2017年01月26日(木) 21時14分
  • NEWS

『Flappy Bird』の開発スタジオ最新作アクションゲーム『ニンジャチャレンジ ~スピンキーでござる~』配信開始

全世界に多くの中毒患者を産み出したタップアクションゲーム『Flappy Bird』を開発したベトナムの .GEARS 最新作が配信を開始した。忍者が主人公の、全6種類のミッションにチャレンジするアクションゲームだ。

 

(以下プレスリリース概要)

『Flappy Bird』『Swing Copters』等で世界的人気のゲーム開発スタジオとコラボ第一弾「ニンジャチャレンジ ~スピンキーでござる~」本日2017年1月26日15時より配信開始!!

 

株式会社メディア工房(本社:東京都港区、代表取締役社長:長沢一男)が手掛ける、ゲームブランドOBOKAIDEMはこのたび、『Flappy Bird』や『Swing Copters』などを手掛けた世界的ゲーム開発スタジオ、.GEARS社(本社:ベトナム ハノイ市)と、スマートフォン向けゲームの共同開発タイトル『ニンジャチャレンジ ~スピンキーでござる~』(英語名:Ninja Spinki Challenges!!)を本日1月26日15時(日本時間)、全世界約120ヶ国へ配信致しました。それに伴い公式サイトも公開致しました。

OBOKAIDEMは同社の唯一の共同開発パートナーであり、今回発表する 『ニンジャチャレンジ ~スピンキーでござる~』(英語名:Ninja Spinki Challenges!!)は.GEARS社のこれまでの作品に登場するキャラクター”スピンキー”が忍者に扮し、6種類のミッション(修行)にチャレンジします。

 

NinjaSpinkiChallenges_0126_02

 

11月24日に情報を公開した後、過去に『Flappy Bird』を取り上げた海外ゲームメディアを中心に、「Flappy Birdの開発者が日本のパブリッシャーと新作を発表」いうトピックのもと、数十ものメディアに取り上げられました。また、本作は配信前から『Flappy Bird』で多く見られたような模造アプリが数多くリリースされるなど、大変注目度の高いタイトルとなりました。

本作はもちろんゲームの面白さはこれまでの.GEARS社作品を彷彿とさせる超激ムズだけど癖になるミニゲーム。今回はOBOKAIDEMの今までグローバルでのカジュアルゲーム配信で培った、開発・レベルデザイン・アップデートされた広告マネタイズを融合させたカジュアルゲームとなりました。

大人から子供まで激ムズだけどいつでも気軽に、そして何回も楽しめるゲームです。

 

NinjaSpinkiChallenges_0126_01 NinjaSpinkiChallenges_0126_03

 

●公式ウェブサイト

 

<詳細>

■名称:ニンジャチャレンジ ~スピンキーでござる~
(英語名:Ninja Spinki Challenges!!)
■言語数/言語名:2言語(日・英)
■プラットフォーム:App Store(iOS) / Google Play(Android)
■価格:無料
■配信日:2017年1月26日15時配信開始
■ジャンル:アクション・カジュアル(忍者修行シミュレーションゲーム)

 

NinjaSpinkiChallenges_0126_04 NinjaSpinkiChallenges_0126_05

 

NinjaSpinkiChallenges_0126_06

■開発パートナー: .GEARS社(ベトナム)

.GEARS 社ウェブサイト

 

『ニンジャチャレンジ ~スピンキーでござる~』 ダウンロード

NinjaSpinkiChallenges_icon

『ニンジャチャレンジ ~スピンキーでござる~』 公式サイト

『ニンジャチャレンジ ~スピンキーでござる~』 公式Twitter

(C) .GEARS Ltd (C) OBOKAIDEM

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:カジュアルゲーム最新情報, ニュース ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook