2013年09月02日(月) 16時47分
  • REVIEW

よこく状 : ワタシとあそびなさ~い!! 「元」大魔王コルネットと魔法少女たちとのコミカルキュートで超ハードなタワーディフェンス『Defense Witches for iPhone/iPad』

二頭身キャラのコミカルなキュートさと、タワーディフェンスの高い戦略性とを兼ね備え、リリースから1年経過後もファンから高い評価を受ける本格コミカルタワーディフェンス『Defense Witches for iPhone/iPad』をご紹介。

 

 

defencewitches_01

 

萌えのネコかぶったスーパー硬派なタワーディフェンスの名作

 

defencewitches_07

 

魔法学校に通う魔法少女たちが、かつて世界を支配していた魔王の力を閉じ込めた「封印石」を破壊し自分の力を取り戻そうとする「元」大魔王コルネットの386回目の挑戦を阻止すべくドタバタと奮闘する、大きいお友達向けの「魔法少女萌え」のふりした超本格派タワーディフェンスゲームの本作。

 

defencewitches_02

 

ゲーム自体はフィールド内にユニットを配置し、自陣奥に置かれた「封印石」に向かって進行してくる魔物を撃退していく単純明快なタワーディフェンスなのだが、その難易度はカワイイ顔して割と凶悪。

おまけに開発者曰く「全ステージでパーフェクトクリアが可能」という、腕に覚えのあるプレイヤーが聞いたら「じゃあやったろやないかい!」とその気にさせるやりこみ仕様で中毒性がかなり高め。行動力やスタミナという概念がないため、何度でも気が済むまでやり続けることができるのだ。

 

defencewitches_03

 

defencewitches_18

 

もちろんゲーム性だけでなく可愛らしい世界観も魅力の一つ。「元」大魔王のコルネットや、どこか間の抜けた魔法少女たちのやり取りは、「大きいお友達」だけでなく女の子でも楽しめるコミカルな4コマ漫画テイストで、これを見ているだけでも面白い。

骨の髄までやり込める本格タワーディフェンスゲームとしてはもちろん、コルネットや魔法少女たちの「キャラクターゲーム」としてカジュアルにも楽しめる、硬軟自在の幅広いユーザーが楽しめる懐の深い一本となっている。

 

シンプルだからこそ奥深いゲーム性

 

defencewitches_05

 

defencewitches_06

 

ゲームの流れは本当にシンプル。各ステージのフィールド内に設置された「封印石」に向かって魔物たちが「WAVE」単位で襲い掛かってくるので、プレイヤーはユニットとなる「魔法少女」を召喚して配置し撃退していくだけの、「これぞタワーディフェンス」というゲーム。

フィールド画面上部のメニューは左から「プレイ・ポーズ切り替え」「ゲームスピード倍速」「現在と残りのWAVE数」「スコア」「マジックポイント」「封印石のHP」となる。

ユニットはフィールド内のマス目をタップし、マジックポイントを消費して召喚する。マジックポイントは敵を倒したり、フィールド内のオブジェクトを破壊することで上昇していく。封印石は敵がぶつかるごとにHPが減っていき、ゼロになった時点でステージ失敗。全WAVEを耐えきったらステージクリアだ。

 

defencewitches_08

 

defencewitches_10

 

最初は近接攻撃タイプの「デイジー」しか召喚できないが、ステージを進めていくことで遠距離タイプの「ベッキー」、敵の進行を一瞬足止めする「電撃スタン」攻撃の「クロエ」など、様々なキャラクターを召還できるようになる。

 

defencewitches_12

 

ユニットは課金アイテムの「クリスタル」でも購入することができる。基本アンロック条件のステージまで進めば何もしなくても召喚できるようになるが、クリスタル購入でしか手に入らない強力なユニットも存在する。キャラが気に入ったのなら購入してみよう。

 

defencewitches_14

 

各ステージで登場する魔物たちは、ステージが進むごとに外見は一緒でも、耐久力など各パラメータが上昇していき、以前なら一撃だったモンスターでも徐々に数発は耐えるようになってくる。第一ワールドでも終盤となると、単純にユニットを数多く召喚し配置するだけでは苦しくなってくるだろう。そこで活用するのがユニットのレベルアップだ。

 

defencewitches_11

 

フィールドに配置したユニットをタップすると、マジックポイントを消費してレベルアップさせることが可能で、それに応じて攻撃力、スピード、攻撃範囲が上昇する。

レベルアップでのユニット強化はこのゲーム攻略において超重要要素。マス目いっぱいにユニット並べてもステージクリアすらできないことがままあるからだ。

 

defencewitches_13

 

また画面右上の「パワーアップ」から、クリスタルを消費して各種パワーアップアイテムを購入することもできる。クリスタルはゲーム中に無料で手に入ることもあるので、どうしてもステージクリアできない場合などにはパワーアップアイテムも活用してみよう。

 

defencewitches_16

 

封印石が破壊されることなく全WAVEをしのぎ切ることができればステージクリア。敵を一体も封印石にたどり着かせることなくクリアすると「パーフェクトクリア」となり、スコアにボーナスが加点される。

ちなみにその時点で召喚可能なユニットのみで、パワーアップアイテムも使用せず、召喚したユニットを一度も解除せずに全ステージでパーフェクトクリアが可能とのこと。腕に覚えのあるプレイヤーは「巻き戻し」機能を使って各WAVEを検証し、どのような配置を実現可能かトライしてみよう。

 

defencewitches_17

 

ただステージが進むごとにパーフェクトクリアへの道は険しくなり、特にコルネットが出撃してくるステージは至難の技。コルネットは属性攻撃に耐性があり、通常攻撃でも耐久力が強いので、慣れないうちはコルネットを追い返すことは相当難しいだろう。

任意の敵をタップすることで、その敵に対し集中攻撃を仕掛けることができるので、各ユニットのレベルアップ、集中攻撃をうまく使っていくことがコツ。

 

defencewitches_04

 

まあコルネットが封印石にたどり着いても喰らうダメージは5なので、ステージクリアを目指すだけならスルーして全然OK。ただスルーばっかりしていると、コルネットが「遊んでー!」って荒ぶるほどの構ってアピールをしてくる、かもしんない。せっかくなのでチャレンジしてあげよう。

 

DW劇場でコントを楽しみつつヒントも確認

 

defencewitches_20

 

全ステージでのパーフェクトクリアが可能と公言されているように、決して「無理ゲー」などではないものの、難易度的には若干高め。「キャラはカワイクても難しいんじゃなぁ…」と敬遠してしまうユーザーもいるかもしれない。

しかし本作にはステージ選択時に「DW劇場」という名のヒント機能があり、ここからタワーディフェンスの「コツ」を学ぶことができるので、初心者でも十分遊べる仕様になっている。

 

defencewitches_21

 

defencewitches_19

 

DW劇場は、まずは4コマテイストの漫画でキャラクターたちのとぼけたやり取りが流れ、その最後に「クリア例」として使用ユニット数とその配置、レベルが表示される。もちろんこれが唯一の正解などではないが、まずはこのクリア例と同じユニット配置を行ってみて、それで本当にクリアできるのか試してみよう。

そうすれば、各ユニットの効果的な配置方法や、各ステージで必要なユニットレベルを自然と学んでいける。あとはそれを踏まえて「自分のアレンジ」を加えていけばいいだけだ。

「魔法少女もの」という一見「萌え萌え系」なテイストでありながら、実はかなり硬派なディフェンスゲームとしてやり込める本作。タワーディフェンスゲームファンの方ならもちろん、可愛いイラストに惹かれたカジュアルゲーマーな方にも文句なしにおススメの一本だ。

 

タイトル Defense Witches for iPhone/iPad
開発 NEWGATE
ジャンル タワーディフェンス
掲載時価格 無料
公式サイト Defense Witches

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook