2016年09月16日(金) 15時08分
  • NEWS

【TGS2016】 今年のゲームショウは VR と乙女ゲームでぶっ飛びすぎぃ! ビジネスデイとは思えぬ盛り上がりを見せた「東京ゲームショウ2016」レポート

2016 年 9 月 15 日、国内最大規模のゲームイベント「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」が千葉県・幕張メッセにて開幕しました。今年は多くのメーカーが「VRコンテンツ」を用意したこともあってか、大盛況となった「TGS 2016」ビジネスデイの模様をお伝えします。

 

 

今年の目玉はやはり VR! 「ロマンスゲームコーナー」は今年もぶっ飛んだ企画で大盛況!!

 

TGS2016

 

 

今年で 20 周年を迎える国内最大級のゲームイベント「TGS2016」が千葉県・幕張メッセにて開幕しました。

今年はソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパン(SIE)が 10 月 13 日発売予定の「PlayStation®VR」の体験ブースを大々的に展開するのを筆頭に、コンシューマー、スマホとデバイスに関係なく各社 VR コンテンツを多数出展。

ビジネスデイにもかかわらず TGS2016 初日となる 15 日は前年の 29,000 人を上回る 31,000 人もの来場者が幕張メッセに足を運び、その多くが VR 体験コーナーに足を向けていました。

 

TGS2016

TGS2016

TGS2016

TGS2016

TGS2016  

TGS2016 

 

今回各ブースで用意された VR コンテンツはいずれも工夫を凝らしたものばかりで、中には完全に「踏み越えてはいけないライン」を余裕でぶっちぎる危険な VR 体験コーナーも。

VR ゴーグルを被って夢の仮想世界に飛び立ち、時折完璧イッてる笑顔を浮かべる来場者たちを目の当たりにすると、「昔の映画に出てくるアヘン窟ってこういう感じだったんだろうな」とても楽しそうだなとついつい生暖かい視線を飛ばしてしましました。

 

さて、そんな多幸感あふれる VR コーナーに負けず劣らずぶっ飛んでいるのが、「ロマンスゲームコーナー」をはじめとした「乙女ゲーム」コンテンツ。

ここ数年、イケメンによる「壁ドン」「あごクイ」体験コーナーを出展し話題を集めるボルテージは今年「椅子ドンVR」で勝負。

これまでのイケメンモデルとはひと味違う、バーチャルだけどリアルな甘く危険な体験は、早々に受付が中止となるほど来場者が殺到しました。

その他にも恒例のイケメンモデルを起用した「リアル“恋アプ”体験」コーナーなど、ブースの周囲では女性客の黄色い悲鳴がやむことがありませんでした。

 

TGS2016

TGS2016

 

方や DMM GAMES ブースでは『刀剣乱舞』の人気キャラクター「三日月宗近」と語らえる「DMM GAMES VR x 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.体験会」を実施。

 

TGS2016

 

ヘッドマウンドディスプレイを装着すると目の前には本丸の縁側が広がり、「戻ったぞ」との台詞とともに「三日月宗近」が登場! ちなみに現実サイドはこんな感じ。

 

TGS2016

障子に向かってひとりごちる独居老人みたいでとてもステキです。

 

このほかにも二次元世界にトリップしてのバーチャルイチャイチャ体験や、イケメンモデルによるセクハラ一歩手前のドキドキ★体験など、「ゲームショウ」という言葉の定義を問い直したくなる魅力的な乙女向けコンテンツが盛りだくさんとなっています。

 

TGS2016

TGS2016

TGS2016

 

もちろん新作ゲームの試遊コーナーや新情報などを発表するステージイベントなども多数実施されますし、当然コンパニオンはみんなサイコーです

 

TGS2016

TGS2016

TGS2016

TGS2016

TGS2016

TGS2016

TGS2016

 

いよいよ明日 9 月 17 日から一般公開される「TGS2016」。

多数の来場者が訪れ、天候も若干心配されますが、ここでしか味わえない年に一度のお祭りに皆様もご参加してみてはいかがでしょうか。

 

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:ニュース ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook