2013年10月08日(火) 13時00分
  • INTERVIEW

【Creator’s Voice】株式会社シェード 代表取締役社長 横田幸次氏インタビュー 第ニ回「“チャンネル化”していく娯楽の中の1つとしての“ゲーム”」

株式会社シェード(以下「シェード」)横田幸次氏のインタビュー第二回となる今回は、引き続き『Destroy Gunners』についてのお話、海外市場について、そしてスマートフォンアプリ市場の今後についてお話を伺った。

 

『Destroy Gunners』への思い。「ZZ」は何て読むの?

 

9-Bit: 『Destroy Gunners』はシェードのスマートフォンゲーム第1号ですし、今やシェードを代表するタイトルですので横田さん御自身も強い思い入れがあるんでしょうね。

 

横田氏: そうですね。思い入れはすごくあります。ただ、今は自分の手を離れて多くのスタッフの手によって作られているものですから… まあ、自分としてはそういう風に設定したんじゃないのになー、と思う点もありますよ。

 

9-Bit: そうなんですか(笑)

 

横田氏: 新しい設定とか、キャラのネーミングとかも、そういうのじゃないのになー…と思うところも、ちょっと(笑)。でも、原作者から手を離れたら、後はもうお任せします、とならざるを得ないとも思いますけど。

 

9-Bit: 原作の漫画とアニメは違う、みたいな、そういう感覚ですね。

 

横田氏: でも、そうなっていくのが逆に面白いかな、という目線で見ています。

 

9-Bit: シリーズの中で、一番お気に入りはどのタイトルですか。

 

横田氏: そうですね、一番は最新の『Destroy Gunners ZZ(ダブルゼット)』です。ダブルゼット、って言うか… まあ、色々な読み方があるんですけども。

 

destroygunnerszz_title

待望のソーシャル機能を搭載した大人気シリーズ最新作!3Dアクション・シューティング『Destroy Gunners ZZ』

 

9-Bit: え? 正式名称は何て言うんですか?

 

横田氏: えーっと、正式名称は… 実はないんです(笑)。皆勝手に呼んでます。

 

9-Bit: えっ、勝手に呼んでいいんですか?

 

横田氏: 勝手に呼んでいいんです。

 

9-Bit: 私は“ダブルゼータ”派なんですけど…(笑)

 

横田氏: ダブルゼータだの、ダブルズィーだの、ツインゼットだの。いろんな読み方がありますけど、それはもう皆さんにお任せします。

 

9-Bit: つまりメーカー公式名称はない、と。

 

横田氏: 読み方は、そうです。最近、“Z”付けるのが流行ってるなー、みたいなノリでしたし。

 

9-Bit: あー、確かに、“Z”って付けたくなりますよね。“Z”とか、“X”とか…

 

横田氏: 何かちょっとカッコイイと言うか、引き締まると言うか。

 

9-Bit: 確かに(笑)。我々の世代では、Zが2つ並んだらもう“ダブルゼータ”しか思いつきませんけどね(笑)。

 

横田氏: そうそう、私もそれが頭に浮かぶのでそれかなーと思っていたんですけど、“ゼータ”と読ませるのは外国人にはピンと来ないんじゃないかな、と思ったので正式名称にはしませんでした。当社のアプリは海外のユーザーも多いので… 実際、海外のユーザーは何て読んでるんだろうな、っていつも疑問に思ってます(笑)。

 

海外対応:国や地域によって異なる特性にどう対応するか

 

shade_yokota_06

 

9-Bit: ちょうど話が出てきましたので、海外市場についてお訊きします。横田さんの目から見て、国内市場と比べて海外市場についてどのような印象を持っていますか。

 

横田氏: 特にマネタイズに関してはそれぞれの国によって傾向が異なりますので、やはりそれぞれの国の国民性を理解しないと収益が上がらないだろう、という点は強く感じますね。

 

9-Bit: 今はまだ日本と同じようにしているんでしょうか。

 

横田氏: そうです。今はまず日本と同じシステムでリリースしてみて、それぞれの国の特性を把握しつつある状況です。コンテンツについてもやはり国によって好みがありますし、マネタイズが全く伸びない地域というのもあります。ダウンロードは伸びてる、だけど収益が上がらない。じゃあどうすればいいんだ、と。そうなると広告モデルの導入を検討しなければならない地域もありますし、同じコンテンツでも国によってゲームの楽しみ方やお金の使い方が全く違うというところを今一生懸命分析しているところです。

 

9-Bit: 色々な国の中でも、特に印象に残った地域・国はどこですか。

 

横田氏: ヨーロッパの人はもっとゲームをプレイするだろうと思っていたんですけど、あまりそうでもないというのが意外でした。逆にアジア圏は、スマートフォンでゲームをやるというスタイルがかなり根付いているなという印象です。

 

9-Bit: ヨーロッパはもっと多いかなというイメージがありますね。

 

横田氏: 東欧辺りのユーザーになると、今までに家庭用ゲーム機にあまり触れたことがない人達が初めてゲームというものに携帯電話、スマートフォンで触れているのではないか、という事を感じますね。そういう人達向けのインターフェースは、キーパッドのようなものをデザインしてもあまり受け入れられない、という印象があります。

 

9-Bit: これからはアフリカ辺りにもスマートフォンと共にゲームが普及していく事を考えると、ボタンやキーなんてなくて、画面しかない、というのが当たり前という人向けにデザインすることを前提に考えなければならない必要が出てきますね。

 

横田氏: 例えば『Destroy Gunners』シリーズは従来のゲーム機のコントローラをスマートフォン向けに置き換える形でインターフェースを作っていますけど、そうではない形のゲームデザインをシューティングや3Dアクションではどうやって作っていかなければならないのか、という事はいつも考えていますね。

 

スマートフォン・ゲームアプリ開発の未来は?

 

shade_yokota_07

 

 

9-Bit: ゲームというアプリケーションは今後どのような形になっていくと予想していますか。

 

横田氏: そうですね… 私は、チャンネル化していくんじゃないかなと思ってます。

 

9-Bit: チャンネル化、というのは?

 

横田氏: 将来的にはあらゆるコンテンツが、ハードウェアの中でテレビのチャンネルを切り替えていくように選択されるようになると考えているんです。チャンネルを切り替えるようにメールをするし、テレビも見るし、ゲームもする。そういう風に、ゲームのチャンネルに合わせて楽しむ、という形になるんだろうなあ、と。今まではゲームというコンテンツをどこかから買ってきたわけですけど、チャンネルを切り替えればゲームが起動してプレイできる、と。

 

9-Bit: 実際、auスマートパスのように定額で使用料を払って色々なアプリをどれでも利用できる、というサービスがありますし、テレビでもCS放送がそれに近い形態ですよね。確かにそういう方向に向かっているように感じますね。

 

横田氏: そこから更に進んで、アプリだけじゃなくて、テレビや音楽、テキスト、あらゆるコンテンツがインタラクティブになって同じデバイス上で楽しめるような世の中になると思うんですよ。

 

9-Bit: そういう、今までは他のものという扱いだったコンテンツと同じ土俵にゲームがある、という形ですね。

 

横田氏: そうです。わざわざゲームを起動して遊ぶのではなく、思いついたらチャンネルをカチャカチャと回してゲームの続きを遊んで…という遊び方に合わせた作り方をしなければならないのかな、と思っています。

 

9-Bit: そうなると、ゲームはますますライトなものになっていくというイメージもありますが…

 

横田氏: いえ、そこはやはり住み分けができると思うんですよね。カジュアルなものとは別に、マニア向け・コア向けの市場はチャンネルの1つとして存在していくでしょう。そうやって細分化して、それがまた融合して…というのを繰り返して、また新しい形にコンテンツが進化していくものなんでしょうね。

 

9-Bit: そういう未来が来ると仮定して、その中でシェードとしてはどう立ち回っていきたいと考えていますか。

 

横田氏: やはり高機能化していくスマートフォンやデバイスの機能を活かした、特色のあるコンテンツを作っていって、シェードのチャンネルに行けばどれを遊んでも楽しい・面白いと感じるユーザーを獲得していきたいですね。

 

(第三回へ続く。次回は10月11日公開予定です。)

 

このライターの記事一覧:コケタニ
関連ワード:Creator’s Voice ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook