2016年09月02日(金) 18時52分
  • NEWS

【アダルト VR エキスポ 2016 レポート】アダルトコンテンツに見る「スマホ VR」の現状「デバイス編」:次の課題は「触感」 VR の進化形態は次回のエキスポで!?

アダルト VR エキスポ 2016 に出展された数々の「次世代型」アダルトコンテンツを紹介するレポート、最終回となる第3弾では視覚はもちろん五感を刺激するデバイスとエロの華麗で淫靡なアンサンブルをご紹介致します。そこからスマホ VR、そして VR が有する課題が見えてきました。

 

アダルト VR の醍醐味は「インタラクティブ」にこそあり! VR で活用されるデバイスとは

 

これまでのレポートで紹介してきたのはいずれも VR コンテンツを「見る」ことに主眼を置いたものでした。しかし、VR の醍醐味は何と言っても「仮想世界で好きなことができる」、つまりインタラクティブなコンテンツを楽しめるところでしょう。見るだけじゃ物足りん! 触れてこそのエロやでぇ!!!というわけです。

そこで、アダルト VR エキスポ 2016 最後のレポートは、VR コンテンツにインタラクティビティを与える「デバイス」を如何にアダルトで活用しているのか、その事例をご紹介しながら、スマホ VR の課題について考えていきたいと思います。

…と堅い導入部分になってしまいましたが、VR 時代の“次世代型オナホ”の姿を気軽にご覧くださいませ。

 

「VR」+「ドローン」+「美少女」 トレンドを取り敢えず詰め込んだアダルト VR 版「進撃の巨○」

まず最初はスタンダードなところからご紹介していきましょう。

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3390

 

インタラクティブと言えばゲーム。ゲームと言えば、そう、ファミコン時代から脈々と受け継がれてきたゲーム用コントローラ「ゲームパッド」です。これを使ってしまうとコンテンツも既存のゲームをなぞったようなものになってしまいがちですが、そこはエロのパワーで常識と既成概念をブチ壊してほしいところです。

そんな既成概念をブチ壊すと言うか斜め下辺りを華麗に駆け抜けていくような VR コンテンツが、白濁プロジェクトが出展するアダルト VR アクションゲーム『ザ・ドローン』です。

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3414

AdultVRExpo2016_Device_0827_3411

 

プレイヤーはドローンとなり、性交中の(巫)女型の巨人と超大型老人の性器に体当たりをして破壊するという『ザ・ドローン』。そのちっぽけな機体で巨大な姿に挑む姿は正に「進撃の巨○」そのもの! 巨躯マニアの方にはたまらない一品となっております。

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3395

 

プレイ中は思わず上を見上げてしまうシーンが多く(その理由は画像を見て考えてみてネ!)、筆者は巨人の巨体を堪能している内にタイムアップでゲームオーバーになってしまったのですが、正直言うとひたすらエロい行為をし続ける巨人の姿を見ても「エロいな!」とか思わないんですよね。なのに、何故かプレイ中は「フヒッ」と変な笑いが止まらないという。シュール過ぎるんだよォォォッ!

VR、ドローン、進撃の巨○、とこの頃流行りのキーワードをブチ込んでみました的な良い意味での潔さ、恐らくは酒かっくらいながら「VR でドローン飛ばして巨人のチン○に体当たりしたらおもしろいんじゃねーのwww」と冗談で思いついたんだろうなという世界が実際に体感できるというところが VR の最大の醍醐味と言えるでしょう。それが『ザ・ドローン』最大の功績なのではないでしょうか。

 

現段階ではこれが最適解か モーションコントローラでメイドをなでる、めくる、もむ、髪をかきあげる… 『カスタムメイド3D2』

AdultVRExpo2016_Device_0827_3455

 

こちらはハイエンドの PC 用 VR ゴーグル・HTC VIVE とその専用コントローラ。セットで約10万円にて発売されております。

これを使って自分好みにエディットした美少女メイドさんを触ったりいじったり、そして性行為まで好き放題できてしまうという夢のようなゲームが『カスタムメイド3D2』(Windows 用)です。

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3668

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3532

▲コントローラを握り、動かすと…

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3518

▲画面の中ではその動きに合わせてもみもみもみもみ…

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3526

▲下からスカートをめくって覗きこむ、なんてことも可能。

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3552

▲…となると、まぁこういう態勢にね、そりゃなりますわなぁ。

 

そしてこの『カスタムメイド3D2』で肝心なのが、もう1つのこちらのコントローラ。

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3664

 

ゲーム内のメイドさんに連動しているというオナホ型ワイヤレスコントローラ『Chu-B Lip』。これを使えば、 VR 空間の中で本当にメイドさんとシているような感覚に…! 正に次世代型バーチャルセックスの具現化と言っていいでしょう。

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3590

▲こうして Chu-B Lip に“棒”(※今回はダミーを使用)を挿してピストンすると…ッ!

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3581

▲目の前でメイドさんが喘ぐ! 喘ぐ!! 喘ぐ!!!

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3567

▲「アアアァァァァァアアアアアッ!!!」(←荒ぶりすぎ)

 

『カスタムメイド3D2』は非常にカスタマイズの自由度が高いため、センスのある人がエディットすれば某アニメやゲームのキャラそっくりのメイドさんを作ることも可能だとか。

 

AdultVRExpo2016_Device_0827_3613

AdultVRExpo2016_Device_0827_3658

 

社員の方曰く、『Chu-B Lip』は「注文が殺到しているため現在品切れ」との事ですが、夢のマシンなだけに当然の結果でしょう。あまり製造・販売されてしまうとバーチャルの世界から帰ってこられなくなる成年男性続出の危険性もあるので、品切れで良かったかも…

 

Custom Maid 3D2 公式サイト

 

(次ページ:アダルト VR の次なるステップと課題は「触感」 今、最も“リアル”感じさせるデバイス=「ダッチワイフ」+VR の最新事情をご紹介!)

 

このライターの記事一覧:コケタニ
関連ワード:イベントレポート, ニュース , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook