2013年10月07日(月) 12時00分
  • REVIEW

オレの間合いに入るにゃ、命が欲しければにゃ。 必殺 “ROOM”で敵をやっつけろ!『オペオペのにゃんこ~ONEPIECEはオレが頂くニャー~』


中途半端に混みあった電車などで遭遇する、スペースがあるのになぜか目の前にずいっと入ってくる「距離感ゼロ」の鬱陶しい奴をぶっ飛ばしたくなる方にオススメの『オペオペのにゃんこ~ONEPIECEはオレが頂くニャー~』をご紹介。

 

 

opeope_01

 

顔近ぇんだよっ! 好きになっちゃったらどうすんだ!

 

opeope_06

 

拡大・縮小を繰り返す「パーソナルスペース」の間合いに指定された人数が入り込んできたら「顔近ぇんだよおっさん!」とタップ一つで一刀両断、「他人との距離感」の重要性を教えてくれる「土足でオレの領域に入ってくんなよ」型タップアクションの本作。

距離感近すぎで鬱陶しいのはおじさんとおばちゃんというのは衆目一致することだが、それ以上にタチが悪いのは、狙ってるのか無意識なのか、誰彼構わず「距離感ゼロ」で接するソコソコ可愛い女の子。

 

opeope_07

 

ボディタッチ寸前の無防備すぎる距離感で、満面の笑みで接するものだからモテない男に限って「俺に惚れてる」と勘違いしまくり。その子が他の男と仲良くしているとこ見るだけで嫉妬しまくりされまくりで、「男の友情」などM78星雲の彼方でお星さまに。

さらに「バカとぶりっ子」にストレスマックスな女性陣が陰口叩きまくって女の子を総シカトするという永久機関並みの悪循環が生み出す「地獄絵図」のようなギスギスした空間。

「勘違いバカ」の一人で地獄絵図な職場で働いた経験のある筆者にとって、今や「距離感ゼロ」の女の子(※但しかわいい子に限る)はタマヒュンもののトラウマに。近ぇんだよ。そんないい匂いさせたら好きになっちゃうだろ。

そんな筆者に限らず、距離感ゼロな連中にトラウマ的警戒心を持つようになってしまった方々にとって、本作は「きゃああ!!」と悲鳴上げながらビタースウィートな思い出とともに全てをぶち壊したくなる衝動に駆られる一本となっている。

 

勝手に部屋入ってくるんじゃねえよババァ!

 

opeope_13

 

ルールもゲーム進行もとにかく簡単で、拡大・縮小を繰り返すパーソナルスペースに部外者が入ってきたら「俺の部屋に入るんじゃねえよババァ!」と壁ドンする勢いで画面をタップして、指定された数の敵をぶっ倒していくだけ。

 

opeope_11

 

opeope_12

 

クリア範囲指定された人数のプラマイ1までの人数で、斬った敵の数がクリア範囲を上まるか下回るとその時点でゲームオーバー。また敵の中には注意標識マークがついたNGキャラもいて、こいつらを斬ってしまっても失敗だ。ゲームオーバーまでに何人の敵を倒すことができるかを競うゲームとなる。

 

opeope_02

 

opeope_04

 

指定された人数をドンぴしゃでしとめると、雰囲気たっぷりに必殺技「ROOM」のカットイン演出が入り、さらに「ジャストボーナス」としてスコアが2倍に。ポップながらも凛々しいにゃんこの必殺技演出がなかなか魅せる。

 

opeope_16

 

敵の中にはボーナスキャラもいて、倒すことでさらに加点される。ボーナスキャラは二人以上を同時に倒しても一人分のボーナスしか付与されないが、ジャストボーナスとは同時に加点されるので、ボーナスキャラを入れたドンぴしゃの人数をしとめていくことがハイスコアの鍵となる。

 

お願いだから部屋から出てきて。今ならまだ間に合うから。

 

opeope_19

 

ゲーム開始直後にうっかり連続タップしてしまい空振りすることがわりとあるなど、別ボタンの設置やカウントダウン演出、やりこみ要素や他のギミックアクションがあればもっと完成度が高くなっただろうなとは思ったものの、かわいらしい二頭身キャラや案外とかっこいい演出など、カジュアルゲームとしては十分及第点。

難易度もクリア人数のみを斬り続けることが案外と難しく、気がつくと部屋にこもって貴重な休日を無為に過ごして「俺はなにをやっているんだ」と後悔しつつ yotube とニコニコで動画に飽きたらまたうっかりプレイしてしまう。いつもの休日ですね。

もちろん休日に限らず普段から部屋にこもってドアの前に食事を運んできてもらうようなみなさまにとってはちょうどいい暇つぶしになるだろう。ネットの契約解除してやればいいんですよお母さん。

手軽なタップアクションゲームをお探しの方やパーソナルスペースに土足で入ってくるデリカシーのない人間にイライラさせられている方、「オレの部屋」というA.T.フィールド並の必殺技を繰り出しそこから一歩も出られない方などにもおススメの一本だ。

 

タイトル iOS : オペオペのにゃんこ~ONEPIECEはオレが頂くニャー~
Android : オペオペのにゃんこ~ニャンピースはオレが頂くニャー~
開発 kouki yutani
ジャンル アクション
掲載時価格 無料
公式サイト kouki yutani

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook