2013年08月30日(金) 15時30分
  • REVIEW

去年まで女子高だった高校に転校した結果wwww 「俺の嫁しかいないヘブン状態」の青春コミカルお手軽カードバトル『あんさんぶるガールズ!』

シナリオに『私の優しくない先輩』等で知られる作家「日日日(あきら)」氏を起用し、システムも「めちゃ単純化」したことでひらすら「女の子漁り」と「学園ストーリー」を楽しめるカードゲーム『あんさんぶるガールズ!』をご紹介。

 

 

ensemblegirl_01

 

せめてゲーム世界だけでも…

 

ensemblegirl_02

 

昨年まで女子高だった「君咲学院」に初の、そして唯一の男子生徒として転校してきた主人公が、学院の女の子たちとキャッキャウフフしながら彼女たちの青春を応援していく、「現実だったら100%ハレモノ扱いされるけどせめてゲームの中くらいは桃源郷を」という開発者のモテない男たちへの切実な思いやりにあふれるドタバタ学園コメディ型ソーシャルカードゲームの本作。

基本的には「モバマス」やら「GF(仮)」と同じく、あらゆる「ギャルゲ属性」を持ちあからさまに狙いまくった女の子たちの中からお好きなタイプを選んで育て進化させて「ブヒィ!」とブヒりながら楽しむタイプのカードゲーム。

 

ensemblegirl_05  ensemblegirl_06

 

だが本作ではカードゲームでややこしくなりがちな「合成」「デッキ編成」をすべて自動化しちゃってゲームシステムをめちゃくちゃ単純化。

おかげでプレイヤーは合成や編成に頭を悩ませることなくひたすら「ガールハンティング」に勤しむことができるのが特徴だ。

 

ensemblegirl_07  ensemblegirl_08

 

そして何よりカードゲームでありながら女の子たちとの「青春学園ストーリー」を満喫できるところが最大の魅力。シナリオ担当には人気作家の「日日日(あきら)」氏を起用し、ゲーム内のイベントや、女の子たちのイラストもストーリーに絡めたものばかり。

モバマスなどを例に挙げるまでもなく、「二次元萌え豚御用達」のふりして実は高い戦略性が求められるのがこの手のカードゲーム。しかし本作ではゲーム自体は単純化してシナリオに力を入れたことで、誰でも気軽に楽しめるソーシャルカードゲームとなっている。

 

ソシャゲをさらに簡略化

 

ensemblegirl_09  ensemblegirl_12

 

ゲームの基本は手持ちの女の子でデッキを組み、行動力の「体力」を消費しながら「クエスト」を行い、新しいカードの入手とカードのレベルアップを図っていくという典型的なソシャゲ。だが「普通のソシャゲ」と決定的に違うのがカードの能力アップとデッキ編成。

基本このゲームでは「合成」も「編成」もすべてが自動。もちろん編成は手動でも行えるので、自分が育てたいメンバーをチョイスすることだって可能だが、単純に能力の高いメンバーでクエストに向かいたいなら「編成」なんてものを考える必要は一切ない。

 

ensemblegirl_13

 

クエスト中に様々な女の子と出会い自分のカードとして手に入れられるが、新しく出会った女の子がすでに手持ちのカードの中にあった場合、出会った瞬間に自動で合成してくれ、勝手にレベルアップしてくれる。

 

ensemblegirl_16  ensemblegirl_15

 

しかもプレイヤーが「育成カード」にセットした女の子は、クエスト中にカードを入手するとそれだけで経験値が上がっていき、これまたどんどんレベルアップさせることができるのだ。

もちろん自動合成にゲーム内コインの消費などはなく、行動力の続く限りクエストを繰り返していれば、自分の手持ちのカードも育成カードも勝手に育っていってくれる。

 

ensemblegirl_17

 

そして女の子たちのレベルが上がり、マックスになると「才能開花」してイラストもバージョンアップ。

「進化用素材」なんかも必要ないし、なかなか自動合成できなければ「育成カード」にセットしてしまえばいい。本当にゲーム進行だけでなくカード育成すらもサクサクと楽しむことができるのだ。

 

ensemblegirl_18  ensemblegirl_19

 

クエスト中にはレイドボス戦となる「ミッション」が発生することがある、というのもまあソシャゲではお馴染み。ミッションでは手持ちのカードの中から10人の生徒を自動で選ばれ、「活動力」を消費して制限時間内にクリアすることで報酬がもらえる。

女の子たちはレベル上限の半分に達すると必殺技を覚え、ミッションなどのバトル時に発動させることができるようになる。さらに女の子の学年、属性によりボーナスが発生し、強力なボスとの対決時には重要な要素となるが、実は「学年」「属性」のボーナス対象は毎週変更されるのだ。

 

ensemblegirl_22  ensemblegirl_23

 

ボーナス対象となる学年と属性は、毎週ログイン時に開催される「全校集会」で発表される。さらにお得なガチャ情報などを放送部が「君咲学院放送局」として知らせてくれる。ゲームシステム自体は単純化されながらも、コミカルかつ非常に凝った演出を見せてくれるのも魅力だ。

 

ensemblegirl_24  ensemblegirl_25

 

もちろんソーシャル機能として他ユーザーと繰り広げる「校内定期戦」という「俺の嫁自慢対決」もあり、勝利し「知名度」をあげていくことでボーナスを受け取ることができる。

校内定期戦でのデッキもオートなので、プレイヤーはひたすら女の子たちのレベルを上げることを考えていればOK。ただ当然属性ボーナスは発生するので、より有利に戦いを進めるには、手動でデッキ編成をした方がいい場合もあるだろう。

 

すべては「嫁たち」とのキャッキャウフフのため

 

ensemblegirl_26

 

このように演出などにはこだわりつつ、徹底的にゲームシステムを簡略化し誰でも気軽に楽しめるようになっている本作。ゲームシステム簡略化最大の狙いが、「より女の子たちとの学園物語を楽しんでほしい」ためであることは言うまでもない。

 

ensemblegirl_27  ensemblegirl_28

 

メインストーリーはレベルを上げていくごとに解放されていき、主人公が生徒会長である「鶴海ひまり」に振り回されていくドタバタ青春コメディを堪能することができる。さらに様々な女の子たちに出会うことで、キャラごとのサブストーリーが解放され、メインストーリー以外にも様々なエピソードを楽しめるようになっている。

 

ensemblegirl_29  ensemblegirl_30

 

基本女の子たちとの出会いはガチャが一番効率的で、当然レアなものは課金が有効となるが、序盤はレアカードが手に入るガチャチケットをプレゼントで数多くもらえるし、ノーマルでも非常に可愛らしい女の子ばかりなので、無課金で十分キャッキャウフフ「俺の嫁」と戯れることができる。

カードゲームとしての戦略性を求めているユーザーには若干物足りないだろうし、またアプリのレスポンスなどが若干悪いところなどもあり、ストレスを感じるところもないではない。

しかしお手軽に、カワイイ女の子たちをサクサク集めて青春学園コメディを楽しみたいという方はもちろん、夢の女子高で教鞭を揮うことになって「ヘブン状態wwww」とか思ってたら「ひげが生えてる」「スカートの中をうちわであおぐ」など女だらけで油断しまくった生徒たちに幻滅した男性教師の皆様などにもおススメの一本だ。

 

タイトル あんさんぶるガールズ!
開発 Happy Elements K.K
ジャンル ソーシャルカードゲーム
掲載時価格 無料
公式サイト あんさんぶるガールズ!

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook