2013年09月20日(金) 13時22分

【TGS 2013】 乙女ゲームコーナー全ブースをぐるっとご紹介。前半戦!


行ってきました! 東京ゲームショウ2013! 乙女ゲーム担当の空色です! 紹介レポを大公開! TGS来場の参考に是非どうぞ。

 

 tgs_otomegame_01  tgs_otomegame_02

 

ホール4を入ってすぐに、天国がありました( *´艸`)

乙女ゲームコーナーへの出展は6社。並びは図の通りです。

私が回った順にご紹介しますね! ちなみに私は4-N83からぐるっと反時計回りで回りました( ・`ω・)ゝ

 

ゲームの世界を再現! トキメキ意のまま「ボルテージ」

 

ケータイの乙女ゲームといえば、やはりボルテージ先生です!

ここではリアルなイケメンとドキドキな会話が楽しめます。

あまりにトキメキすぎて先にピックアップさせて頂いたので、詳しくはこちらをどうぞ。

 

tgs_otomegame_03

 

ボルテージの“乙女ゲーム作りで重視する点”は「物語の起承転結をしっかりと組むこと」

普通こういったゲームを作る時、結構早くシナリオ執筆に入るそうです。

ですがボルテージのシナリオ作りではプロットを書くんだそうです!

プロットというのは物語の構想のことで、漫画・アニメ・小説などでシナリオ制作前に書くものです。ゲーム業界ではあまり聞かない気がします。勿論打ち合わせはしますが、物語の流れを決めたらシナリオライターに渡しているところが多いかな?しっかり構成されたプロットを渡している印象はあまりありませんね。

ボルテージがあんなに引き込まれる物語を作れるポイントはここだったんですね( *´艸`)さすが先生!

ボルテージの全タイトルを制覇したくなりました(*’ω’*)♪

 

乙女ゲームに初挑戦!注目はリアルな動き「ザイザックス」

 

RPGやカジュアルゲームを手掛けているザイザックスから、初の恋愛ゲームが登場!

「黒白―コクハク―」という微ホラーの恋愛ゲーム。。。完全にノーマークでしたすいません!!

 

tgs_otomegame_11

 

ブースではプレイ画面が流れています。フルボイスではありませんが声優さんが起用されており、イベント時には結構喋ります。

声優さんによるWEBラジオも配信中で、ブースには声優さんが実際に着た執事服が展示されていました!触っちゃった( *´艸`)

このゲームでとにかくびっくりしたのが、キャラクターの動きです!

 

 

こちらのプロモーションでもわかると思うのですが、キャラクターの表情が変わる時、キャラクターの絵が切り替わるのが通常仕様ですよね?

このゲームでは切り替わるということがありません! Live2Dを使用しており、殆ど3Dのように動きます。俗に言う“ぬるぬる動く”というやつですね(。-`ω-)

微笑むときとか、本当に自然でリアルです。

この乙女ゲームを作る際に重視したところもやはり「動き」そして「キャラクターの個性」だそうです。

より自然な動き、そして個性的なキャラクターで独特の世界観に引き込む!

物語としてはちょっとホラー要素もあるそうで、乙女ゲームとしては結構珍しいテイストだという印象を受けました。

更に主人公の性別も選べるという! 男主人公になって女の子落としてみたいけど、ギャルゲー買うほどではないという乙女ゲーマーの隠れた欲求を見事に突いてくる仕様になっております(≧ω≦)

というわけで、このゲーム絶対やろうと心に決めました(`・ω・)ゝ

勿論レビュー書きますのでお楽しみに(‘ω’)ノ

 

『黒白―コクハク―』のダウンロードはこちらからどうぞ↓

 

新作のプロモーションビデオも公開中の「エイタロウソフト」

 

tgs_otomegame_12

 

『山の手男子』でお馴染みのエイタロウソフト。

ブースには『山の手男子』と最新作『マフィアモーレ☆』の等身大パネルとプロモーションビデオがありました!

TGSに行けない方のために最新作の『マフィアモーレ☆』のPVだけ載せておきますね(^^)b

 

 

こちらはこの冬リリース予定で、マフィアとの危険な恋がテーマと見た!(`・ω・´)

PV見れば見るほど冬が待ちきれなくなりますのでご注意(笑)

 

『山の手男子』のダウンロードはこちらからどうぞ↓

 

ここで半分ですね。では後半戦に続きます!

もう少しお付き合いください(^^)/~~~

 

このライターの記事一覧:空色
関連ワード:イベントレポート ,

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook