2013年11月01日(金) 19時17分
  • REVIEW

この音楽聞いてアガらない奴っていんの? スマホでお手軽モンハンワールド!『モンハン 大狩猟クエスト』

今や「ポケモン」と並ぶ国産ゲームの「エース」というか「最後の砦」か、 ともかく「本田グッジョブおもてるとおもう」でお馴染みモンハンの壮大な世界観をスマホでお手軽に楽しめる『モンハン 大狩猟クエスト』をご紹介。

 

 

monhundaishuryou_01

 

この音楽だけで「モンハンワールド」に軽くトリップ

 

日本6大ゲームメーカーにも挙げられるカプコン不動の看板タイトルで、コンシューマーで記録的な大ヒットとなり芸能人にも数多くの中毒者を生み出したことでもお馴染みの「モンハン」シリーズの、スマホ向けカードバトルとしてリリースされた本作。

芸能人の「○○にハマってます!」というブログ報告の真偽については置いとくとして、ともかくこの手のビッグタイトルがスマホで、しかも「カードバトル」という形式でリリースされると、「生理的にムリ!」とキモオタに遭遇した女の子みたいな拒絶反応を示す方もおられる。

 

monhundaishuryou_02 monhundaishuryou_03

 

しかし本作はそんな方にも「お前のツラだって大概だぜ☆」と力強くサムズアップしながらおススメできるほど「モンハンワールド」てんこ盛り。モンハンの魅力として欠かせぬパノラミックな世界観、特にやはり音楽が本当に素晴らしく、これを聞くだけであっという間にモンハン世界にトリップできる。

もちろん根本的には基本無料のカジュアルゲーム。コンシューマー版のボリューム、スケールとは比較にならないが、しかしそれを求めているというのであれは、筆者は紳士的に「買えコ●キ」と  Twitter でつぶやいたら炎上して退学させられそうなアドバイスを送るだけ。

本作はスマホでなおかつ無料で、「壮大な世界観の中、ドでかいモンスターをみんなと一緒にやっつける」というモンハンワールドを気軽に楽しみたい方や、実は今まで「モンハン」シリーズをプレイしたことのない方に向けられた「モンハン」であり、カジュアルゲーマーの方にピッタリの一本となっている。

 

要はソーシャルカードゲーム

 

monhundaishuryou_04

 

基本進行はマップからエリアを選択しクエストをこなしていくスタミナ制のカードバトルで、ぽちぽちと進めながら討伐対象の大型モンスターを発見し、討伐報酬などを手に入れさらにカードを強化していくという「無限ループ時代劇」の名作・水●黄門を彷彿とさせるエンドレスシステム。

早い話が「モンハンのソシャゲ化」なのだが、システムはテンプレでも、登場する大型モンスターや、壮大で一気に「ハンター気分」を味あわせてくれるサウンドなど世界観の作り込みはしっかりモンハン。テクニックがいらない分カジュアルユーザーにもモンハンの「雰囲気」を楽しめるようになっている。

 

monhundaishuryou_07 monhundaishuryou_06

 

クエストのバトル進行は、リーダーカードを下方向へのドラッグでスロットにセットし、指を離すと攻撃を繰り出す。まあやるこたぽちぽちのバリエーション。出現モンスターを倒すことで強化素材や「ゼニー」、新しいハンターカードなどが手に入る。

 

monhundaishuryou_11

 

スロットにセットできるカードは基本一枚だけだが、「鉱石発掘」やレイドボス戦などではカードを引いたまましばらく溜めて、それから放すことで複数枚のカードで攻撃したり、スキルを所持したカードのスキルを発動させたりすることができる。

 

monhundaishuryou_09 monhundaishuryou_10

 

クエスト中は「種まきイベント」や「チャレンジイベント」「フィーバークエスト」「ネコとブタのアツイ演出」といったレア素材などが入手しやすくなるレアイベントが派生することがある。

 

monhundaishuryou_12

 

またクエスト中には「資源ポイント」が手に入り、ノルマを達成していくことで「大狩猟バトル」で使うことができる戦闘用アイテムを手に入れることができる。

いずれもレイドボスに大ダメージを与える超強力な武器ばかりで、実は強力なカードを育てることと同じくらいに超重要要素となっている。

 

monhundaishuryou_05 monhundaishuryou_13

 

クエスト中にターゲットの大型モンスターと遭遇したら今度はデッキバトルが開始。プレイヤーが設定したデッキメンバーのカードたちとターン制のド突き合いバトルを繰り広げていく。

 

monhundaishuryou_14

 

ターゲットモンスターを討伐するとクエストクリア。クリア報酬の他に討伐報酬など様々なアイテムがもらえ、自分のデッキをさらに強化していくことができる。

実は序盤からでも案外クエストのボスモンスターが強く、デッキ強化や弱点属性などを無視して挑むとあっさりやられてしまうこともしばしば。だがクエストボスはリタイアしない限りダメージを引き継いだ状態でHPが回復されないので、何度も挑戦していれば必ず討伐できるようになっている。

 

monhundaishuryou_15 monhundaishuryou_16

 

そうして自分のレベルやデッキを強化していったら、いよいよ「ソシャゲ」と「モンハン」共通の醍醐味「レイドボス」に挑んでいこう。本作では「大狩猟」というレイドボス戦と「七竜杯」という対ギルド戦が存在する。

「大狩猟」は朝昼夜の1日三回実施されるレイドボス戦で、ギルドメンバーなど仲間と一緒にコンボ、スキル連携を繰り出し大ダメージを与え討伐を目指していく。モンハンでお馴染みの部位破壊なども属性攻撃で可能で、レア素材やレアカードが手に入る「秘境チケット」などが報酬としてもらえる。

「七竜杯」は毎週日曜に開催される最強ギルド決定戦で、土曜日夜までに大狩猟の報酬で「七竜の証」を集めたギルドだけが出場できる。ギルド対ギルドのバトルに勝利すると、その栄誉をたたえる称号と、大狩猟でもらえる以上の秘境チケットが獲得できる。

「みんなと一緒に」こそが、モンハンシリーズ最大の魅力。ギルドなどソシャゲならではのカジュアルな仲間たちをたくさん集めてレイドボス戦に挑んでいこう。

 

それにしたってエラー頻発が…

 

monhundaishuryou_17 monhundaishuryou_18

 

もちろん「カードゲーム」として欠かせぬイラストの美麗さや、カード自体を合成し「覚醒」させて絵柄も変化させるという楽しみ方もできる。

まあ本当に基本に忠実な「ソシャゲ」で、しかしブラウザゲームでは味わえないモンハンならではのサウンドやエフェクトが楽しめるため、コンシューマーゲームをプレイしようとは思わないけど、コンシューマーの雰囲気をちょっとは味わってみたいというカジュアルゲーマーにはピッタリ。

なのだが、このアプリ、リリースされて間もないとはいえあまりにもサーバーが不安定過ぎ。

こちらについてはユーザーレビューでも再三指摘され、現在アプリ上でも度重なる通信エラーとそれに伴う緊急メンテの連発にお詫びが表示されているが、正直リリース直後はWi-Fi環境であってもまともにプレイすらできなかった。

11 月 1 日現在では 3G 回線でも問題なくプレイできるようにはなっているが、イベント実施時など、今後もどうなるかわからないという不信感をユーザーに与えてしまった。6大メーカーの中でもトップクラスの技術力を誇るカプコンらしからぬ手抜かりだ。

個人的には、スマホでコンシューマー版により近い『モンスターハンタースマート』がリリース予定となっているのに、なぜこのタイミングで「モンハン」を「ソシャゲ」でリリースしなければならなかったのかが若干意味不明(しかも不安定て)なのだが、まあともかく「カジュアルゲーム」で「モンハンの雰囲気」を味わうには最適の一本だろう。

モンハンやってみたけど自分にはちょっとむずかしかったなんて方はもちろん、コンシューマー機を持ってないからプレイしたことがないという方、ゲーム機全部揃えているけどそもそも友達がいないからやったことがないなんて方にもおススメの一本だ。

 

タイトル モンハン 大狩猟クエスト
開発 CAPCOM
ジャンル ソーシャルカードバトル
掲載時価格 無料
公式サイト モンハン 大狩猟クエスト 公式プロモーションサイト 【カプコンオンラインゲームズ】

 

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook