2013年11月19日(火) 17時50分
  • REVIEW

選ぶのは恋か友情か。留学して待っていたのはアブナイ彼らとの刺激的な日常だった! 『僕と彼の危険な同居生活』

BLゲームですので苦手な方注意。留学するはずだった主人公に襲い掛かる災難。助けてくれたのは殺し屋、詐欺師、ギャングのアブナイ彼らでした・・・。

 

 

 

iOS版のアイコンに惹かれてDLしました空色です(‘ω’)ノ

主人公が受け受けしいので、逆にガチ攻めでお願いしたいm(_ _)m

ガチ攻めエンドを狙っていざ行かん!!

 

留学先のニューヨークにて

 

bokutokarenokiken_06

 

いきなり事件です(; ・`д・´)

留学のためにNYにやってきた主人公ですが、学校に籍が無かったり、住むはずの家に別の人が住んでいたりと災難続き。

更に知らない人に拉致されたり、警察に追われたりと何が何だかわからない状況。

そこから救い出してくれたのは3人のイケメンでした。

 

 bokutokarenokiken_08  bokutokarenokiken_10

 

 bokutokarenokiken_12

 

一癖も二癖もありそうな彼ら。

アレン絶対ただ者じゃないし、詐欺師ってもはや信用できないし、ギャングな便利屋って危なすぎ・・・これ本当に救われたのかと疑いたくなるメンツですね(;´Д`)

行くところが無くなってしまった主人公はこの3人が暮らすシェアハウスに少しの間お世話になることになります。

 

bokutokarenokiken_03

 

部屋は3つしかないので3人の中の誰かと同室ですね。

というか物語の一番最初にルートを選択するので、助けてくれるのも厳密にいえば3人の中の1人なのですが。物語の始まり方もそれぞれ違ったような・・・。

とりあえずチャドさんの色気にやられたのでチャドさんルートへ。

 

bokutokarenokiken_18

 

チャドさんは出会ってすぐ口説いてきます。

何でセクシーな男性は皆ゲイなのか( ゚言゚)

 

bokutokarenokiken_24

 

チャドさんは一日目の夜から襲ってきます。

積極的なのに余裕があるとかマジいい男( *゚言゚)

年上男の敬語もたまりませんね!

 

チャドさんはしばらく自分が詐欺師だってことを隠しています。

そのうえで主人公に、この町での生き方を教えると言って面倒を見てくれます。

良い人です。胡散臭いほどに(笑)

さて、チャドさんの真意はいかに・・・

 

何より重要なのは好感度

 

bokutokarenokiken_02

 

ストーリを進めると現れる選択肢によって好感度が変わります。

また、好感度の中には相手の受け・攻めに影響するものもありますので、慎重に選びましょう(。-`ω-)

 

bokutokarenokiken_22

 

好感度が高いと時々現れる特別ルートを選択することができます( *´艸`)

ここで好感度が足りなくても、アバターで好感度を上げることもできますよ。

ただし通貨はゲーム内では手に入りません・・・(´・ω・`)

課金ですね。課金するとシナリオチケットも購入することもできます。

毎日シナリオチケットは5枚まで貰えますが、それでは物足りないという方にオススメ。

 

bokutokarenokiken_20

 

「課金したまえ!」感・・・このノリ、嫌いじゃない(●´ω`●)

ちなみにこのコマはシナリオチケットを使い切るたびに出てきます(笑)

課金通貨は「プラチナ」といいますが、連続ログインすることで手に入る「キュン」という無料通貨もあります。

 

bokutokarenokiken_15

 

7日間ログインするとキュンが貰えます。そして貰った後また1日目からスタート!

毎日ログインすれば1週間に1回キュンがもらえることになります。

このキュンを使って回せるガチャがあるので、毎日ログインはオススメ!

 

bokutokarenokiken_04

 

私もまだ始めたばかりですが、非日常系が好きな方にはオススメ(∩´∀`)∩

絵も綺麗で主人公も可愛い系なので、BLあまりやったことない方にもプレイできそうな感じです(*´ω`)

一緒に暮らし、お互いを知る中で芽生える想い。

それが恋か友情かはアナタ次第です。是非恋で!笑(^^)/~~~

 

タイトル 僕と彼の危険な同居生活
開発 HITSUJIGUMO,K.K.
ジャンル シミュレーション
掲載時価格 無料
公式サイト 僕と彼の危険な同居生活

 

 

このライターの記事一覧:空色
関連ワード:For Girls レビュー, レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook