2013年11月25日(月) 12時15分
  • REVIEW

ボードゲーム系ファンタジーシュミレーションゲーム『Combat Monsters』これは新しい!


132モンスター、70武器、28盾、42呪文、22ルーン、から選択する12英雄と120 +マップ! 戦闘系モンスターで敵を一掃するか! 治療系魔法でひたすらヒーローを守るか! 戦略はプレイヤー次第だ!

 

 

combatmonsters_01

 

本日は洋ゲー好き「ミスト」がお送りする『Combat Monsters』だ! そう全て英語だ! しかもカードの内容が重要になるボードゲームだ! はいっスルーとか言うなよ(汗) 一通り説明するからプレイする時も参考にしてくれ!

 

最初からやめたくなる英語の群れ(笑)

 

combatmonsters_02

 

開始早々英語の群れに襲われる(笑) 英語わからなければ何々?って思うよね。ここは名前を入れて右下のContinueを押してって言っているんだ! ちなみに名前には英語しか使えない。数字も入力出来ないぞ!

 

combatmonsters_03

 

次は基本となるデッキを選んでねって画面。ヒーローにはそれぞれ特徴があり、戦士は2歩動けて体力が高い。魔術師は2マス先まで攻撃出来て体力が低い。アーチャーは3マス先まで攻撃出来るって感じかな! カードパック内もそれぞれの特徴に基づいて変化しているから、自分のスタイルに合いそうなものを選ぼう! 後からデッキ編集とか出来るから慣れたら自分で組んだデッキの方が強いぞ!

 

combatmonsters_04

 

そしてこれが非常に謎だったのだが、パスワードを求められる。ここではパスワードを決めて、再入力って流れになるね。上下とも同じパスワードを入れよう! ナゼかと言うと、このゲームはシングルプレイしたとしても必ずサーバーにアクセスするんだ。そのためプレイ時はアクセスパスワードが必要になる。それをここで決めるだけなので安心して決めよう! 適当に決めれば構わないが、忘れてしまわない様に! あと一応重要な内容にはしない様にしよう!

はいそしてここで重要な問題がもう一つ! 必ずサーバーにアクセスする為、サーバーが動いていないとプレイ出来ないって事だ! しかも通知は無い(笑) やりたくてもサーバーに全く繋がらず出来ませんって事があるので注意しよう! 日本みたいに親切に教えてくれない辺りさすがだね(笑)

 

カード説明いくぜ!

 

combatmonsters_05

 

プレイに凄く必要なのに全て英語で理解出来ないって人は多いのではないだろうか? これだとプレイしても楽しさ半減だよね! そこでミストさんが解説しよう(簡単にだぞ)

・human(ヒューマン)隣にいる味方モンスターの数だけ攻撃力+1
・Orcish(
オーク)フィールドに出ている味方オーク族の数だけ攻撃力+1
・Elven(
エルフ)フィールドに出ている味方がエルフ族だけだと HP+2
・Zombie(ゾンビ)モンスターが倒される度に HP+1
・Dwarven(
ドワーフ)攻撃を受けて倒されれなかったら攻撃力+2
・Lizard(
リザードマン)敵にトドメを刺すと攻撃力+2
・Golem(
ゴーレム)セットしたルーンの数×3の HPが毎ターンアップ
・Minotaur(
ミノタウロス)装備カードを使うとHPと攻撃力が+1
・Werewolf(
ウェアウルフ)敵にトドメを刺すと HP+3
・Cyclops(サイクロプス):味方モンスターが倒される毎に攻撃力+2

ってな感じの内容が書かれているぞ! これを知っているのと知っていないのではプレイに雲泥の差が出るから、ちゃんと押さえておこう!

 

それではプレイ開始!

 

combatmonsters_06

 

これがメイン画面だ! ここからデッキの編集や戦闘へ移動出来るぞ。マーケットでは課金でカードの購入も可能だ! これでレアが出たらマルチバトルでも有利になるぞ!

 

combatmonsters_07

combatmonsters_08

 

クエストはこんな感じ。Tutorial Questは一本道のクエストで全てチュートリアルマップになっている。確かに丁寧に説明してくれていて、非常に解りやすいのだが全て英語ってのが・・・萎える(笑) やる事は駒をタップして攻撃だったり、その時のカードを場に出したりと効果の説明などなのだが、全て英語なので逆にキツイかもしれない。

EASYから通常のバトルになる。EasyをクリアしたらMediumが解放されて先に進めるぞ! ミディアムになると敵も特徴的になってくる。1種族オンリーな敵とか笑えるけどマジ厄介でした(苦)

 

チェスの様だ!

 

combatmonsters_09

 

これが戦闘シーンだ! カードが実際の駒になり戦闘を行ってくれる。駒には武器や防具を装備させることが可能で、かなりステータスが変化するので上手く装備させよう!

 

combatmonsters_10

combatmonsters_11

 

画面左上のマナを消費してヒーローはカードを場に出す! これは戦士が一番低く、魔術師の方が多い。しかし魔術師は攻撃にマナを使用するので消費も激しいって感じ。しかし基本が4だと、5のカードが中々場に出せない事がある。これは上手くやりくりしないと厳しいかもしれない。そこは非常に戦略性が高くおもしろいぞ!

総評としてかなりおもしろい! 確かに英語の壁は高いかもしれないが、感覚でプレイしてもプレイは可能だ! カード特性は上に書いたので上手く利用して欲しい。マークで内容を覚えて装備カードの効果もわかる。英語力が無くても楽しむ事は出来るぞ。これをプレイしたらナゼかチェスに興味が出てしまった(笑)

 

タイトル Combat Monsters
開発 Rubicon Development
ジャンル アーケード&アクション
掲載時価格 無料
公式サイト Combat Monsters

 

 

このライターの記事一覧:ミスト
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook