2016年05月13日(金) 11時45分
  • NEWS

電通とApp Annie、「日本ゲームアプリ市場レポート」を発表 日本ユーザーの平均プレイ時間は米国の 3 倍 RPG、カジュアルゲームがランキング上位を独占

電通とApp Annie は 5 月 13 日、日本のゲームアプリ市場に関する調査レポートをApp Annie サイト内に公開した。

 

 

<以下プレスリリース概要>

電通とApp Annie、「日本ゲームアプリ市場レポート」を発表

 

appannie0513_01

 

アプリ情報プラットフォームを提供するApp Annie(アップアニー社、本社:サンフランシスコ市、代表:Bertrand Schmitt)と株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、共同で実施した日本のゲームアプリ市場に関する調査レポートを、本日、App Annieのウェブサイト(http://jp.blog.appannie.com/understanding-mobile-gaming-japan/)上で発表します。

 

今回の調査では日本のゲームアプリ市場におけるダウンロード数、収益、利用時間などのデータをもとに、ゲームのサブカテゴリの分析や米国市場との比較で日本市場の特徴を明らかにしています。レポートは英語、日本語に対応し、同サイトから無料でダウンロードできます(近日中の韓国語、中国語対応も予定しております)。

 

電通は単一の広告会社としては世界最大であり、日本では年刊「日本の広告費」に含まれるデータをはじめ、各媒体への広告投資のための基礎データ、大規模な消費者分析データ、マーケティング関連データを保有しています。また同社は、日本では、5,000社以上のクライアントを抱え、高度で質の高い広告コミュニケーション・サービスを提供しています。

今後も両社はそれぞれの知見を融合させ、日本のアプリ市場に関する基礎情報に加え、アプリ広告の状況などについてもレポートする予定です。

レポートのダウンロードはこちら
http://jp.blog.appannie.com/understanding-mobile-gaming-japan/

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:ニュース ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook