2016年05月17日(火) 14時13分
  • NEWS

『ワギャンランド』のしりとりパートがスマホゲームに! 『ワギャン しりとりで勝負だ!』配信開始

ステアシステムは 5 月 17 日、スマホアプリ『ワギャン しりとりで勝負だ!』の配信を開始した。

 

 

<以下プレスリリース概要>

 

懐かしい「ワギャンランド」のしりとりパートが 無料スマホアプリになって復活! 5月16日、iOS/Android対応で配信開始

 

ゲームソフトの企画・開発を行う株式会社ステアシステム(所在地:大阪府八尾市、代表取締役社長:高橋 伸夫)は、iOS/Android向けのスマホアプリ「ワギャン しりとりで勝負だ!」を2016年5月16日(月)に配信開始いたしました。

 

ワギャン しりとりで勝負だ!

 

■「ワギャン しりとりで勝負だ!」とは

原作である「ワギャンランド」のしりとりパートをスマホ向けにアレンジしたアプリです。パネルに描かれた絵から連想される言葉で敵キャラクターと交互にしりとりをしていき、相手がパネルを選べなくなれば勝利となります。
知育要素もあり、当時「ワギャンランド」をプレイしていた世代だけではなく、小さなお子様と親子で協力して楽しむこともできます。

 

 

ワギャン しりとりで勝負だ! ワギャン しりとりで勝負だ!

 

 

■「ワギャンランド」とは

「ワギャンランド」は1989年に発売されたアクションゲームです。主人公のワギャンを操作し、ドクターデビルに征服された故郷の島「ワギャンランド」の平和を取り戻すために様々なステージに挑みます。ボスとの対決は、「しりとり」や「神経衰弱」のミニゲームによる知恵比べ。この知力やひらめきによる遊び方が男児だけでなく、女児を中心とした女性層からの支持も得ていました。

さらに、文字ではなくパネルに描かれた絵を利用して行う「しりとり」が特徴的です。(例:「ねこ」の絵を「こねこ」「にゃんこ」「やまねこ」として読む)

 

■ファンの支援で、遂にリリースを実現!

「ワギャン しりとりで勝負だ!」は、株式会社ステアシステムの代表取締役社長である高橋 伸夫が、子供の頃に大好きだった「ワギャンランド」の「しりとり」パートだけを思いっきり遊びたい!という思いのもと、開発を企画しました。
資金調達およびコンテンツの充実をめざして、WEBサイト「Makuake(マクアケ)」において2016年1月からクラウドファンディングを実施したところ、多くのファンの方から支援をいただくことができ、早々に開発資金を集めることができました。

株式会社ステアシステムは、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが実施している「カタログIPオープン化プロジェクト」へ参加しています。

 

■「カタログIPオープン化プロジェクト」とは

「カタログIPオープン化プロジェクト」とは、バンダイ・ナムコ統合10周年記念企画として、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが実施している、ネットワークエンターテインメントのさらなる事業領域の拡大を目的とした取り組みです。クリエイター登録することで、カタログIP(同社保有のオリジナルIP)21タイトルを使った二次創作が、デジタルコンテンツの領域において可能となります。作品の公開は日本国内のみとなります。

「カタログIPオープン化プロジェクト」公式サイト

【「ワギャン しりとりで勝負だ!」の概要】
アプリ名      :ワギャン しりとりで勝負だ!
ジャンル      :カジュアルゲーム
対応プラットフォーム:iOS 8.0以上/Android 4.0.3以上
発売日       :2016年5月16日(月)
価格        :完全無料(広告あり)
音楽        :高田 雅史

 

◆ダウンロードはこちらから

ワギャン しりとりで勝負だ!

 

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook