2016年03月29日(火) 22時31分
  • NEWS

『ワンダと巨像』を彷彿させるアクションRPG『Gigant Shock』等新作3タイトルを韓国開発メーカーが発表(動画あり)

韓国のゲーム開発メーカー CARBON EYED は3月29日、新作タイトル制作発表会「OPEN EYED」を開催。新作ゲーム『Knights Fall』『Tiny Fall』『Gigant Shock』を発表した。2016年下半期以降リリースされる3タイトルを動画でご紹介する。

中でも注目したいのは、巨大なモンスターと戦う『Gigant Shock』だ。巨大な敵キャラとのバトルに特化したスタイルのバトルシステムは『ワンダと巨像』を彷彿させるものとなっており、、従来のスマホアクションゲームにはあまり見られなかった特異なものになっている。その概要は動画でご確認いただきたい。現在鋭意製作中との事だが、日本国内でのリリースにも期待したい一作だ。

 

(以下プレスリリースより)

CARBON EYED, ショーケースで「Knights Fall」を含め開発中 3 作品を初公開

ジャンルを超えた斬新なプレイ方式でモバイルゲームの新しい方向を提示

<Knights Fall> は 2016年下半期、韓国リリースを目標

 

CARBON EYED Inc.(本社:大韓民国 京畿道 城南市、代表取締役社長:Chris Lee、以下「CARBON EYED」)は、創業以来は初となる新作タイトル制作発表会である「OPEN EYED」をソウル特別市江南の MARU180 にて本日開催し、「Knights Fall」を含め 3 タイトルの開発を行なうことを発表いたしました。

「OPEN EYED」では、まず代表取締役社長である Chris Lee が挨拶を行い、続けてプロデューサーの Jung・Hyuk と事業運営室長の Choi・Yongho が新作タイトルの内容についてプレゼンテーションを行いました。

 

Knights Fall

※「Knights Fall」動画リンク:https://youtu.be/jtHZF6gz9bs

 

「Knights Fall」は、これまでにない新しいプレイスタイルを提案したタイトルで、物理エンジンをベースに大規模な戦場を再現したスマートフォン向けゲームとなっております。指で発射ゲージを調節しながら秒単位で発射される兵士の発射強度やタイミングを決めることが攻略のポイントとなっており、大砲・火炎放射器・大型石弓・爆薬など、ステージ上に登場する様々な攻城兵器を活用してクリアを目指します。各ステージの目標も多様で、マップ上の敵を一網打尽にするステージ、強力な巨大ボスを倒すステージ、地形・地上構造物を破壊するステージ、味方の退却ミッションを遂行するステージなど 100 種類以上。バラエティに富み、クリエイティブかつレベルの高いデザインで統一された各ステージは、ユーザーが飽きることなく楽しみながらプレイができること間違いありません。本作では二つのプレイモードが用意されており、主人公である「キアラ」と「アルノ」のストーリを進行しながらステージを進める「シナリオモード」と、プレイヤー間の非同期 PvP で領土を略奪し合う「征服者モード」を楽しめます。勿論、ソーシャル機能も含まれており Facebook アカウントを連動することで、友達の進行状況や点数を確認でき、お互いに競争することも可能です。

開発総括 PD の Jung・Hyuk は「熾烈な戦場における戦いを、今までとは全く違ったアプローチかつ簡単な操作で実現したかった」と開発したきっかけに触れ、「斬新なプレイ方式がとっつきにくく感じるかもしれないが、一度触ってみれば意外と簡単であることに驚くと思います」と語りました。

 

Tiny Fall

※「Tiny Fall」動画リンク:https://youtu.be/zpBcxLdCD9Y

 

「Tiny Fall」は「Knights Fall」と同じゲームシステム上に、童話風の可愛い背景やキャラクターを採用したゲームです。「Knights Fall」の面白くて簡単なプレイ方式は、カジュアルゲームを好きな人たちにも十分にアピールできるという判断の上、「不思議の国のアリス」、「ヘンゼルとグレーテル」、「雪の女王」、「長靴をはいた猫」など、様々な古典童話をモチーフとした可愛くて華麗なアートワークで、女性から子供までをターゲットにしたゲームに仕上げる予定です。カジュアルユーザーに合わせて、難易度のバランス調整も行う予定です。

運営事業室長の Choi・Yongho は、「韓国ゲーム市場が RPG 中心へとシフトする中で、カジュアルゲームユーザーに新しい面白さを届けられるタイトルになることを期待している」と付け加えました。

 

Gigant Shock

※「Gigant Shock」動画リンク:https://youtu.be/MPtY8qGZC9c

 

「Gigant Shock」は、異なる職業の4人のキャラクターを戦略的に使い、圧倒的なビジュアルの巨大ボスを攻略するゲームです。一般的にはアクション RPG ジャンルに分類されるゲームですが、ステージ内の移動が無く巨大ボスとの戦いに集中したこと、一般的に使用されている自動戦闘システムを採用しなかったことで、現在韓国でトレンドとなっているアクション RPG とは一線を画したゲームへと仕上がっています。自動戦闘システムを採用しなかった理由について、開発を総括している Jung・Hyuk PD は「モバイル環境では自動戦闘にも利点があるはずだが、ユーザー自身が操作をすることで熟練度が上がり、達成感を感じることができる仕様にしたかった」と説明し、「しかし、本作は操作が簡単なので初心者も何回プレイしたら熟練したプレイが可能だ」と付け加えました。リアルタイム協力プレイでは、最大 3 人までリアルタイムマルチプレイが可能で、これによりゲームセンターでプレイするように、プレイヤー達が一緒に戦う臨場感を味わいながらレイドダンジョンを楽しむことができます。

最後に再度登壇した代表取締役社長の Chris Lee は、「ユーザーが感じる楽しさとゲームを制作する過程の楽しさを何よりも大事にしながら、真の面白さを追求したい」と CARBON EYED の方向性を示しました。

 

「Knights Fall」は 2016 年 4 月から開始する予定の海外ソフトローンチでテスト運用を行った後、2016 年秋の韓国リリースを目標としております。「Tiny Fall」は「Knights Fall」に続いて、2016 年下半期に韓国でのリリースを目標にしておりますが、日本におけるサービス展開についてはまだ決定はされておりません。「Gigant Shock」は、現在鋭意開発中です。

 

株式会社 CARBON EYED とは

株式会社 CARBON EYED は、大ヒットアクション RPG「ドラゴンネスト」を開発した Eyedentity Games 創業者の Chris Lee が NHN Entertainment の代表取締役社長を務めた後、2014 年 4 月に設立したゲーム開発会社です。

「面白みがあり、長く楽しんで頂けるゲームルール作り」をポリシーとして掲げ、現在 3 つのタイトルを開発しています。また、NHN Entertainment で LINE POP シリーズの開発を主導した Jung・Hyuk PD が開発部門の統括を、NHN Entertainment で事業戦略を担当した Choi・Yongho が事業運営室長を務めています。

ウェブサイト: http://www.carboneyed.com/

Copyright ⓒ Carbon Eyed  Inc. All Rights Reserved.  

 

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:ニュース , , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook