2016年09月29日(木) 23時06分
  • NEWS

グリー、第2回 VR カンファレンス「Japan VR Summit 2」の11月16日開催を発表 テーマは巨大 VR 市場“中国”

グリー株式会社は、今年5月に主催した国内初の大型 VR カンファレンス「Japan VR Summit」の第2回目を2016年11月16日に開催することを発表。セッションの内容と登壇者情報も併せて発表されました。

 

国内随一の大型 VR カンファレンス「Japan VR Summit 2」2016年11月16日に開催

 

JapanVRSummit2_0929_01

 

今年のメインテーマは、製造・開発の拠点としても消費市場としてもアジアに留まらず世界最大の VR 市場と目される(※)「中国」。中国及び海外からも業界キーマンを登壇者として招待し、VR ビジネスの現状と今後の展望を語るセッションが開催されます。

※リサーチ会社のiiMedia Researchによると、中国のVR市場規模は2016年に56.6億元(約870億円)、2020年には556.3億元(約8570億円)に達すると予測されています。

 

また、最新 VR 機器・コンテンツが展示されるデモスペースも前回の2~3倍の規模で出展されることが明らかにされました。

ゲーム業界・デジタルコンテンツ業界から大きな注目が寄せられる「Japan VR Summit 2」。テレビ・メディアでも大きく取り上げられる「VR」の最新情報が集まるという事で、ゲームファンにとってもその内容が気になるところでしょう。

スマホ用 VR ゴーグルや VR を活用したアプリも続々登場する昨今、スマホゲームの面からも見逃せない「Japan VR Summit 2」、9-Bit でも注目していきたいと思います。

 

「Japan VR Summit 2」事前説明会の様子

9月29日に行われた「Japan VR Summit 2」事前説明会では、VR コンソーシアムの藤井氏が2016年前半の VR 業界の状況について解説しました。

 

JapanVRSummit2_0929_02

▲一般社団法人 VR コンソーシアム
 代表理事 藤井直敬氏

 

藤井氏は 2016 年の国内 VR 業界の関連企業一覧を紹介し、半年前に比べると VR 関連で大きな存在感を持つ企業の数が倍増していると説明。また、これから半年後には更に増え VR 事業への投資額も増加すると予想しました。

 

JapanVRSummit2_0929_03

(※Japan VR Summit 2 報道関係者向け事前説明会 資料より)

 

また、グリー株式会社の荒木氏より Japan VR Summit 2 開催概要、及び登壇者情報が発表されました。

 

JapanVRSummit2_0929_04

▲グリー株式会社
 取締役 執行役員 荒木英士氏

 

今回のカンファレンスのメインテーマに「中国」を掲げた理由として、荒木氏は「100社以上の VR 関連機器メーカーが存在し、また日本・欧米と異なりハードウェア・プラットフォーム・コンテンツ・コミュニティといったサービスを分業ではなく1社が一気通貫に提供する傾向のある中国企業から学ぶことは多い」と説明し、下記の中国企業から登壇者が参加することを明らかにしました。

 

・Baofeng Mojing
中国トップクラスのモバイル VR メーカー&プラットフォーマー。モバイル VR ヘッドセットの開発・販売、モバイル VR プラットフォームの運営、VR ゲーム開発、VR SNS 制作・運営、と全方位で VR サービスを手がける。

暴风魔镜官网-好奇者的新玩具

 

・3Glasses
中国トップクラスの PC VR メーカー。VR 業界で10年以上の実績を持ち、ウェアラブルデバイス、VR ヘッドセットの開発・販売、VR アプリストアの運営を手がける。

3Glasses | Virtual Reality Headset

 

・Shanghai Famiku Co., Ltd.
2016年内に100店舗の VR アミューズメント施設の開設・運営を行う中国トップクラスの VR アミューズメント会社。マシンの製造、コンテンツ開発も行う。

FAMIKU::举佳爽::我们专注于虚拟现实

 

・Beijing Pico Technology Co., Ltd.
高い性能を誇る一体型モバイル VR ヘッドセット、PC VR ヘッドセットの開発・販売を行う。

Pico | A New Reality

 

中国 VR 市場の業界マップにおける各社の立ち位置を見ると、様々な分野のトップランナーを網羅していることが伺えます。

 

JapanVRSummit2_0929_05

(※Japan VR Summit 2 報道関係者向け事前説明会 資料より)

 

また、国内からも錚々たるメンバーの参加と各セッションのタイトルが発表されました。

 

Japan VR Summit 2 セッション・登壇者一覧

Session1:VR トッププレイヤーが描く2020年のビジョン

登壇者:
Joel Breton(HTC Vive / VP Global VR Content)
高橋 泰生(ソニー・インタラクティブエンタテインメント / グローバル商品企画部 担当課長)
浜村 弘一(カドカワ株式会社 / 取締役 ファミ通グループ代表)※モデレーター

 

Session2:世界最大?中国 VR 市場のポテンシャル

登壇者:
Zeng Xianzhong(BaoFeng Mojing / Vice President Partner)
Jessie Wang(3Glasses / Founder & CEO)
Frederick(Shanghai Famiku Co.,Ltd. / CEO)
Karen Zu(Beijing Pico Technology Co., Ltd. / CMO)
田中 章雄(インフィニティ・ベンチャーズLLP / 共同代表パートナー)※モデレーター

 

Session3:先駆者から学ぶ~VR アトラクション編~

登壇者:
速水 和彦(株式会社セガ・ライブクリエイション / 取締役 施設事業推進部部長)
中嶋 啓之(株式会社ユー・エス・ジェイ / コンテンツ開発室 室長)
小山 順一朗(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
田宮 幸春(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
新 清士(Tokyo VR Startups株式会社 / 取締役)※モデレーター

 

Session4:さまざまな産業における VR/AR の活用事例

登壇者:
Tony Mugavero(Little Star Media, Inc. / Founder, CEO)
馬場 功淳(株式会社コロプラ / 代表取締役社長)
川島 優志(Niantic Inc. / アジア統括本部長)
久保田 瞬(株式会社Mogura / 代表取締役 Mogura VR編集長)※モデレーター

 

Session5:投資家が展望する VR の収益化

登壇者:
Tipatat Chennavasin(The VR Fund / General Partner)
Toby Zhang(CRCM Venture Capital / Partner)
Kevin Zhang(Upfront Ventures / Principal)
筒井 鉄平(GREE VR Capital, LLC / Managing Director)※モデレーター

(順不同、敬称略)

 

「Japan VR Summit 2」詳細

JapanVRSummit2_0929_06

 

日時:2016年11月16日(水) 9:00開場 10:00開始(21:30終了)

会場:ロイヤルパークホテル(水天宮)

主催:グリー株式会社、一般社団法人 VRコンソーシアム

運営:Japan VR Summit事務局

参加費:
早割(10月25日まで)およびVRC会員料金:32,000円(税込)
正規料金:50,000円(税込)

概要:
VR市場におけるキープレイヤーによるパネルディスカッションの他、協賛および招待企業によるデモ展示を実施。

参加申し込み方法:
Japan VR Summit公式サイトの「お申し込み」ボタンより、チケット販売サイト(Peatix)へ遷移し、お申し込みください。

公式サイト

Facebook公式アカウント

 

第1回「Japan VR Summit」の様子

JapanVRSummit2_0929_07 JapanVRSummit2_0929_08

JapanVRSummit2_0929_09 JapanVRSummit2_0929_10

このライターの記事一覧:コケタニ
関連ワード:イベントレポート, ニュース ,

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook