザーに高知県をクズ化していただきたいところだ。ちなみに繰り返し述べるがこれはあくまでゲーム内のことであり、実際の高知県は阿波踊りでもお馴染みの素晴らしい県である(徳島県)。

 

アクションモードを活用しよう

kurorekishi_06

 

ともかくステージクリアのためにも数多くの「武器」を集めることが重要だが、そこで活用したいのがアクションモードだ。

基本、このゲームは侵略コマンドを実行してしまえば、そのまま放置で数分後に完了する。しかし侵略中に時折出現する敵を「Action」ボタンで倒すことができる。そして数多く敵を倒した場合、放置している時より獲得コインが一気に増えるのだ。

このゲームでは、「おみせ」でアイテムや「属性」を積極的に買うことで新しい「武器」を入手しやすくなっている。また「侵略」すれば必ず成功するというものではなく、ランダムに作成させる「武器」によっては失敗することもままある。

数多くの「武器」を作れるようにしておくことが攻略のカギとなるので、余裕があるのであれば是非ともアクションモードでコインを稼いでおこう。

 

kurorekishi_07

 

細部にわたる丁寧な作り込みに感心

kurorekishi_08

 

それと個人的に大プッシュしておきたいのがサウンドだ。ホーム画面で流れるBGMは美しく幻想的で、方やステージ選択などでのBGMは一転ファミコンを彷彿とさせる「ピコピコ音」。

サウンド以外にもキャラクター同士の掛け合いなど「かゆいところに手が届く」作り込みは見事の一言。繰り返しになるが、これが無料というのだから、製作者の「高知クズ化」の情熱には驚くほかない。

ちなみに、「黒歴史」というタイトルや、なぜ「高知県」なのかは、開発元「ゆーずふーる」のこれまでのアプリをプレイしていると意味が分かってさらに楽しめる「らしい」(というのも筆者自身は確認していないから)。ワタクシ自身は未プレイでも十二分に楽しめたが、興味のある方はこれを機会に他のアプリをプレイしてみるのもいいかもしれない。

 

kurorekishi_09

 

タイトル 黒歴史クエスト
開発 TAKUMA TERAMOTO
ジャンル 黒歴史掘り下げ型シミュレーションRPG
掲載時価格 無料
公式サイト iPhoneアプリ【黒歴史クエスト】リリース | ゆーずふーる

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook