2016年11月30日(水) 13時24分
  • NEWS

美少女剣撃アクションRPG『天華百剣 -斬-』ゲームシステム情報公開 リリースは 2017 年春に延期

KADOKAWA と DeNA は 11 月 30 日、イラストノベル『天華百剣』を原作とした美少女剣撃アクションRPG『天華百剣 -斬-』のゲームシステム情報を公開した。

 

 

<以下プレスリリース概要>

 

美少女剣撃アクションRPG『天華百剣 -斬-』ゲームシステムを公開!

 

『天華百剣 -斬-』

 

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下 KADOKAWA)アスキー・メディアワークスと株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下 DeNA)は、現在事前登録受付中のスマートフォン向け美少女剣撃アクションRPG『天華百剣 -斬-』(てんかひゃっけん ざん)に関して、本日11月30日(水)に新たにゲームシステムに関する詳細情報を公開しました。

またKADOKAWAとDeNAは2016年秋に予定されていた配信日を、さらなる機能拡張、及びゲーム全体のクオリティ向上を目指し、2017年春に延期します。

『天華百剣 –斬-』は、2015年よりハイレゾリューションアニメマガジン「電撃G’sマガジン」(発行:KADOKAWA アスキー・メディアワークス)でイラストノベルとして掲載されている刀剣美少女企画「天華百剣」を元に開発された、スマートフォン向け美少女剣撃アクションRPGです。プレイヤーは新たに赴任した「隊長」となって「巫剣(みつるぎ)」と呼ばれる刀剣をモチーフにしたキャラクターたちを操作し、「巫剣」たちの斬撃や奥義などを駆使して「禍憑(まがつき)」と呼ばれる異形の敵を撃破していきます。

 

 

■『天華百剣 -斬-』ゲームシステムについて

 

『天華百剣 –斬-』は、アクションパート、育成パート、アドベンチャーパートの3つの異なるゲームパートで構成されており、プレイヤーはそれぞれのゲームパートで『天華百剣 –斬-』の世界を体験しながら楽しむことができます。

 

<アクションパート>

アクションパートでは、プレイヤーは最大3人の「巫剣」で編成した部隊で「任務」を進めます。任務中は画面上に配置されたコントロールシステムを用いて、奥行きのあるステージで巫剣を自由に移動させることができます。

 

『天華百剣 -斬-』

『天華百剣 -斬-』 

※画面は開発中のものです

 

プレイヤーは「巫剣」を操作し、「斬撃」や「奥義」を駆使しながらコンボを重ねて敵となる「禍憑」を撃破していきます。奥義はゲージが最大になると発動させることができる技で、禍憑に大きなダメージを与えることができます。巫剣が使う奥義はその「巫剣」の性格や刀剣の由来に関連したものも用意されています。

 

『天華百剣 -斬-』

『天華百剣 -斬-』

※画面は開発中のものです

 

<育成パート>

育成パートにおいて、「巫剣」たちは「任務」をクリアすることによって経験値を獲得し成長していきます。成長に応じて巫剣たちの能力ステータスが上昇します。また、「技」や「刀装」といった装備をすることによって、巫剣たちはさらなる能力ステータスの上昇が可能です。

 

『天華百剣 -斬-』

『天華百剣 -斬-』

※画面は開発中のものです

 

装備する「技」によって「任務」で使用できる技の威力や効果、エフェクトも異なります。近距離で威力の高い技や広い範囲で攻撃することのできる技など、挑戦する「任務」に応じて使い分けることで、攻略を補助することができます。

 

『天華百剣 -斬-』

『天華百剣 -斬-』

 

※画面は開発中のものです

 

<アドベンチャーパート>

アドベンチャーパートでは各「巫剣」たちとのストーリーを楽しむことができます。ストーリーは入手できるすべての巫剣に用意されており、巫剣との親愛度が深まることで新しいストーリーが開放されていきます。なお、ストーリーは人気声優によるフルボイスで収録されているので、『天華百剣 –斬-』の世界をよりリアルに楽しむことができます。

 

『天華百剣 -斬-』

『天華百剣 -斬-』

※画面は開発中のものです

 

■『天華百剣 -斬-』概要

 

『天華百剣 -斬-』 

『天華百剣 –斬-』は、「巫剣(みつるぎ)」と呼ばれる刀剣をモチーフにしたキャラクターたちを操作し、斬撃や奥義などを駆使しながら「禍憑(まがつき)」と呼ばれる異形の敵を撃破していくスマートフォン向け美少女剣撃アクションRPGです。KADOKAWA アスキー・メディアワークスが発行するハイレゾリューションアニメマガジン「電撃G’sマガジン」で2015年6月より連載開始されたイラストノベル『天華百剣』を原作としています。本作の開発はDeNAの総指揮の元、これまで家庭用ゲーム機向け開発を経験したスタッフが集結して行われています。

【タイトル】 天華百剣 –斬- (てんかひゃっけん ざん)

『天華百剣 -斬-』事前登録ページ

【配信開始予定】 2017年春
【ジャンル】 美少女剣撃アクションRPG
【権利表記】 ©KADOKAWA CORPORATION 2016 ©DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.

 

<参加イラストレーター>

あかざ、天海雪乃、池澤真、兎塚エイジ、okiura、osa、川上修一、きちはち、黒獅子、珈琲貴族、saitom、島田フミカネ、清水栄一×下口智裕、sho、高木正文、たかみ裕紀、ちょびぺろ、10mo、凪良、Nidy-2D-、白亜右月、深井涼介、refeia 他 (五十音順)

<あらすじ>

遥か昔より存在する悪しき魂の根幹〈凶禍(きょうか)〉。古来より〈凶禍〉は異形の物を生み出し、人の世に混迷をもたらしてきた。
刀を持つことが当たり前になった時代――
時の有力者たちは〈凶禍〉に相対する力を持つ存在を生み出した。それは〈巫剣〉と呼ばれる、少女の姿をした特別な刀。彼女たちは選ばれし人間と契約の儀式を行い、〈巫剣使い〉という主を得ることで力を解き放つ。
その後〈巫剣〉と〈巫剣使い〉は永きに渡り、不滅の存在である〈凶禍〉を封じるため、歴史の陰で戦い続けてきた。
――そして、時は「銘治(めいじ)」
刀を持つことが禁じられ、〈巫剣〉の存在が人々から忘れられた時代。
近代化により変わりゆく人と街――
その裏で〈凶禍〉との戦いが再び始まろうとしていた。

『天華百剣』公式サイト

『天華百剣』公式Twitter

『天華百剣 -斬-』公式サイト

『天華百剣 -斬-』公式Twitter

 

 

巫剣「小烏丸」 

巫剣「小烏丸」
(イラストレーター:島田フミカネ)

 

 

巫剣「七星剣」

巫剣「七星剣」
(イラストレーター:深井涼介)

 

 

巫剣「大典太光世」

巫剣「大典太光世」
(イラストレーター:saitom)

 

■関連サイトURL、公式Twitterアカウント

電撃G’sマガジンドットコム

電撃G’sマガジン公式Twitter

電撃G’sコミック公式Twitter

電撃ホビーウェブ

アスキー・メディアワークス 公式サイト

KADOKAWAオフィシャルサイト

DeNA公式サイト

 

■電撃G’sマガジン最新号について

「電撃G’sマガジン」

11月30日発売の「電撃G’sマガジン」は、表紙のほか『天華百剣』を大特集。

【誌名】 「電撃G’sマガジン」2017年1月号
【発売日】 2016年11月30日(水)
【特別定価】 1,090円(税込)
【特集】 『天華百剣』 ほか
【付録】 DENGEKI G’s NOVEL
ラブライブ! スクールアイドルコレクションPRカード 津島善子

 

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook