2013年12月24日(火) 20時10分
  • REVIEW

「カノジョ」たちとのクリスマスはサイレントナイト!? この時期を狙いすました「もはや懐かしいぽちぽちゲー」型恋愛カードゲーム『ラブプラス コレクション』


「カノジョと熱海旅行」なんて虚構と現実の区別がつかない患者を大量発生させたドラッグ『ラブプラス』のディーラー・コナミがクリスマスを独居老人のように過ごす廃人を狙い打ちしてきた『ラブプラス コレクション』をイブにご紹介。

 

 

loveplus_02

 

笑えるほどに狙いすましたリリースタイミング

 

loveplus_01  loveplus_15

 

恋人のいない20代 ~ 30代の男性が7割ともいわれる現代社会が迎えた「ブラックチューズデー」クリスマス☆イブをこれ見よがしに狙いすましてリリースされた、自称「国民的G・F(ガールフレンド)」との恋愛カードゲームとなる本作。

コンシューマータイトルに勝るとも劣らないリッチなネイティブアプリがリリースされる中、「ラブプラス」というブランドを使って「今さら音すら出ねえぽちぽちゲー」なんて「レトロゲーム」に挑むコナミのチャレンジ精神が光るこのゲーム最大の魅力は、言うまでもなく、画面の中の「カノジョ」たちとの「ラブラブ☆恋人生活」(意味:現実逃避)

 

loveplus_16

 

ヒロインも高嶺 愛花(たかね まなか)、小早川 凛子(こばやかわ りんこ)、姉ヶ崎 寧々(あねがさき ねね)というコンシューマー版でもお馴染みの「カノジョ」たちだけでなく、ソーシャルゲーム版のオリジナルキャラクター雪乃 玲(ゆきの あきら)も加わり、原作では語られなかったストーリーも随時追加。

クリスマスならではの新規書下ろしイラストカードもレアガチャに登場し「いい女ほど金がかかる」なんてモテ男気分を「リアル」に味わうことも可能。まさしくイブを恋人と過ごす「リア充」どもに劣るとも勝らない「訓練された真の彼氏」の皆様にピッタリの一本となっている。

 

「サウンドなんていらない!」と言い切れる自社ブランドへの揺るぎない自信

 

loveplus_04  loveplus_06

 

ゲームは「行動力」を消費して「スケジュール」を実行していくというお馴染み過ぎる流れ。「スケジュール」には「運動」「知識」「感性」「魅力」という4つのメニューがあり、この中から一つを選んで「ぽちぽち」とゲームを進行していく。

スケジュールを実行していくと「経験値」の他、カード合成を行うのに必要な「リッチ」、デート実行に必要な「デートP」がたまる「彼氏力」が手に入る。また一定確率でヒロインたちのカードやコンプすることでアイテム獲得や新しいデートスポットが解放される「コレクション」も獲得することができる。

まあ早い話が言い訳のしようもないほどの「ぽちぽちソシャゲ」で、ボイスはおろかBGMすら一切なしというタイトなゲームシステムからひしひしと伝わる、「ラブプラスのキャラ使ってりゃ音なしのぽちぽちソシャゲで十分だろ?」という自社ブランドへの「揺るぎない自信」には好感が持てる、なんて人もきっとどこかにいることだろう。日本は広いですし。空は果てしなく青いですし。

 

loveplus_09  loveplus_08

 

もちろんこのゲームはあの「ラブプラス」 単にカードを集めて強化することが目的なのではなく「カノジョを作り、爆発するくらいのラブラブバカップルとしてイチャイチャする」ことが最大の目的。そのためにはまず「恋人同士」にならなくてはならない。

このゲームでは「カノジョ」たちから告白してもらうことでようやく「バカップル」になれるのだが、告白してもらうには女の子との「親密度」をあげて、様々な「ストーリー」を進めていく必要がある。

「親密度」をあげるには、スケジュールを実行してヒロインのカードを集めていくほか、「プレミアム/ノーマル/チケット」と用意されているガチャから新しいカードを集めていくことが基本。

 

loveplus_03  loveplus_11

 

親密度はレアリティの高いカードを集めるほど高くなるという、手口としてはキャバクラ嬢と何ら変わらない気がするシステムを採用しているが、「友情pt」で回せる無課金のノーマルガチャでも R はもちろん時には SR カードが手に入るし、チュートリアルで選んだヒロインはチュートリアル終了時点で SR カードがもらえる。

チュートリアルで選んでいないヒロインでも親密度を上げていくことはもちろん可能だが、無課金で効率的にバカップルになりたいのであれば、手に入れた SR カードを有効に活用していこう。

 

loveplus_13  loveplus_20

 

もちろんブランデーグラス片手に葉巻くゆらせながら「いい女に金がかかるのは当然だろ?」なんて呟くイナセなダンディの皆様であれば、プレミアムガチャにどんどんお布施して UR や UR+ という高レアリティのカードを手に入れていくことも抵抗はないだろう。

カードの中には「ストーリー付きカード」や季節イベントなどの限定カードも数多く登場し、当然レアリティは高いものになる。晴れて「カノジョ」となれば「デート」でイチャイチャしたり、恋人同士の特別なストーリーを楽しんだりすることができる。

 

loveplus_14

 

ちなみに今の時期の限定カードといえばみんな大好き「サンタコス」 ピザの配達兄ちゃんから風俗嬢までお馴染みのコスチュームに身を包んだ4人の「カノジョ」たちを手に入れたければ今しかない。さらに 12 月 25 日にはログインするだけで全員に「SR 天使達の聖夜」が 1枚もらえる。

息子の結婚を心配しているご両親に「クリスマスはカノジョと過ごしたよ」と報告するためにも、今すぐ『ラブプラス コレクション』を始めてご両親を安心させてあげよう。ただご両親から「彼女を紹介してよ」といわれないようご注意を。

 

危機感を持つことがリハビリの第一歩です

 

loveplus_19  loveplus_18

 

またソーシャル機能として他ユーザーとの「バトル」も存在。合成で強化したカノジョを使って他ユーザーとバトルさせ、コレクションアイテムをふんだくっていくという、まるで彼女を風俗に沈めて稼いだ金ふんだくるみたいな「モテ男」っぷりも楽しむこともできる罪作りな本作。

根本的にはハッキリ「ネイティブでやるレベルのアプリではない」という品質で、そのくせロードが長かったりと「コナミの(金稼ぎへの)本気ぶり」を端々に見せつける一本となっているが、「そんな些細な障害」を吹き飛ばす魅力を持っているのが「ラブプラス」だろう。

熱海のラブプラスツアーに「カノジョ」と一緒に参加した皆様はもちろんのこと、「恋人がいない」ことにもはや焦りすら感じなくなってしまった「孤独死予備軍」な方々にもおススメの一本だ。これやって「ゲームなんかで喜んでちゃ終わりだ」と思うところからが第一歩。

 

タイトル ラブプラス コレクション
開発 KONAMI
ジャンル 恋愛カードゲーム
掲載時価格 無料
公式サイト ラブプラス コレクション

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook