2017年03月10日(金) 15時00分
  • INTERVIEW

【Creator’s Voice】絶好調配信中のイケメン役者育成ゲーム『A3!』、プロデューサーが語る“こだわり”とは?

株式会社リベル・エンタテインメントより提供中のイケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー!)』。この素敵なゲームを我々に与えてくださったプロデューサー様にインタビューして参りました。

 

ユーザーランク100を目指して日々稽古に明け暮れる9-Bitライター、空色です(‘ω’)ノ

今回は『A3!』のプロデューサー・沖田様にお話を伺ってきました!

大好評の『A3!』が生まれた背景、魅力的なキャラクター作り、また今後の展開案も少しだけお聞きしました。

楽しんで頂ければ幸いです(^人^)

 

A3

 

舞台大好きプロデューサーと制作陣がこだわり尽した『A3!』

9-Bitライター空色(以下、空色):『A3!』を制作するに至った経緯、きっかけをお聞かせください。

『A3!』プロデューサー・沖田(以下、沖田):自分がもともと舞台が好きということがきっかけですね。舞台といえば小劇場演劇、コンテンポラリーダンス、2.5次元舞台、ミュージカルなどなど色々ありますが、全部大好きでよく観に行っているんです。

空色:幅広くご覧になってる!完全に魅了されていますね。そんな舞台の一番好きなところはどこですか?

沖田:「やり直しのきかない一度きりのものが観られるところ」ですね。すごく魅力的だなぁって思います。例えば舞台初経験の役者さんが初日と千秋楽で全然お芝居が違うとか、演出が変わっているとか。

空色:わかります。成長を感じられるとなんだか…親兄弟でもないのに嬉しくなってしまうというか。映画やドラマもいいけど舞台は全く違う楽しみがあるんですよね。

沖田:そうなんです!それも含めて「本当に一度きりのドラマを観られるんだな」というところに日々感銘を受けていて、これを青春ストーリーとして作り込んだら面白い作品になるんじゃないかなという構想がずっとあったんです。そこで今回「新しいコンテンツを立ち上げる」という機会を頂きまして、制作するに至りました。

空色:演劇いいですよね!私も大学時代やっていたんです。裏方ですけど。

沖田:そうなんですね!実は今回、プロットや世界観を作る前に演劇関係の方々にお話を色々と伺ったんです。実際演劇をやっている方から聞いたディテールもお話に取り入れられたらと思いまして。勿論『A3!』にはリアルすぎない、ファンタジーな部分も数多くあり作品全体をキャッチーにまとめてはいますが、それだけにしたくなかったんです。

空色:確かに結構リアルだなと思うところもありました。役者が自分の芝居について悩んでいる部分や、リピーターを増やすために日替わり要素を入れたり、役者と監督で演出について話し合うところも「あるある!」って思いました。

沖田:そう言って頂けると嬉しいです!キャストさんの中にも演劇経験者がいらっしゃって、劇団ならではの人間関係や良いこと悪いことなど「分かる!」って言ってくださったんです。素直に嬉しかったですね。細かく取材してよかったなぁと思いました。

 

空色:制作陣の“こだわり”が強い部分はどこですか?

沖田:演劇のドラマ性を出したいと思った時に「フルボイスでストーリーを録りたい」っていうのが強くありましたね。というのも、初日から千秋楽、もっと言えば台本読み合わせ・稽古から千秋楽までのお芝居の変化の楽しさを表現したかったんです。

空色:なるほど。作中では同じセリフが何回も出てきましたが言い方が少しずつ違って、演技の変化はとてもわかりやすかったです。

沖田:まさに狙い通りです(笑)。芝居未経験のキャラなら序盤はあえて大根気味な演技に、反対に芝居経験者のキャラなら慣れているが故のクセ、例えば「どうしても芝居が大きくなっちゃう」という欠点を残したりと、キャストの方に細かくお願いしてこだわらせて頂きました。

空色:フルボイスはただの豪華仕様ではなく、より「演劇」というテーマを深めるためのものだったんですね!

沖田:はい!その他ですと、「演劇ならでは」な部分を出したいと開発陣の積極的な提案で出来た「観劇モード」も強くこだわった部分になります。

空色:あれ可愛いですよね!

沖田:ありがとうございます。実は最初はあそこまでリッチなものを作るつもりはなかったんです。

空色:そうなんですか?

沖田:はい。最初はもっと簡単な仕様だったんですが、今回のヒロインが「劇団の総監督」ということで、ストーリーともリンクする「自分が色々な権限を持って演劇をディレクションできる」という気持ちを味わってもらいたいというこだわりがあって現在の形になりました。また全員同じキャラにしたり、あえてミスマッチなキャスティング…例えば夏組公演のシェヘラザード役(女役)を丞や臣などの男らしいキャラにしたりと多様な遊び方をして頂いているようで、こちらとしてはそういった楽しみ方は想定していなかったので驚きましたね。

空色:私も全員アンサンブルにしたことあります(笑)。黒子しか出てこなくて何が何だかでした(笑)。

沖田:本当に色々な楽しみ方をして頂いて嬉しいですし面白いです(笑)。

このライターの記事一覧:空色
関連ワード:Creator’s Voice, For Girls ニュース ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook