2016年02月04日(木) 12時00分

すでに大好評な舞台版『マフィアモーレ☆』の稽古場を突撃取材! メインキャスト4名のロングインタビューも!

2月3日~7日より新宿村LIVEにて行われるオトメステージVol.3『マフィアモーレ☆』の通し稽古が行われると聞いて、都内某所の稽古場を取材してきました(^^)

『マフィアモーレ☆』ではジュディ・イコナの大人組が気になってる空色です(‘ω’)ノ

現在イコナルート進行中( *´艸`)

『マフィアモーレ☆』は祖父に会うため夏休みを利用してイタリアに遊びに行ったヒロインがマフィアの抗争に巻き込まれ、フィオーレファミリーというイケメンマフィアに保護されるところから物語が始まります。祖父の行方をマフィアと共に探し、その中で恋に落ちるスリル満点のゲームです(*´▽`*)好き!

そんな『マフィアモーレ☆』がオトメステージの第三弾として舞台化が決定。オトメステージとはゲームのように観客の選択によって物語が変化する新感覚の参加型舞台!

以前、第二弾の『擬人カレシ』も取材しましたのでそちらもどうぞ

オトメステージVol.2『擬人カレシ』http://9-bit.jp/archives/95983

 

『マフィアモーレ☆』公開稽古

 

すでに昨日より公演開始している『マフィアモーレ☆』。この日は衣装着用の公開稽古が行われると聞いて都内某所の稽古場にお邪魔しました。

通し稽古前にキャスト全員で円陣を組み、気合いを入れます。

 

mafiamore0128_01

 

ふとアフロの方と目が合いました(笑)。

こちらのアフロさんは舞台版オリジナルキャラクター。他にも多くのオリジナルキャラクターが登場し、ゲームとは違う物語が展開されます。

 

mafiamore0128_20

 

こちらはフィオーレファミリー、メインの4名。衣装で分かるかと思いますが、左からアルバ・イコナ・ロニ・ジュディです。

この真剣な眼差し! イケメンにこんな風に見つめられたら取材どころではありません! 真正面にいなくてよかった!←

 

mafiamore0128_03 mafiamore0128_08

mafiamore0128_06 mafiamore0128_19

 

ゲームの方でヴィジュアルが公開されているグレゴリー・テオ・リディオ・テスタも登場!

特にグレゴリーさんの狂気と色気がやばい。もう、なんか、やばい(語彙力)。

 

mafiamore0128_18 mafiamore0128_17

mafiamore0128_23

 

オリジナルキャラクター達も個性豊か、特に日本からの視察団であるトクガワ組は個性の暴走を感じます(笑)。

フィオーレファミリーを中心に軍警察や国際警察、ジャパンエキスポ招致委員会や視察団が入り乱れ、それぞれの思惑が交錯し事件が目まぐるしく展開していきます。

一秒たりとも目が離せません!

 

mafiamore0128_14 mafiamore0128_07

mafiamore0128_05 mafiamore0128_09

 

緊迫したシーンもあれば、キャスト達へ無茶ぶりを強行するバラエティのようなシーンもありました。シリアスとコミカルが絶妙に混ざり合っていて、見ていて飽きが来ません。何度でも見たい。ていうかもう一度見たい(切実)。

題材がマフィアということで、激しいアクションシーンも多かったです。こちらも見どころの一つ。

また、オリジナルソングとダンスも必見です。男性があれだけ集まって一斉に踊るとやはり迫力があります!

アクションシーンやダンスシーンで特に感じたのは目が足りないということですね。もう誰を見ていいのかわからない!

Σ( ゚Д゚)ハッ!? これも何度も見たくなる原因の一つか!? まんまとハマった!

 

公演は昨日2月3日より新宿村LIVEにてスタートしています。すでに好評なようです(私的Twitter調査)。

残りは7公演! 完売している回もあるそうなので、詳しくは公式サイト&Twitterをチェックすべし!

オトメステージ『マフィアモーレ☆』公式サイト http://otome-stage.com/mafia/

オトメステージ公式Twitter https://twitter.com/otomestage

 

フィオーレファミリー4人の合同ロングインタビュー

 

mafiamore0128_24

 

通し稽古後、キャスト4名にインタビューをさせて頂きました。緊張した…。

ご協力頂いたのはアルバ役の瀬戸啓太さんロニ役の仲田博喜さんイコナ役の畠山遼さんジュディ役の山沖勇輝さんです。

これから観劇予定のヒロインの方々! これを読むとまた見方が変わるんじゃないでしょうか!

それではどうぞお楽しみください(‘ω’)ノ

 

早速ですが、フィオーレファミリーのファミリー仲はどうですか?

山沖さん:この間僕の家に呼ぼうと思ったんですが、僕に予定が入ってしまって…次こそはと思っています。

仲田さん:稽古中は4人でいることが多いですね。一緒のシーンも多いですし、稽古場にいる時は芝居の話をよくします。

山沖さん:ファミリーという意味ではよく「家族に例えると?」ってあるじゃないですか。それで言うと…

仲田さん:原作だとね、ジュディがやっぱりパパだよね。

山沖さん:え、俺パパかな?

仲田さん:二番目にしっかりしてるのはイコナ。

畠山さん:そうだね。へらへらしているように見えて本質はしっかりとらえてるから。

仲田さん:ロニは背伸びしてるけど一番子供。そしてアルバは…

瀬戸さん:野性な…

仲田さん:単細胞

瀬戸さん:悪口(笑)。

仲田さん:純粋で真っ直ぐでね(笑)。でも実際は一番年上が僕だったりするので、普段は全然違いますね。俺しっかりしてるよね?

3人:………

仲田さん:こらぁ!!

3人:(笑)

畠山さん:僕や山沖さんと4歳差あるんですけど…(仲田さんを見て)多分子供っぽいから仲良くしてもらえる(笑)

仲田さん:違うよ!俺は年相応!君達がしっかりしてるだけ!

 

とても仲がいいようですね(笑)
次に、演じられるキャラクターとご自分との共通点はありますか?

山沖さん:無くて困っています。だから楽しいというのもありますが。実はゲームだと最初はジュディルートだけ選べないんです。そこからも見えるように『マフィアモーレ☆』の重要なポジションで表の表情よりも裏の表情の方がある役、年齢も他のキャラクターは設定があるのにジュディは??歳という本当にミステリアスなんですね。でも僕は単細胞で(笑)、真っ直ぐ行く人間なので共通点が全くないです。台本でも裏のジュディは殆ど描かれていないので、そこをどう作るか…もしくはそこを作らずに皆を見守るジュディでいいのかと考えながら稽古してます。だから共通点は無いです!

仲田さん:言い切ったね(笑)。

瀬戸さん:僕は物事を真っ直ぐ受け止めて、思ったことに真っ直ぐ一生懸命突っ走るところは似てると思います。でも僕は表に出さないですね。アルバは思いっきり表に出すのでそこの違いはありますけど、一生懸命一本の道を突き進むところは共通してます。あと、アルバは料理が得意って設定があるんですが、僕も料理は得意です。あと年齢も同じですね。

山沖さん:よくお弁当作ってきてるんですよ。

ちなみに得意料理は?

瀬戸さん:本当に家庭料理です。目玉焼きとか。

仲田さん:家庭料理で目玉焼きって(笑)。

瀬戸さん:アルバっぽいかなって(笑)。他には煮物も作りますし、ハンバーグや餃子も。簡単だけどたくさん食べれるものを作りますね。

ありがとうございます。では次、ロニ役の仲田さんお願いします。

仲田さん:僕はやっぱり髪型が…

3人:そこ!?

仲田さん:冗談です!(笑)。僕は先程も言った通りこの4人の中だと最年長で、最年少のロニとは歳の差が結構あるんですが、僕が19歳の時はロニっぽかったのかなというところはたくさんあります。ロニの歳の割にクールだったりするところとか。あとイコナのおちゃらけているところには冷静にツッコんだりするんですけど、僕が19歳の時もツッコミだったかなとかね。今も僕はツッコミですか?

山沖さん:今はボケですね。

仲田さん:よし!成長した!!(笑)

畠山さん:イコナは意地悪な部分があるんですが、僕は意地悪と言うよりイタズラが好きなんですよ。人のこともよくいじるのでそこは似てますね。あとは…優しいところかな。

仲田さん:ん?ん??

畠山さん:優しいでしょ?(笑)

山沖さん:いじるのが好きだなっていうのは稽古場でも感じますね。共演者の方々にも積極的にコミュニケーションとって行きますし、瀬戸ちゃんのズボンもよく脱がそうとしますし。

瀬戸さん:はい(笑)

仲田さん:意地悪じゃなくて愛のあるいじりをよくしますね。

 

演じられるキャラクターと友達になったら何がしたいですか?

山沖さん:とりあえずジュディの裏の顔は知りたくないですね。グレゴリー以上に悪だと思うので人間不信になりそうで(笑)。表だけで付き合っていきたいです。ジュディは紅茶やジェラートが好きなので、オススメのお店に連れていってほしいですね。

瀬戸さん:僕はゆったり過ごしたい人なので、アルバみたいに「うわー!」って来られるとちょっと(笑)。家でのんびりするならいいかなぁ。ゲームとかなら一緒にやるかもしれないですね。『マフィアモーレ☆』しようぜ!って(笑)。

仲田さん:宣伝上手だなー(笑)

山沖さん:アルバだったら無理矢理外に連れていかれるよ、きっと。

瀬戸さん:え、じゃあ…警備一緒に行きます。

仲田さん:それ本当に行く?(笑)

瀬戸さん:体動かすのは好きなので、運動系なら本当に行きます!

仲田さん:僕はロニと友達になったら…ナンパに行きます。

山沖さん:ボケいらないよ(笑)

畠山さん:芸人やれそうじゃない?ボケとツッコミで噛みあいそうだよ。

仲田さん:さっき判明したから?(笑)。でも本当に友達になったらロニはカジノの経営とかを担当してるので、カジノに連れていってもらって色々と教えてもらいたいですね。あわよくば大金を稼ぎたい。あと僕は辛いの嫌いで、ロニは辛いの好きなので、辛い物を好きになるコツも聞いてみたいです。

畠山さん:イコナと友達になったら、まず車で迎えに来てもらって出かけて、花畑のある公園にレジャーシートを広げて2人で昼寝します。

仲田さん:え、デート?

畠山さん:デートじゃないよ。ただ昼寝するだけ。2~3時間寝てからイタリア市街をショッピングして、その後にまた車に乗って海が見える高級レストランで一緒にディナーを楽しんで帰りたいです。

山沖さん:それデートだよ。

畠山さん:じゃあこれデートプランですね(笑)。ディナーとかいいかなと思って。

仲田さん:イコナと遼くんがお洒落なところでディナーしてるって、絵になるねぇ。

 

演じていて自分が入ってしまうことってありますか?

畠山さん:楽しくなっちゃうとありますね。イコナというよりは畠山遼がつい出てきそうになります。たまに軌道修正できなくなる時もありますね。

仲田さん:僕も感情的になると自分が出る時があります。まず声が自分の声になっちゃう。ロニの時はやっぱりロニの声っていうものを意識してるんですけど、感情的になると声より心の方が強くなってしまうので自分の声に近づいちゃいますね。

また、逆に役の方が自分に入ってくることはありますか?

山沖さん:たまにありますね。例えば、いつもなら「そうだね」って返すところを「そうだな…」ってキザっぽく返してしまったり(笑)。普段は言わないような言葉とか言い方がふいに出てくることはあります。

瀬戸さん:僕は今まではどちらかと言うとロニみたいな静かな役が多かったんですが、今回初めてアルバのような元気な役を頂いたんです。先程も言った通りアルバとは似ているところも多いので、今回あるフィオーレファミリーがピンチになるシーンでは「本当にこの関係性が無くなったらヤダ!」って思って、自然に泣いてしまったりします。そういう熱くなるところは自分が入ってるのかなって思います。

仲田さん:本当に泣いてるんですよ。驚いたもん。

畠山さん:そういうの見るとこっちも返してあげないとって思いますね。
僕は稽古場で過ごす時、明るい役なら明るく接しちゃいますね。普段の自分とは違う自分で接してるかなって思うことがありますね。

山沖さん:役名で呼ぶことが多いよね。

畠山さん:あーそうだね。普段からアルバくん、ロニくん、ジュディくんって呼んでるかも。

仲田さん:俺達の名前知らないのかなってくらい呼ぶよね(笑)。

畠山さん:ナカ“タ”?(笑)

仲田さん:“ダ”だよ!(笑)

 

恋愛ゲーム『マフィアモーレ☆』をやってみてどうでしたか?

山沖さん:女性向けのゲームなので、当然女性がキュンキュンするように作られているんですが実際に言えたらカッコイイなって思うことはありますね。例えばゲームでヒロインがワンピースを着てきた時に「自分のためだけに着てくれないか」って、他の人の前では着ないでほしいということを言っていてカッコイイなって思いました。ある意味バイブルみたいな。これ極めたら誰でも落とせるんじゃないかって思います(笑)。

仲田さん:本番終わってから4人でナンパ行ったら大成功するかな?『マフィアモーレ☆』です!って。

畠山さん:タイトル言っちゃダメだよ(笑)。

瀬戸さん:アルバは「散歩に行こう」って言うと屋根の上を走り回るんですけど…

畠山さん:それ人?(笑)

瀬戸さん:それが出来たらカッコイイなぁって。

山沖さん:カッコイイんだ(笑)。

仲田さん:まあ小さい頃の夢だよね。屋根走るって。

瀬戸さん:あとアルバの尊敬するところは彼女のことを想って行動するところですね。彼女のためにわざわざ日本から仕入れておにぎり作ってあげたり、そういう行動力はすごいなって思いました。

仲田さん:最初は役作りのためにプレイさせて頂いたんですけど、どんどんハマっていってしまったんです。アバターとか。

畠山さん:そっち?(笑)

仲田さん:アバターを可愛くしていくと魅力が上がって、ロニの反応がどんどん変わっていくんですよ! そういうところからハマってしまって、ヒロイン側からキャラクターを見るようになって、よりキャラクター達がよく見えました。

畠山さん:イコナって諜報部員なんですよ。だからずっと手袋をつけているんでしょうけど、絶対日常生活不便だろうなって思います(笑)。実際僕も稽古中に不便だなって思うことがあるので。

仲田さん:え、イコナってベッドシーンでも手袋なの?ロニは裸だったよ。

畠山さん:そこまで詳しく見てないけど(笑)。それで言ったら刀はどうなの?

瀬戸さん:刀は寝る時から普通に下ろしてました。ベッドシーンに限らず。

山沖さん:僕はアルバをクリアしてようやくジュディルートに入ったところで、まだジュディの裸を見れてない(笑)。裸じゃなくて私服はどういうの着てるのかなって気になりますね。

 

瀬戸さんは初座長ですが、座長として心がけたことはなんですか?

瀬戸さん:今回キャストが多くて、チームフィオーレとかチームトクガワっていくつものチームがあるんですが、やっぱり一つの作品だから自分のチームだけで固まっていたら繋がっていかないんじゃないかなと思ったんです。だから全体を繋げるために、なるべく色々な人との時間を作って、一つにしようって頑張りました。

畠山さん:アルバくんはこの4人の中で一番全体の流れを把握できてるよね。僕らが「次何だっけ?」って言ったらすぐに答えてくれる。その時点で座長の自覚がすごいなって思ったの。

仲田さん:そうだね。今回シーンが細かくて、間にチームフィオーレ以外のチームがいくつも入るんです。通しの稽古もまだやってない頃だったんで前後の繋がりがあやふやだった僕らにも瀬戸くんは「次はここです」って、すぐ返してくれた。そういう予習を念入りにやっているところが責任感のある座長だなって思いました。…泣くなよ?(笑)

瀬戸さん:はい(笑)

山沖さん:よかったね。

 

皆さんから座長に対してリクエストはありますか?

仲田さん:自信を持ってほしい! 十分座長としての役割は果たしてるし、みんなをまとめるアルバであってほしいし、どんどん自信は持っていってほしい!

瀬戸さん:はい!

畠山さん:リクエストかぁ。うーん…明るく生きよう?

仲田さん:それリクエストじゃないから。カウンセリングになってくるから。

畠山さん:人生損しちゃうよ?

仲田さん:だから!カウンセリング!(笑)

瀬戸さん:(笑)

山沖さん:先程の話を聞いて、覚悟を持って皆をまとめようとしてくれてることは感じたんですけど、もっと僕らを信用して頼ってほしいなって思いますね。失敗しても僕らがカバーするから、思いっきりやってほしいなって思いますね。

瀬戸さん:ジュディさん…!!

 

最後に、オトメステージ『マフィアモーレ☆』の見どころをお願いします!

瀬戸さん:オトメステージには、オトメセレクトという来て頂いたお客様にヒロインとして舞台に参加して頂くシステムがありまして、物語の様々な部分で選択肢が登場し実際に選んで頂くオトメステージならではの部分は見どころですね。

山沖さん:ゲームが原作になっているので、ゲーム同様に観客=ヒロインが物語を進めていくという展開を舞台でも取り入れているんです。でも物語は舞台版のオリジナルですからゲームのファンの方も、ゲームをやったことのない方にも『マフィアモーレ☆』の世界観を体験して頂けるようになっています。

仲田さん:今回は殺陣とかもね。マフィアなので戦闘シーンが多いです。アクションシーンは必見ですね。あとダンスもカッコイイ!

畠山さん:劇中の歌も僕ら4人が歌っているので、その辺りも見どころにして頂ければと思います。

 

mafiamore0128_26

 

瀬戸さん、仲田さん、畠山さん、山沖さん有難う御座いました。

次回はゲネプロ(本番同様に行う最後の通し稽古)に潜入させて頂いたので、そちらのレポートも公開予定です!

写真もたっぷりお届けできたらなと思います( *´艸`)

 

以上、公開稽古潜入レポ&キャストインタビューでした(^^)/~~~

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook