2013年08月22日(木) 19時29分
  • REVIEW

懲りない父子の「でき婚サーガ」第二章。そして歴史は繰り返す…。 「今度は息子がハイパー賢者タイム」型アクションRPG『一本道RPGⅡ~あの日に授かった伝説の王子~』

前作の「あの日」に授かった王子とその恋人の倦怠期カップルが退屈な毎日に「生命の危機」という刺激を与えて性欲を高めるため、再び歩いて五分の所に住む魔王討伐を目指す『一本道RPGⅡ~あの日に授かった伝説の王子~』をご紹介。

 

 

ipponmichirpg2_02  ipponmichirpg2_68

 

この父にしてこの子あり

 

ipponmichirpg2_01  ipponmichirpg2_06

 

JRPGの「一本道批判」に対し「一本道しか用意しない」というピサの斜塔が直立して見えるくらいに斜に構えたアンサーで応えたゲームシステムと、ドラクエでお馴染み「ゆうべはおたのしみでしたね」的「ドイヒー」なオチで人気を博した『一本道RPG』の続編となる、ジョークテイスト満載な本作。

前作の世界観を引き継いでいるため、まずは1作目『一本道RPG』の方をプレイするか(所要時間:約5分)、拙著のレビューを確認することをおススメするが、ゲームシステム自体は前作とほぼ同じでメチャカンタン。

強制縦スクロールのフィールド内で、すべての魔物を一撃で倒せる「ゆうしゃのつるぎ」を手にした王子さまを左右に操り、まっすぐ歩いて5分の所に住む魔王に向かって体当たりしながら突き進んでいく「当たり屋稼業」型のアクションRPGだ。

 

ipponmichirpg2_69  ipponmichirpg2_40

 

最新作となるこのゲームでは、新たに幼馴染の恋人で魔法使いの「フランカ」がパートナーとなり、攻撃魔法や回復魔法、補助魔法、さらには召喚魔法までをも使って王子様をサポート。

1パターンだったスワイプ操作が4種類に増えたことでよりアクション性が高まり、数分でクリアできるボリュームはそのままに、ゲームとしてはかなりのパワーアップを実現している。

 

ipponmichirpg2_04

 

もちろん開発者の「いい性格している」具合を存分に味わえる世界観はそのまま。前作から20年後の設定で、「あの日」の「あの一件」のせいで「責任取ってよ」と言われたであろう勇者が婿入り王様となり、復活した魔王討伐に向かうのは「そうやって誕生した」自分の息子で王子さま。

あの「思い出の宿屋」も元気に営業中で、おまけに今度は恋人つき。「歴史は繰り返す」という人間の愚かさを描くことで、「でき婚」しちゃって人生の墓場を満喫中の幸せな男性諸氏の涙を誘う一本となっている。

 

フランカの育成がゲーム攻略のカギ

 

ipponmichirpg2_67

 

5ステージ制で、各ステージのボスおよび最終ステージの魔王を倒すことが目的の本作。操作方法は、端末を左右に傾けるティルトと、上下左右のスワイプのみ。強制縦スクロールのフィールドを突き進む王子とフランカをティルトで左右に動かし、スワイプで魔法が発動。

画面上部には王子とフランカのステータス情報と、王子のHPゲージ(王子の下にも表示)、フランカのMPゲージ、経験値ゲージが表示されている。王子のHPゲージがゼロになったらゲームオーバーだ。

HPはフランカの回復魔法のほかに、王子のレベルアップで全回復、さらに時間経過でも自動で徐々に回復していく。

 

ipponmichirpg2_11  ipponmichirpg2_12

 

フィールド内のモンスターへの攻撃は基本王子の体当たりで、一撃で敵を倒せるものの、体当たり時に王子様はダメージを喰らう。

まあこれは前作と全く同じだが、今回は敵の攻撃力がかなり上昇していて、普通に体当たりしていてはあっという間に自分のHPが削られゲームオーバーを迎えてしまう。そこで登場するのがフランカの魔法。本作ではフランカの攻撃魔法でモンスターのHPを体当たり前に削っておくことが超重要なのだ。

 

ipponmichirpg2_55  ipponmichirpg2_16

 

フランカの攻撃魔法は自動で前方に一定間隔で発射されていく。これをモンスターに当てると、魔法の威力に応じて敵のHPゲージを削ることができる。

魔法はHPを削るのみで、最後に王子が体当たりしない限り敵を倒すことはできない。しかしHPゲージがゼロのモンスターに王子が体当たりするとノーダメージで倒すことができるのだ。

攻撃魔法は「火属性」と「風属性」の2種類あり、上方向へのスワイプで切り替え可能。まあ「属性」といっても単に魔法が一直線に飛ぶか斜めに飛ぶかの違いだけで、使いやすい方を選んでOK。ただボス戦だけは一直線に飛ぶ「火属性」でないとそもそも魔法が当たらないので注意を。

 

ipponmichirpg2_03  ipponmichirpg2_46

 

最初は威力の小さい魔法しか使えないが、フランカがレベルアップしていくことで、攻撃に限らず防御、回復、召喚と効果の高い魔法をどんどん覚えていく。というかフランカがレベルアップしないとゲームクリアはできないだろう。

本作ではゲームオーバーになった場合、王子のレベルはリセットされてしまうがフランカのレベルや魔法は引き継ぐことができる(装備は不可)。まあつまりそれだけ魔法の能力が重要であるということであり、フランカの育成がゲームクリアのカギを握っているのだ。

 

ipponmichirpg2_25  ipponmichirpg2_28

 

フィールド内の宝箱からは、魔法の連射速度を高める「つえ」とMP回復の「まほうすい」が手に入る。連射速度はゲームクリアにおいて魔法の威力と同様に「超必須」能力で、MP回復は「まほうすい」かフランカのレベルアップしか方法がない。宝箱は見逃さずにとることが大事。

また回復魔法はMP消費が一番大きいので、MP切れを起こさないためにもHPは自動回復やレベルアップに任せ、防御魔法でHPの減りを少なくさせたり、召喚魔法を使ってフィールドの敵に一気にダメージを与えるといったちょっとした工夫が必要だろう。

難易度は前作よりも上がっていて、特に最初のうちはフランカのレベルが低いこともあり苦戦は必至。だがフランカのレベルが上がっていけば、必ずクリアできるようになるだろう。

 

そして歴史は繰り返す…

 

ipponmichirpg2_42  ipponmichirpg2_43

 

そうしてどうにかこうにか魔王を倒し、そのまま一直線にお城に向かって感動のフィナーレ、になるわけないのは前作クリアした人なら想像がつくはず。というか「やることは一緒」なんだけどもね。

ネタバレ覚悟で簡単に説明するなら、今回は「ハイパー賢者タイム発動」。腰タオル姿で「まだいたの? 早く帰れよ」と恋人にクールに語り掛ける王子さまの凛々しい姿を想像したのは筆者だけではないだろう。

相変わらず10分弱で遊べるボリュームで、ふざけたオチまで楽しめる本作。噂によると、『一本道RPG』は三部作構想となっているとか…。

「懲りない男ども」の行く末を見守りたい「一本道サーガ」ファンの方はもちろんのこと、チェックイン早々賢者タイムが発動する王子様に共感する「早い」と言われがちなあなた、「あの時きちんと着けとけば…」と後悔先に立たずな「おめでた婚」して幸せいっぱいな方々などにもおススメの一本だ。

 

タイトル 一本道RPGⅡ~あの日に授かった伝説の王子~
開発 Qooga Create Limited company
ジャンル アクションRPG
掲載時価格 無料
公式サイト Qooga Create Limited company

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook