2016年04月08日(金) 12時00分
  • INTERVIEW
  • NEWS

『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー! オススメはぶっ飛んだDAME END!?

先週、anipani株式会社より配信開始された『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』、通称『ダメプリ』についてプロデューサー眞鍋まりさんにインタビュー第二弾!

 

ナレク√コンプしたのでミリドニアを侵略すべくヴィーノ√進行中の空色です(‘ω’)ノ

引き続き、『ダメプリ』プロデューサーの眞鍋まりさんへのインタビューを公開!

前回の記事と共に楽しんで頂けたら幸いです(´人`)

【インタビュー第一弾(前回)はこちらへ】

※『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』以下、『ダメプリ』でお送りします。

『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー①

空色:『ダメプリ』はどういったゲームになっているのですか?

眞鍋:メインはストーリーをフローチャートで進めていき、ストーリーを楽しんで頂くために必要な素材をキャラバンで手に入れて頂く。この流れがメインのサイクルになります。

『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー② 『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー②

空色:チケット消費が無い代わりにゲーム内通貨が必要なんですね。それを稼ぐためにキャラバンがある、と。

眞鍋:はい。キャラバンではストーリーを進行させる以外でも、サイドストーリーが読めるネタカードも条件を満たせばキャラが落としてくれます。一ヵ所に滞在してそれを集めるもよし、無視してストーリーを進めるもよし、キャラバンを育てればその分ストーリーを進めるのも楽になりますのでひたすらキャラバンを成長させるもよしです。

空色:楽しみ色々ですね。オススメのプレイスタイルはありますか?

眞鍋:はい!やはりストーリーをしっかり読んで頂きたいんです。昼間にちょくちょく読むというより夜にガッツリ読んで欲しいくらいのボリュームのものもあるので、昼は空き時間にキャラバンで回収して、夜に帰宅してからガッツリ読むというのがオススメですね。

空色:なるほど!わかりました。入浴時にでもしっかり読みます(笑)。ちなみに一番長いものでどれくらいですか?

眞鍋:そうですね…。ボイスも飛ばさずじっくり読むと5分以上かかるものもあるかと思います。

空色:おおー!

眞鍋:音も凝っていて、例えば畑を耕す音は実際に畑に行って録っています。

空色:そここだわりましたか!?すごいガッツだ。

眞鍋:モブの声もチームメンバー駆り出してみんなで「リュゼ様―!」って声枯らしたりしました(笑)。

空色:楽しそうですね(笑)。

眞鍋:楽しかったです(笑)。

『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー②

空色:『ダメプリ』ならではの機能としてリプレイのコメント機能がありますが、これを導入した理由はなんですか?

眞鍋:私が乙女ゲームやるときはまずプレイして楽しむ、その後いろんな人のブログの感想を読むんです。共感したり納得したりして、自分の感情がより高まるというのが楽しいので。『ダメプリ』も折角のオンラインですから、ゲーム内でそれが出来たらいいなと思ったのがキッカケですね。

空色:なるほど。ファン同士の交流の場として導入したんですね。

眞鍋:はい。また、一度読んだストーリーをもう読まないってなると勿体ないので、繰り返しても面白いという形にしたかったのも理由の一つです。

空色:例えば「ナルシスト過ぎワロタ ←思った」みたいな感じでしょうか。コメントみたさにリプレイしたくなりそうです。

眞鍋:そこも楽しんで頂けたらと思います。

空色:フォローするとかフレンドになるとか挨拶するとかはなくて、純粋に一緒に盛り上がれるだけっていうのが、ファン同士の繋がりがいい距離感ですね。私もコメントします!

眞鍋:是非!お待ちしております(笑)

『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー② 『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー②

空色:ちょっとストーリー進行のお話をお聞きしますね。『ダメプリ』は共通ルートが第2章まであります。これって他のスマホゲームに比べたらちょっと長めですが、何故ですか?

眞鍋:個人的にはプロローグで全キャラがぶわーって登場しても「誰を選んでいいんだろう?」っていうのがあったんです。

空色:ちょっとわかります。キャラクターがわかりづらい部分がありますよね。

眞鍋:はい。ストーリーを進めていくうちにだんだん気になるキャラが出てくる方が、特に乙女ゲームをやり慣れてない方にも分かりやすいかなと思ったんです。だから第2章までが共通ルート、第3章で国を選択、第4章でキャラ選択と個別ルートまでを長めにとってあります。

『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー②

空色:『デイム×プリンス』一番のオススメポイントは何ですか?

眞鍋:ENDが3つあるところですね。LOVE ENDは勿論素晴らしい出来に仕上がっているのですが、DAME ENDもかなりいいのでオススメです。

空色:結構ぶっ飛んでると伺っております(笑)。

眞鍋:はい(笑)。更にDAME ENDでもスチル・ボイスはついていますので、是非気に入ったキャラがいたらDAME ENDも楽しんで頂きたいです。

空色:DAME ENDのスチル!気になります。

眞鍋:また、やはり皆様で盛り上がって頂きたいというのがありますので、一度読んだストーリーも見返して、コメントをしたり読んだりと楽しんで頂けたらと思います。

『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー②

空色:最後に、ファンの皆様にメッセージをお願いします。

眞鍋:まずは、発表からリリースまでお待たせしてしまって申し訳ありませんでした。お陰様で無事リリースすることができました。制作陣も熱を入れて、いかにお客様に楽しんで頂けるかを追求して、魂を込めて作った作品ですので、是非楽しんで頂けたらなと思います。そして気に入って頂けたらお友達にもご紹介して頂けたら光栄です。どのキャラクターもそれぞれすごくいい男に成長するので、最初「ん?」って思うキャラでも進めるうちに感情が変わってくると思いますので、最後まで育てて頂けたらなと思います。

空色:投げ出さずに!最後まで是非!

眞鍋:投げ出さずに!宜しくお願い致します!

 

以上、『ダメプリ』プロデューサーインタビューでした。眞鍋さんご協力ありがとうございました!

スマホゲームなのにいい意味でスマホゲームらしくない面もあり、そのどれもがユーザーに楽しんで頂くためのものだと分かりました!

はい、お陰で心略しやすかったです( *´艸`)

現在攻略可能なナレク、ヴィーノ、リュゼ、メアもいいキャラなのは勿論のこと、ゆくゆくは攻略可能となるテオ、リオット、クロムからも目が離せません。

とにかく一言言いたい…ダメプリはいいぞ( ゚∀゚)b

『DAME×PRINCE(デイム×プリンス)』プロデューサーインタビュー②

最後にインタビュー中もずっと付き添ってくれたグリまる載せておきますね。

なかなかの弾力でした(笑)。商品化希望!!

ここまでお読み頂きありがとうございました。楽しんで頂けたことを祈りつつ(^^)/~~~

 

◆『DAME×PRINCE』(デイム×プリンス) ダウンロードはこちらから

「ダメプリ」アプリアイコン

(c) anipani Corp.

このライターの記事一覧:空色
関連ワード:Creator’s Voice, For Girls ニュース, ニュース , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook