2013年10月01日(火) 19時39分
  • REVIEW

「立体機動装置、使ってみてぇなぁ」 そんな妄想を見事に実現! ファンならずとも空中機動にドハマる痛快ワイヤージャンプアクション『進撃のワイヤーアクション』


『進撃の巨人』の Android 版同人ゲームで、立体機動装置を体験できるワイヤーアクションとして 80万 DLを突破した『進撃の立体機動装置』が先日 iOS で『進撃のワイヤーアクション』としてリリースされたのでご紹介。

 

 

shingekiwire_01

 

誰もが一度は思う「やってみてえ!」を見事に実現

 

shingekiwire_06  shingekiwire_08

 

大人気漫画『進撃の巨人』の中で描かれる、空間を自在に切り裂く疾風怒濤のアクションで誰もが一度は「使ってみたい!」と妄想する「立体機動装置」の空中機動を、タップオンリーの超カジュアル操作で満喫できる「巨人駆逐しまくり型」ワイヤーアクションの本作。

言うまでもなく本作一番の魅力は、立体機動装置だからこそ味わえる疾走感と浮遊感、そして次々と現れる巨人どもを駆逐していく爽快感だ。

 

shingekiwire_09  shingekiwire_10

 

一直線に走るランアクションでは体験できない、ワイヤーならではの華麗なジャンプアクション。曲線軌道を描きながら「壁」に囲まれた街で巨人相手に繰り広げる鮮やかな空中機動戦。

「ちょっとした暇つぶしができるカジュアルゲーム」のスタイルを取りながら、プレイしていて気持ちのいいワイヤーアクションのおかげで、『進撃の巨人』ファンならずとも「カジュアル」どころか「けっこーシリアス」に楽しめる一本となっている。

 

空中機動戦で巨人どもを駆逐せよ!

 

shingekiwire_11  shingekiwire_12

 

ゲームモードは「ノーマル」「ハード」「エキスパート」の3種類。モードによって1プレイでのライフ、および出現するモンスターなど難易度が変わる。

キャラクターは、iOS版の現バージョンではエレン「風」のキャラ1体のみで、Android版では100体以上巨人を倒すことでミカサ「っぽい」キャラも使用可能となる。iOS/Androidともにバージョンアップでキャラが追加される予定となっている。

 

shingekiwire_13  shingekiwire_15

 

操作は本当に簡単。プレイヤーキャラがオートで街中を駆け抜けていくので、建物や巨人をタップしてワイヤーを発射させ、巨人の急所である首筋に向かってジャンプするだけだ。

 

shingekiwire_16  shingekiwire_17

 

攻撃は自動で行い、うまく首筋付近にジャンプできれば「超硬質ブレード」で一刀両断。ジャンプで前方に飛び出し過ぎると巨人からの反撃を喰らいライフが一つ減少。すべてのライフがなくなればゲームオーバーだ。ゲームオーバーまでに何体の巨人を討伐できるかがこのゲームの目的となる。

 

shingekiwire_18  shingekiwire_19

 

登場する巨人は6メートルから50メートル、さらには倒すことができない「奇行種」や「鋼の巨人」と、非常に原作に忠実。いずれもアルミン「によく似た」キャラが次の巨人の種類をナビゲートしてくれる。ライフは道中に落ちている「イモ」をタップすれば一つ回復。

また一体討伐するごとに「星の勲章」を一つもらえるが、これを5つ集めると「必殺モード」が発動し、自ら巨人化して雁首揃えて並ぶ巨人どもを一気にぶちのめしていくことができる。くの字に上げた膝は少年誌用の倫理観。乳首もないからお母さんも安心。赤いのはトマトジュースです。

 

shingekiwire_05  shingekiwire_20

 

ライフがなくなると巨人に捕まりゲームオーバー。討伐成果が表示され、ランキングで他のユーザーと競うこともできる。ちなみにトップはノーマルモードで9万オーバー。やってやれるか。「我こそは進撃の巨人マニア」を自認する方々はトップランカーを目指してみよう。

 

趣味趣向は十人十色です

 

shingekiwire_21  進撃のワイヤーアクション

 

開発者自ら「同人ゲーム」と公言しているように、権利関係については「限りなく漆黒に近いグレー」なのは言うまでもないことだが、ゲームの質としてはカジュアルゲームの中でも上位の部類。

サルでもできるシンプル操作で、誰でも気軽に楽しめるワイヤージャンプアクションは単純にやってて面白い。Androido版で人気を博し、iOS版もApp Store 無料ランキングで上位に食い込むのも素直に納得。

仮に原作を読んだことがなくても楽しめる一本であると、2年ほど前に同僚から借りたコミックスを3巻まで流し読みして「何が面白いの?」と尋ねてマジ切れされた苦い経験を持つ筆者が保証しよう。そんなに怒んなくたって。

原作ファンやアクションゲームファンはもちろんのこと、ファンにマジ切れされて以来『進撃の巨人』の話は極力避け、レビューを書く際も公式サイトからwikiまで見まくってあやふやな知識のまま知ったかしてみた経験を持つライターの方などにもおススメの一本だ。

 

タイトル iOS:進撃のワイヤーアクション
Android:進撃の立体機動装置
開発 Hideto Yamaguchi
NEO APRIX
ジャンル アクション
掲載時価格 無料
公式サイト 進撃のワイヤーアクション – ホーム
NEO APRIX

 

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook