2016年10月03日(月) 11時00分
  • NEWS

リベル・エンタテインメント、自社タイトル第 3 弾「次世代戦艦シミュレーションゲーム」開発発表

リベル・エンタテインメントは 10 月 3 日、自社タイトル第三弾となる男性向けオリジナルタイトルの開発を発表した。

 

 

<以下プレスリリース概要>

 

新規タイトル開発開始に関するお知らせ

 

株式会社リベル・エンタテインメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:林田浩太郎、以下:リベル)は、恋愛リズムアドベンチャー「アイ★チュウ」、イケメン役者育成ゲーム「A3!」に続く、自社タイトル第3弾となる男性向けオリジナルタイトルの開発を本日開始したことをお知らせいたします。

今回の開発プロジェクトにおきましては、当社の悲願であった男性向けゲームの進出であり、従来当社で取り込めていなかったユーザー層、「男性30代、40代50代」をメインターゲットとし、女性ユーザーとの差別化を図ります。本作品につきましても、当社が得意とする演出方法(声優陣・ナレーション・楽曲・プロモーションムービー等)につきましては、実績のある方を起用いたします。

また、エグゼクティブプロデューサーには当社代表の林田が就任し、当社3本目となるヒット作品の創出を狙います。

さらに新規タイトルにつきましても、開発段階から海外展開などを視野に入れ開発を進めてまいります。

 

◆新規タイトルの概要

タイトル:未定
ジャンル:次世代戦艦シミュレーションゲーム
配信開始日:2017年夏(予定)iOS版/Android版
制作・企画:株式会社リベル・エンタテインメント
開発・運営:株式会社ランド・ホー
価格:基本プレイ無料 (一部アイテム課金制)
対応OS:iOS/Android(機種によりご利用頂けない場合があります)
権利表記:©Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.
エグゼクティブプロデューサー:林田浩太郎

<林田浩太郎 プロフィール>
1983年、株式会社セガ・エンタープライゼス入社(現株式会社セガゲームス)、最終役職:開発部次長
日本のゲーム産業創成期から一貫して開発現場を経験し、ゲーム開発経験は30年を超える。
現在においても開発意欲は衰えず、鋭くゲーム市場動向を先読みし、ネイティブアプリの分野において2015年6月に恋愛リズムアドベンチャー「アイ★チュウ」の配信サービスを行い、開発・運営・海外進出・マルチメディア展開の指揮を行い、ヒット作を創出している。

代表作 ・アレックスキッド(セガMK3):企画、ゲームデザイン担当
・ファンタシースター(セガMK3):企画、ゲームデザイン担当
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ(メガドライブ):企画、ゲームデザイン担当
・シャイニングフォース(メガドライブ):企画プロデュース担当

<株式会社ランド・ホープロフィール>
本社:東京都大田区、代表取締役:塚本昌信。1999年創立。育成シミュレーション、ダンス、シューティン
グ、RPG、脳トレ、カードバトル、パズル、位置ゲー、キャラ物など、幅広いジャンルの作品を手掛けてい
るばかりでなく、Kinect、PS3、Wii、PSP、DS、携帯電話、iPhone、Android、PCと様々なプラットフォーム
での開発経験があります。
この経験を活かしたランド・ホーならではの作品を作り続けており、昨今では開発から担当した「サカつく
シュート!」の運営が3年目を迎えるなど運営でも数多くの実績を残しております。

代表作 ・Just Dance Kidsシリーズ(Wii):開発
・ダビつく シリーズ(PlayStation2/Dreamcast):開発
・サカつくシュート!(iOS/Android):開発、運営
・ドリフェス!(iOS/Android):開発、運営

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:ニュース ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook