2016年07月04日(月) 09時00分
  • NEWS

求む、国内 e-Sports 界の「スーパースター」!!  RAGE vol.2 GRAND FINALS 記者発表会

7 月 2 日、秋葉原 UDX シアターにて今月末に開催する e-Sports 大会 RAGE vol.2 GRAND FINALS 組み合わせ抽選会が実施されました。

 

 

RAGE vol.2 で「e-Sports 界のスーパースター」は生まれるか?

 

RAGE

 

 

 

国内 e-Sports シーンを盛り上げるべく 2016 年 1 月に開催された「RAGE」。その第二回決勝大会が 7 月 30 日・31 日の両日恵比寿の EBiS303 で行われます。

第二回大会では、第一回大会の競技タイトル『Vainglor』に加え、日本が誇る格闘ゲーム『ストリートファイターV』が新たにエントリー。MOBA だけでなく格ゲーの国内トッププレイヤーも集結し、賞金総額 400 万を巡る「ガチンコゲーム大会」が繰り広げられることとなります。

 

DSCF6938

DSCF6947

 

その決勝大会開催に先立ち実施された今回の組み合わせ抽選会。

ステージに登壇したCyberZ 取締役 兼 RAGE運営統括 大友真吾氏は、「日本の e-Sports をもっと多くの方に知ってもらいたい。そして活躍するゲーマーに光を当て、ゲームユーザーの憧れの像となってもらえるような場を作りたい」と RAGE 発足の意図を改めて説明しました。

選手自らがドローした組み合わせ抽選は以下の通り。

 

DSCF6973

 

 

【ストリートファイターV】

regastv

DSCF6976

 

 

 

『Vainglory』

ragevaint 

ragevaint1

 

『Vainglory』では前回大会王者で先日の世界大会「VIPL」でもベスト 4 に進出した Team GL が連覇を果たすのか、あるいは新たなるチャンピオンが生まれるのかが注目です。

 

さて、国内 e-Sports を活発化するべく開催される「RAGE」ですが、RAGE に限らず国内 e-Sports を盛り上げるには、「大会」という「場」だけでなく、やはり「スタープレイヤー」の存在が不可欠です。

プロ野球がヤクザな商売と見られた時代に「長嶋」というスーパースターが現れ、国民的人気スポーツと発展していったのはあまりにも分かりやすい例ですが、大友氏の言う「憧れの像」として見られるためには、「イチロー」「香川真司」「錦織圭」のような「e-Sports 界のスーパースター」が欠かせません。

CyberZ も選手にスポットを当てた演出などを行っていますが、「スーパースター」を生むにはきっちり作家をつけて本格的に選手プロデュースを行うのはもちろん、「選手育成」にも力を入れるくらいのサポートが必要な気もします。

もちろん大会で人間技とは思えぬスーパープレイが続出すれば、そんなこざかしい「演出」などは不要のはず。「ただゲームがうまい人」ではなく「誰もが憧れるスター」が今大会登場するのかどうか。e-Sports の盛り上がりを望む一ファンとして期待しています。

 

◆『Vainglory 』 ダウンロードはこちらから

moba0409_icon

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:イベントレポート, ニュース ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook