2016年04月15日(金) 19時56分
  • NEWS

ボルテージ、新人発掘プロジェクト「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」授賞式開催

ボルテージは4 月 14 日、新人発掘プロジェクト「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」の授賞式を開催した。

 

 

<以下プレスリリース概要>

 

ボルテージ新人発掘プロジェクト「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」授賞式を開催

 

「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」受賞者集合写真

 

 株式会社ボルテージ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:横田晃洋)は、「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」の授賞式を、2016年4月14日(木)に東京都渋谷区 文化総合センター大和田さくらホールにて開催いたしました。

本コンテストは、次世代の優秀なシナリオライター・イラストレーターの発掘・応援を目的として2012年にスタートし、今回で4回目の開催となりました。昨年度から引き続き、日本国内だけではなく世界で活躍できるクリエイターを発掘するため、インターナショナル イラスト・シナリオ部門の公募も行い、過去最多の応募総数を記録しました。

厳正なる審査の結果、シナリオ部門から5名、イラスト部門から2名の方が選出され、授賞式にはその中から6名の方にご出席いただきました。壇上では、代表取締役社長横田晃洋よりトロフィーと賞金の授与を行い、受賞者からも喜びの声をいただきました。

ボルテージは、「恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」がプロのクリエイターの登竜門として広く認知され、発展していくよう今後も努めてまいります。

 

「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」

 

<受賞者コメント>

【シナリオ部門】
最優秀賞:森原すみれ 様
作品名:「学生寮食堂のお姉さんになりました。」

私は小さいころから物語を考えるのが大好きな子供でした。学生の時も時間さえあれば自分で漫画を描いてみたり、小説をつづったりして過ごしてきました。そして現在では、ありがたくもシナリオライターとしてお仕事をいただき、日々物語をつづっております。
まだまだ未熟な私ではございますが、今回受賞する機会をいただき、シナリオライターとしての大きな自信をいただくことができました。この自信を胸に、今後も読み手の方に心ときめくラブストーリーをお届けできるよう日々努力していきたいと思います。

 

優秀賞:あずき 様
作品名:「青春のリスタート」

私はボルテージさんの恋愛アプリが大好きで、いつかは自分でもシナリオを書いてみたいという想いが、今回の応募のきっかけです。
シナリオ初挑戦ということもあり、最初はセリフや展開を何度も変えたりと、試行錯誤を繰り返しました。特に作品にでてくるクールなキャラクターをいかに些細な行動やふとしたセリフで、自分の感情の変化や主人公に対する想いを表していくかということを大切にしました。私自身もドキドキわくわくしながら書くことができ、とても楽しかったです。


優秀賞:望月碧唯 様
作品名:「迷子の恋の行方」

中学校3年生の時に初めて書いた小説を読んでいた友達の一人が、「今日続き書いてきた?最近これ読むために学校に来てるんだよね」って言ってくれて、それが凄く嬉しくて、物書きになろうと思いました。
それから10年以上経ってしまいましたが、ようやくスタートラインに立てたと思います。
今回の賞の受賞が無かったら夢を諦めていたかもしれないので、本当に嬉しく思います。これからも皆さまにドキドキきゅんきゅんしていただけるような作品を書いていけたらと思っております。


優秀賞:柳田知雪 様
作品名:「あのキスの意味、教えて」

もともと物語を書くのが好きで小説や脚本は書いていたのですが、なかなかゲームシナリオの書き方が分からず四苦八苦しながら書きました。恋愛ゲームとして評価されるのかどうかとても不安でしたが、今回の受賞で、少し自信をいただき、今後の創作活動の励みにもなったので、嬉しく思います。
今後も私の物語を読んで「このシーンが心に残った」「あそこのセリフが良かったな」と思われるような作品を書いていきたいと思います。


優秀賞:三花 様
作品名:「ずっと言いたくて」

5年ほど前、子供から私の子供のころの夢を尋ねられ、その時文章を書く仕事に深く憧れを抱いていたことを思い出しました。
昨年恋愛ドラマアプリに夢中になり出した頃、偶然このコンテストの存在を知り、私もこんなにも人をドキドキさせるような話を書いてみたい、そう思いコンテストに応募することを決意しました。ですが、シナリオを書いたことがなく、書き方を知ることからのスタートでした。何度も無謀な挑戦だと諦めかけましたが、その度に友人たちに励まされ何とか応募することができました。私にとっては応募出来ただけでも凄いことなのに、まさか賞までいただけるなんて正直今でも信じられません。夢を思い出させてくれた子供たち、励ましてくれた友人たち、そしてチャレンジする機会を与えて下さったボルテージ様には感謝の気持ちでいっぱいです。


【イラスト部門】
優秀賞:すず 様

 

「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」イラスト部門

 

昨年度も応募させていただいたのですが、その時は実力不足で落選してしまいました。しかし、今回このように「優秀賞」をいただけたことで、この一年で少しは成長できていたと自分でも感じることができ、とても嬉しく思っています。この賞に恥じないように、もっともっとイケメンを描けるように精進していきたいと思います。


<総評> 取締役副社長 北島健太郎
今回イラスト部門に関しては、残念ながら最優秀賞の選出はできませんでしたが、全体を通して、最終審査まで残った作品を見ると、レベルが上がってきていると感じました。

特にシナリオ部門に関しては、その傾向が顕著でした。
どれも面白く恋愛ドラマとしてのベースがしっかりしているものだったと思います。
中でも最優秀賞を受賞された森原すみれ様の作品は、学生寮を舞台に、バスケ部のコーチとの恋という設定が非常に個性的で、それがストーリー展開に上手く活かされていました。またキャラクターの人物像も際立っており、全体を通して大変魅力ある作品でした。

 過去の受賞者の方々の多くが弊社の作品において現在活躍をされております。今回、この賞を通して、受賞者の皆様とご縁が持てたということで、ぜひ今後も一緒に恋愛ドラマアプリを盛り上げていければと思っております。


「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」概要
【部門】
シナリオ部門
イラスト部門
インターナショナル・シナリオ部門
インターナショナル・アニメイラスト部門/グラフィックイラスト部門

【エントリー期間】
2015年10月1日(木) ~ 2016年1月11日(月)

【応募資格】
プロ・アマ問わず

【選考委員】
恋愛ドラマアプリ制作チーム

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:For Girls ニュース, ニュース ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook