2014年01月22日(水) 21時41分
  • REVIEW

これは 100 点満点の「ソシャゲ」 システム、演出と洗練されまくった完成度がホント見事なリアルタイムカードバトル『マンガRPG ギャングロード・ジョーカー』


「手抜きゲー」の代名詞「ぽちぽちソシャゲ」をサウンド、演出等一切手抜きなしのガチンコで作り上げ見事「遊べるソシャゲ」に仕立てた「ソシャゲ職人」アプリボット謹製の『マンガRPG ギャングロード・ジョーカー』をご紹介。

 

 

gangroad_01  gangroad_02

 

「ソシャゲ屋」のプライドほとばしる「100点満点のソシャゲ」

 

gangroad_05  gangroad_03

 

今や母親が息子のために買ってくる服並にダサい存在に成り下がった「ぽちぽちソシャゲ」をシステム、サウンド、演出一切の妥協なしで作り込み、まるでしまむらの服を小粋に着こなすパリコレモデルのように洗練化した「ソシャゲとしては100点満点」型リアルタイムカードバトルの本作。

「東京制覇」を目指すギャングの抗争に巻き込まれていくこのゲームは、やるこた「ぽちぽち」とカードを集めてレイドボスやリアルタイムのギルド戦を繰り返す「ソシャゲ」なのだが、飽きの来ない演出、ストレスなく遊べる UI と、隙なく作りこまれた完成度の高さが本当に素晴らしい。

 

gangroad_07  gangroad_09

 

バトル演出やカードゲームとして欠かせぬ魅力的なイラストはもちろん、ナビゲーターキャラの「紗東 ゆい」が衣装チェンジや簡単なギミックアクションを伴って登場するなど、ゲームメインだけでなく細部にまでこだわった演出の数々。

前作『カオスドライヴ』同様、その完成度から伝わる「ソシャゲ職人」アプリボットのプロ意識の高さは、ネームバリューだけの「手抜きソシャゲ」を粗製濫造する「ゲーム屋」たちに見習ってほしいくらいだ。

 

gangroad_08  gangroad_10

 

コミックのように楽しめるストーリー進行や、ガチャでの様々な「激アツ」演出、デフォルメキャラを使ったリアルタイムバトル、そして遊びやすい快適な UI と、そのすべてが絶対に「手抜き」では作れないクオリティ。

まあどれだけ作りこまれていても、根本的には「操作性もクソもねーぽちぽちソシャゲ」となるため、それが苦手な人はなかなか興味を持てないかもしれない。

しかし、ブスだと思ってた子に同窓会で再会して「あれ、コイツこんなに可愛かったっけ?」とトキメいてしまうかのように、「ソシャゲってこんなに面白かったっけ?」と思わせる洗練された完成度を持った本作。

ソシャゲ嫌いの方はもちろん、同窓会でお持ち帰りしてその後責任取ることになっちゃった「人生の墓場満喫中☆」な既婚男性の方にもプレイしていただきたい一本となっている。

 

飽きの来ない演出と、ストレスフリーなゲームシステム

 

gangroad_11  gangroad_13

 

大きく分けて「制圧」クエストとチーム戦となる「抗争」二つのモードからなるこのゲームは、「制圧」を進めてカードを集め、1 日 2 回定刻開催される「抗争」に向けて自分のデッキを強化するというのが基本フロー。

要は何の変哲もないソシャゲシステムで、「制圧」クエストでは「制圧P」というスタミナを消費しながら「ぽちぽち」と進めていくだけなのだが、「ぽちぽち」のスピード感たるや修羅の国で生まれた胸に七つの傷を持つ男のように「あたたたた!」と口ずさめるほどで、「単調」どころかいっそ「爽快」

ソシャゲでよくある「ハンパな前進演出」などの無駄を一切省き、「スピード感」を重視したシステムとサウンドを含めた演出のおかげで、ベルトコンベアで運ばれてくるパンを延々ひっくり返すパン工場のバイトみたいになりがちな「ぽちぽち」を、ストレスフリーで進めることができる。

 

gangroad_15  gangroad_14

 

「制圧」中にはレイドボス「暴襲者」と遭遇することがあり、こちらは「暴襲P」を消費し自分のデッキの総戦闘力を使って攻撃。もちろんレイド戦なので他ユーザーと協力して討伐することができる。

各エリア最終ステージでエリアボスを撃破すると新たなエリアとストーリーが解放と、まあほんとにシステム自体は至って普通の「ソシャゲ」だが、ストーリーなどあってないようなこの手のアプリにおいて、漫画を読むように楽しめる物語を用意しているところも大きな特徴となっている。

 

gangroad_16  gangroad_04

 

制圧クエストを進め、集めたカードでデッキを強化していったらいよいよチーム戦となる「抗争」の開始。リアルタイムでチームメイトと連携しながら、デフォルメキャラたちが終始動きまくるアクティブバトルが楽しめる。

1 日 2 回、定刻で開催される抗争は、チーム内の総戦闘力が高い 5 人が「前衛」として、その他のメンバーが「後衛」として他のチームと一定時間バトルを繰り広げ、より多くの「抗争pt」を獲得したほうが勝利。参加報酬や勝利報酬を得ることができる。

 

gangroad_17  gangroad_18

 

抗争では「BP」を消費して各種攻撃や「エール」「奥義」などのコマンドを実行。BP は時間経過で回復するが、抗争中に「制圧」クエストの実行などで一気に回復が可能なため、無課金ユーザーであっても存分に楽しむことができる。

攻撃コマンドは左右に動くゲージが「MAX」で止まるようにタイミングよくタップすることで効果的な一撃を食らわせることができ、一定時間内にチームメイトと攻撃をつなげていくことで「コンボ」「連携特攻」も発生する。

その他にも各チームの総戦闘力 NO.1 同士の「タイマン」勝負、前衛と後衛のチェンジ、HP 回復など様々なコマンド実行で「抗争pt」を獲得していくのだが、前半は有利に進めていても、相手チームに強力なメンバーが参戦してきた途端に情勢が変化するなど、リアルタイムならでは熱いバトルは自然と白熱するだろう。

 

ソシャゲ嫌いのユーザーすら虜にしかねない完成度

 

gangroad_19  gangroad_20

 

ガチャ演出の多彩さ、美麗なカードイラストなど「見た目の良さ」はもちろんのこと、合成強化時のカード選択など余計なストレスを感じることがない「遊びやすいUI」を作り上げているところがこれまたお見事。ホント完成度に関しては「ソシャゲとしては100点満点」といえる。

世界観は好みが分かれるだろうし、ガチャ演出などはまんまパチスロなのでここを嫌うユーザーもいるだろうが、週刊少年チャンピオンにおいて『ギャングロード・ジョーカー』の漫画連載も決まり、今後漫画との連動も期待される本作。

ソーシャルゲームファンの方なら文句なしに、「ソシャゲ」と聞くだけで、まるで駅のホームで「もんじゃ焼きによく似たリバース物」を目撃したような「嫌悪感☆マックス」の表情を浮かべるユーザーにさえも「一度お試しプレイしてみては?」とおススメできる一本だ。

 

タイトル マンガRPG ギャングロード・ジョーカー
開発 Applibot Inc.
ジャンル リアルタイムカードバトル
掲載時価格 無料
公式サイト ギャングロード・ジョーカー | ソーシャルゲーム | サービス | 株式会社アプリボット

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook