2013年10月22日(火) 16時24分
  • REVIEW

秋の夜長は、ミステリアスなファンタジーで。 全世界で愛された傑作パズルミステリー最新作『The Mansion: 動く部屋のミステリー』

魅惑的な世界観とキャラ、幻想的でミステリアスなストーリー、多彩なギミックアクションを駆使するパズル性が国内外で絶賛された掛け値なしの傑作パズルの最新作『The Mansion: 動く部屋のミステリー』をご紹介。

 

 

themansion_014

 

ようこそ不思議なマンションへ。君のことをずっと待っていたよ、アン…

 

 

伝説のおもちゃ職人が建設した謎のマンションに迷い込んでしまった少女「アン」が、各部屋の様々なトリックを解きながらマンションの中心部に進み、天才職人の「隠された秘密」を見つけてマンションからの脱出を図るフル 3D パズルアドベンチャーとなる本作。

ニンテンドー DS でもリリースされ、全世界で絶賛されまくったパズルゲームのアップデート版となる本作について、今さらながらに改めて絶賛するものなんだが、もうただただ素晴らしい。

 

themansion_008

 

themansion_012

 

魅力的なグラフィックとキャラクター、幻想的なサウンドが作り上げる、まるでおとぎ話のような不思議な世界観。アプリ全体に漂うダークで、ファンシーで、ファンタジックな雰囲気の中で、不思議とロマンに満ちたギミックアクションで解き明かしていくパズルゲームとしての爽快感。

 

themansion_017

 

themansion_019

 

ゲーム進行に合わせ解明されていく「天才職人の秘密」にまつわるストーリーも絵本のように読み進めることができ、難易度も程よいレベルだから大人から子供まで、心行くまでゲーム世界に浸りながら楽しむことができる。

秋の夜長をちょっぴり頭使いながら、情緒たっぷりに過ごしたい方にピッタリの一本となっている。

 

世界観にマッチした多彩なギミックアクションが素晴らしい

 

themansion_015

 

 

themansion_052

 

ゲームは4つの「テーマ」内にある各ステージをクリアしていくパズルアドベンチャーで、一部屋ずつパズルを解きながらマンション内部を進んでいく。ステージクリアに失敗すると行動力のカギが一つ消費。カギは時間経過で回復する。

ステージ内のローマ数字で示された部屋をクリアすると、「天才おもちゃ職人の秘密」にまつわるストーリーを絵本のように読んでいくことができ、パズルだけでなくファンタジーものの物語としても楽しめるようになっている。

最初のテーマは 24 ステージあり、全ステージを完全クリアするか、課金アイテム「コイン」を200使って購入するかで新しいテーマに挑むことができる。

 

themansion_100

 

各ステージは、ブロックに分かれた部屋をタップ操作で空白部分に動かしながら、間取りを正しいものに入れ替えて出口を目指す、いわゆるスライディングブロック型のパズル。

動かせるブロックはアンがいる部屋のみで、ステージごとにブロック移動の制限回数は画面左のダイヤル式メモリで表示される。この数字が0になるとゲームオーバーだ。

 

themansion_059

 

themansion_091

 

単にブロックを動かしていればいいというパズルではなく、電話機が設置された部屋に移動できる「魔法の瞬間移動電話機」、互いの部屋の位置を入れ替える「魔法のクローゼット」など、多彩で作品のテーマにマッチしたギミックアクションを駆使していくところが、このゲームをより魅力的にしている。

またステージを進めていくとアイテムがアンロックされていき、アイテム使用でより効率的にクリアを目指すこともできる。アイテムは基本コインでの購入となるが、アイテムの「体験」からお試しステージでアイテムを使用し、かつ1つだけそのアイテムを入手することができる。

が、序盤はほとんどチュートリアルで、難易度的には名前を書けば入学できると噂される大学の入学試験よりもはるかにカンタン。もちろん徐々に難易度は上がっていくが、それでも決して難しいパズルではなく、アイテムを使わなくても、最初のテーマのクリアだけならおそらく誰でもすぐにできるだろう。

 

themansion_131

 

どうしてもクリアできないステージにぶつかったら、課金アイテムに頼る前にナビゲーター役の「ランタン」を長押しして部屋を照らしてみよう。すると「部屋の正しい形」がラインで囲われ、さらに「正しい位置」にない部屋はグレーアウトで表示される。部屋を正しい位置にセットすれば、背景がピタリと一致し、すべての部屋に色が付くのだ。

 

themansion_106

 

ステージによってはすべての部屋を正しい位置にセットしなくてもクリアできるが、クリア時の3段階評価で3つのパズルピースをもらうことができないので、ヒントを頼りに完全クリアを目指してみよう。

 

themansion_080

 

themansion_132

 

また部屋の中には、「呪われた操り人形の欠片」が散らばって配置されていることがある。欠片のある部屋同士が、壁のない状態で一列につながると、欠片が徐々に集まっていく。そしてすべての欠片が集まると「呪われた操り人形」が完成してしまう。

操り人形とアンを同じ部屋に入れてしまうと、アンに「呪い」がかけられゲームオーバーとなってしまう。操り人形はアンの動きを真似て移動するので、人形が完成してしまった場合は、うまくアンを移動させながら「魔法の瞬間移動電話機」「魔法のクローゼット」などを使って遠ざけていこう。

 

これ、もしかしてアイテム必須…?

 

themansion_134

 

このように各ステージをクリアしていき、最初のテーマ内の24ステージを「完全制覇」したら次のステージ…、となるのだが、アイテム不使用での縛りでプレイしている筆者はどうにもこうにもレベル 18 だけ完全制覇ができずにいる。

 

themansion_119

 

レベル 18 は、はっきり言って難易度的にはなんてこたーない。制限移動回数 9 回で、すでに設置されている魔法の電話と魔法のクローゼットを使いながら真ん中の出口に向かえばいいだけ。

ちなみに何度もプレイしていると、部屋の配置が左右入れ替わったり、アンのスタート位置が若干変わったりもするが、基本の脱出方法は同じだ。

 

themansion_128

 

まず一番上の梯子と電話機が置かれた部屋を、クローゼットのある部屋の上に動かして、電話機でスタート地点に戻ったら今度は左にある魔法のクローゼットで部屋を入れ替えて…、とやっていき、移動回数1を残して部屋の配置を完璧にセット。

ところがこれでは何度やっても3段階評価で2点しかもらえないのだ。

アイテムを使わずにやろうとしたらこれ以上ベストの方法はない(と思う)。見落としがあるのかと、筆者は思わず Youtube で数少ないプレイ動画をさらってみたが、これ以上の方法は確認できなかった。あとはアイテムを使う以外に手はないはずだ(多分)。

満点評価を得るためにはアイテムを使って移動制限回数の残りを2以上残すことが必要なのかもしれない。

 

themansion_135

 

ここまで進めていけば、すでに3つのアイテムがアンロックされていて、このステージ使える「ギア」と「電話機」を、前のステージで使用していなければ一個ずつ残っているはず。

テーマを完璧にクリアしない限り、新しいテーマは課金アイテムのコインを使って購入しないとプレイできないため、アイテムが残っているユーザーは試しに使用してみて満点評価を目指してみよう。

もちろん筆者が見落としているだけで、アイテム使わなくてもレベル 18 を満点クリアできるのかもしれない。というかA 型なのに初対面の人に必ず「B でしょ」と言われるほど大雑把な性格をしている筆者なら見落としの可能性は十二分。もう一回他の方法を探してみよう。

 

themansion_136

 

まあ仮にアイテム不使用での完全クリアができないとしても、はっきり言ってこのゲームは金を払う価値が十分ある。というか筆者は金払う。

ギミックアクションを駆使するスライディングブロックパズルも非常に高品質で飽きが来ないし、なにしろ世界中で「芸術的」とも評された世界観がとにかく素晴らしすぎる。

さらに今ならオープンイベントとして、最初の10ステージクリアで100コインがプレゼント、さらにレビューを書けば100コインもプレゼントされる。つまりタダで新しいテーマを購入することができるのだ。今やらない手はない。

トレーラーを見て世界観に一目ぼれしてしまった方はもう文句なしに、ファンタジックなストーリー性をもったパズルゲームをやってみたい方、人間のタイプを4種類に分けるという大雑把すぎる血液型性格診断で「性格が雑」と言われなき偏見を受け続けてきた繊細な性格をしたB型の方などにもおススメの一本だ。

 

 

タイトル The Mansion: 動く部屋のミステリー
開発 Com2uS USA, Inc.
ジャンル パズルアドベンチャー
掲載時価格 無料
公式サイト The Mansion: A Puzzle of Rooms – Com2uS Mobile

 

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook