2016年02月01日(月) 10時49分
  • NEWS

eスポーツ拡大へ向け 『Vainglory』が 2016 年さらに飛躍! 新ヒーロー「オゾ」の追加など春節を祝うアップデートも実施

Super Evil Megacorp は 2 月 1 日、モバイル向け MOBA『Vainglory』 2016 年の展開を発表。北米・欧州に加え東南アジア・南米での大会が実施されるほか、世界トップクラスの eスポーツチーム「Team Secret」の参加等も予定されている。

 

<以下プレスリリース概要>

タッチスクリーンeスポーツをリードする『Vainglory』、2015年の成功を元に更に飛躍

・2015年の大会賞金、総額35万ドルと発表
・DOTA 2の名門チーム、Team Secretが欧州オータム・ファイナル優勝チームMedia Pixelを獲得
・Super Evil Megacorp、VaingloryLeague (VGL)の創立者を迎え入れコミュニティ・ファーストのVainglory eスポーツ拡大へ
・春節スペシャルコンテンツ配信

 

カリフォルニア州サンマテオー2016年2月1日-Super Evil Megacorpによるモバイルアクションゲーム『Vainglory』は、昨年タッチスクリーンeスポーツとして大きな前進をしてまいりました。2015年は、欧米・韓国でのオフライン大会の開催に加え、初の中国大会を開催しました。

昨年は35万ドル以上もの賞金を世界各地のVaingloryプレイヤーが獲得し、新年とともに始まったウィンターシーズンではすでに800以上ものチームが今年を目標として登録しています。今年は北米・欧州に加え東南アジア・南米での大会が予定されています。さらに、今月から春節を祝う新コンテンツとして、新ヒーローや限定スキン、限定マップが配信されます。

Super Evil Megacorp、COO兼エグゼクティブディレクターのKristian Segerstraleは以下のようにコメントしています。

「eSportsがようやくPCで活躍できるようになるのに15年もかかった事を加味すると、これほど早くタッチスクリーンeSportsがeSportsの主流として認知されるのは非常に喜ばしい事だと思います。さらに、“Vaingloryはコミュニティの物である”との立ち上げ当初よりの考えを今年もさらに具現化したいと考えています。Vaingloryトップレベルの選手達が知名度の高いeSportsリーグに加入することになり、非常に誇らしく思います。また、今年からは世界中のプレイヤーの皆様が大会に出場できる機会が増え、さらに競技レベルでゲームに参加できるようになるかと思います」

 

Team Secret、欧州オータム・ファイナル優勝チームMedia Pixelを獲得

 

Team Secret

Team Secret

 

VaingloryのeSports界での活躍を示すかのように、現在世界ランク8位であるDOTA 2チームTeam Secretが、先月のVainglory European Autumn Championshipを見事に制覇したフランスのチームMedia Pixelを獲得しました。Team Secretは今までPCで競技に参加してきましたが、初のモバイルゲームとしてVaingloryへの参加を表明しました。

Team SecretチームディレクターであるKemal Sadikoglu氏は以下のようにコメントしています。

「先月のVainglory欧州大会で見事に勝利したMedia Pixelを獲得しましたが、実は当チームおよびVaingloryには前々から興味がありました。PCと比較するとモバイル端末は3倍も普及しているのでモバイルeSportsは確実に拡大すると思っています。それをまさに体現しているのがVaingloryで、モバイル世代がeSportsを真剣に競争を行える場として自らを提供していると思います。以前ではPCでしか体験できなかった魅力溢れるチームプレイや戦略性、先見や技術等のようなプレイヤーの手腕を見せつける場としてVaingloryがまさに最適かと思います」

 

VaingloryLeague (VGL)の創立者を迎え入れコミュニティ・ファーストのVainglory eスポーツ拡大へ

 

さらにSuper Evil Megacorpは、Vainglory最大のコミュニティ主導eSports団体であるVaingloryLeague (VGL)の創立者を迎え入れ、さらに提携を強化する事になりました。Vaingloryが世界で人気タイトルとなる前よりSuper Evil Megacorpと取り組みを続けていたVGLは、以前から大会が行われていた欧米に加え、南米・南アジア・韓国をVGL管理下に置き、大会を広げる事になります。これらプログラムを遂行するにあたり、Super Evil MegacorpがVGLの創立者であるTomek “bluberryz” Borowka とJonathan “DonJon” Sakoukyを正式に社員として迎え入れる事を決定しました。

 

春節を祝うアップデート実施

 

Vainglory

 

今月からVaingloryウィンターシーズンが始まり、春節を祝うコンテンツが次回アップデートで配信されます。2月上旬より、ハルシオンフォルドにて春節を意識したマップに花火や華やかさを演出する数多くのエフェクトが待っています。また、危険をあざ笑いつつ、研ぎ澄まされた輪っかを鮮やかに回しながら敵陣に飛び込み脅威を巻き散らす、お祭りが大好きな猿「オゾ」が新ヒーローとして登場します。

 

Vainglory

Vainglory

 

Super Evil Megacorpについて

Super Evil Megacorp は、Riot Games、Blizzard Entertainment、Rockstar Games をはじめとするさまざまな企業から集まった、それぞれの分野での達人からなるゲーム開発者のチームです。当社の初タイトル『Vainglory』は2014年と2015年のApple社「ベストアプリ」、WWDCの「Apple Design Award」を受賞しています。正式ローンチから一年足らずで、『Vainglory』のオフライン競技イベントがアジア、北米、ヨーロッパで開催され、賞金総額は35万米ドルを超えました。当社はカリフォルニア州サンマテオに本社を構えており、総勢45名強で開発・運営を行っています。Super Evil Megacorp は、General Catalyst, Index Ventures, Signia Venture Partners, DST Advisors, CrossCut Ventures, Korea Investment Partners (KIP), Breyer Capital, Initial Capital, The Raine Group and ZhenFundを含むさまざまな後援者から 4,100 万米ドルの資金を調達しました。

さらに詳しい情報は http://www.superevilmegacorp.com/ および http://www.vainglorygame.com/をご参照ください。

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:MOBA・DotA系ゲーム最新情報, ニュース , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook