2013年10月14日(月) 15時00分
  • REVIEW

駆抜けろ街を!制覇しろ地区を!自分の腕だけ信じて突き進め『CSR Racing』数百メートルの直線に全てを賭ける!


簡単操作、素晴らしグラフィック、君はこの街のレーサーとなり全てを制覇しろ! 信じるのは己の腕一つ。食うか食われるか真剣勝負に心躍らせて挑め!『CSR Racing』そこに全てがある。

 

 

csrracing_01

 

このゲーム簡易レーシングゲームの王道! レース好きもそうでない人もだいたい一度は手を出しているゲームだ! それを今更紹介ってのも面白いと思い取り上げてみたぞ! まだプレイして無い人はこの機会にプレイしてみてくれ!

 

タップのみの簡単操作

 

csrracing_05

 

そうさは至って簡単。アクセルボタンでスタートシグナルがカウントダウンを始めるので、グリーンランプが付く回転数に調整するようにアクセルをタップしよう! カウントゼロでスタートしたら、後はシフトアップとニトロだけ。シフトダウンは使ったことが無いぞ(笑) 回転数の横にランプが点灯する。これがグリーンになった時がパーフェクトのタイミングでロスなくスタート&シフトチェンジが出来るぞ。どんどん狙っていこう。

 

csrracing_06

 

勝敗も簡単で相手より。先にゴールラインを通過すればOK。基本はゼロヨン形式だね。ちなみにおすすめニトロタイミングは、安定しているなら2速から、基本は3速でスイッチオンだね。この使いどころがかなり重要になるので気を付けよう。

 

遊べるイベントが多数

 

csrracing_02

 

こちらはティア1画像。≪LADDER≫ラダーは徐々に強くなっていく相手を倒して行くモード。もちろん進めば報酬もデカくなるぞ! ≪REGULATION≫レギュレーションは3段階の強さから対戦相手を選ぶフリーミッション的なゲームだ。難易度が高い方がより多く報酬を受ける事ができるぞ。画面ではクリアしてしまっているが、≪CREW BATTLE≫メインストーリーとなるミッションだ! ティアボスが抱える部下達を倒しながら進め、最後にボスを撃破する流れだね! この他にもデイリーミッションなどがあり、自分の車以外に乗り1日3レース行う事が出来るレースなどがあるぞ。

 

csrracing_04

 

自分の愛車には好みの絵を描くことが可能になったぞ! デカールは基本セットになっていて、細かく悩む必要はないから気に入ったものをガンガン書いてしまおう!

 

ストーリーが熱い

 

csrracing_07

 

ティア2のボス「Yoshiro」が戦いを挑んだら、部下「Junji」に「ジュンジお前行ってこい」みたいな感じで命令し、次は「junji」と対決することになる。単調に進むだけじゃなく、こういった簡単でもストーリーがあると非常に楽しめてGOODだ!

 

csrracing_08

 

こちらゴール前の筆者(ミスト)です(笑) junji早いよ! メチャメチャギリギリな勝利ですよ(汗) さすがストーリーモードは簡単には勝たせてくれません。ラダーやフリーでお金を貯めて、しっかりパワーアップさせてから挑もう。じゃないと軽く負けるぞ(笑)

 

PERFECTを目指せ!

 

csrracing_09

 

スタートやシフトチェンジを確実にグリーンランプ点灯時に行うとパーフェクト判定が貰えて報酬がアップする。自分の車の特性をしっかりつかんでベストタイミングをものにしよう! アップグレードの際に、とにかくグリップを強化しよう。パワーを上げてもスタートでホイルスピンしてしまい結局出遅れる形になることが多いので、バランス良くアップグレードしてあげよう。

 

csrracing_11

 

「Junji」を撃破したら次の対戦相手が右の情報欄に載る。次はおなごですかい! ってな感じでストーリーを進めてボスを倒し、ティアをどんどん進めよう! そして全てを制覇しよう!

総評としてサクサク楽しめる感が非常にGOOD! お金も案外楽に貯まるし、操作性もかなり良好。全てタイミングのみのゲームが多い中、しっかりと回転数を合わせなきゃならないスタート等も考えられている。ただしメインとなるレースがやはり単調過ぎて飽きやすいのはこういったゲームの課題なのかもしれない。基本は誰でも楽しめると思う。子供から大人までプレイする事が可能なので、興味が出たらぜひぜひ試してみてくれ。

 

タイトル

CSR Racing

開発 NaturalMotion
ジャンル カジュアルレース
掲載時価格 無料
公式サイト CSR Racing

 

 

このライターの記事一覧:ミスト
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook