2013年11月11日(月) 18時45分
  • REVIEW

駆け込み乗車すんなっていってんだろっ! 駅員さん応援型スワイプパズルアクション『つめこめおっさん』

駅員となったプレイヤーが発車時刻までにスワイプ操作で電車の中に 100 種類以上の異常なおっさんどもを詰め込んで「会社」という名の隔離病棟に搬送する、ほのかに加齢臭漂う『つめこめおっさん』をご紹介。

 

 

tumekomiossan_01

 

詰め込もうがゆとり持とうが大体同じ

 

tumekomiossan_02

tumekomiossan_04

 

生徒から「しもべ」と呼ばれる先生やホームを全力疾走する忍者コスプレおっさんなど、生き難き現代社会を投影した 100 種類以上のおっさんたちを電車の中に詰め込んでいく、プロデューサーに「おまえの目には今の日本がどんな風に見えてるんだ」と尋ねたくなるこのゲーム。

 

tumekomiossan_05 tumekomiossan_06

 

駆け出しの駅員となったプレイヤーが、スワイプ操作で詰め込み教育の出し殻みたいなおっさんどもを通勤ラッシュの電車内にすし詰め状態にしていくことで、「脱ゆとり」が叫ばれている現代社会に「詰め込みでもゆとりでも、結局未来は社会の歯車」という「明るい未来」を提示する、「これからのニッポン」を支える若人たちに是非ともプレイしていただきたいノーフューチャーな一本となっている。

 

おっさんしかいない「秘密の花園」

 

tumekomiossan_07

tumekomiossan_08

 

全100駅のステージ制で、そのほとんどのホームがおっさんまみれという「ロマンスグレーの危険な魅力溢れる香り」(直訳:加齢臭)が立ち込める秘密の花園的魅力も持つ本作は、1 ステージごとに行動力の「ハート」を一つ消費して、制限時間内にタッチ&スワイプでおっさんたちを電車内に詰め込み各ステージのノルマ達成を目指していく。

 

tumekomiossan_09

tumekomiossan_03

 

おっさんならではのベッタベタで粘着質の汗のおかげか、同種のおっさんたちは複数くっつけて一気に電車内に詰め込むことができる。くっつけたおっさんをつめこむとコンボが発生し、一人ずつ車内に流し込んでいくよりも効率的にスコアを稼げる。

 

tumekomiossan_10

tumekomiossan_12

 

10コンボ達成を達成すると女の子が出現し、すべてのおっさんを女の子にくっつけることができる。一般常識に照らし合わせて考えれば問答無用のチ●ン行為だが、このゲームに登場するおっさんたちは特殊な訓練を受けているので完全無欠に問題ありません。

 

tumekomiossan_13

tumekomiossan_14

 

よっぱらいなどのおじゃまキャラや、スコアの高いレアキャラなど登場するおっさんたちは100種類以上。おっさんたちを電車内につめこむと「ずかん」に登録され、それぞれ 500人 詰めるごとに、課金アイテムの「小銭」がもらえる。

小銭は各アイテム購入のほかに、新しい「路線図」を開放する際にも必要。小金稼ぎ目的でクリアしたステージを繰り返しプレイしていても、おっさんたちは「今日で番組を降ろさせていただきます」なんてことは言わないので、何度でもプレイして課金アイテムを貯めることができる。

 

tumekomiossan_15

tumekomiossan_16

 

ステージクリア時に詰め込んだ数、おっさんの種類によりスコアが決まる。スコアにより3段階の3つ星評価がもらえ、星を数多く集めていくことで駅員としての新しい称号が、ほっこりさせてくれるイラストとともにもらえる。

このイラストのほのぼのテイストが、先日駆け込み乗車した客に向かって「あぶねぇって言ってんだろ!」とマジ☆ギレしてた駅員さんを目撃した筆者ならずとも、「駅員さん頑張れ!」という優しい気持ちにさせてくれる。

 

自分に言ってるってわかる、ピンポイントな車内アナウンス

 

tumekomiossan_18

 

ステージを進めていくと、おじゃまキャラの数やノルマなどが上がっていき、実はそこそこの難易度をもっているこのゲーム。

どうしてもクリアできないステージに出くわしたら制限時間がアップする「遅延証明書」や、女の子がたくさん出現する「イケメンスーツ」を使用するのも一つの手段。各アイテムは初めに5つずつ持っていて、使い切った場合は「売店」から購入しよう。

 

tumekomiossan_17

 

オール3つ星を目指すということでなければ、無課金でもオールクリアは目指せるだろうが、称号とイラストを集めるには、星を数多く獲得することが重要なので、最初に持ってるアイテムを無駄遣いせずに難関ステージで使うようにしていこう。

ボリューム的には若干少なめで、また「その筋のファン」が好きそうなマニアックネタにちなんだ必殺技などがあれば、もう少しリッチなアプリになったかなぁという印象は受けるものの、シンプルなアクションと魅力的な「おっさんコレクション」も楽しめるので、カジュアルゲームとしては十分及第点。

締まる直前のドアに強引に体をねじ込んだ直後の車内で「駆け込み乗車は危険ですのでおやめください」とピンポイントな車内アナウンスを受けた経験のある方はもちろん、駅員と壮絶な殴り合いをした経験のある酔っ払い、鉄オタの皆様にもおススメの一本だ。

 

タイトル つめこめおっさん
開発 comcept Inc.
ジャンル アクションパズル
掲載時価格 無料
公式サイト つめこめ☆おっさん|PROJECTS|株式会社comcept

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook