2013年08月20日(火) 18時00分
  • REVIEW

ぽんぽん触ってしまえばいいにゃ♪ にゃんこと一緒にうぇいうぇいあそぼ☆『LINE ぽんぽんぽん』

エブリデイが「ぽん」でエブリタイムも「ぽん」をモットーに海外受けは良いけど日本人の友達は少なそうな格好をした女の子はもちろん単純ににゃんこ好きな方などにもおススメの『LINE ぽんぽんぽん』をご紹介。にゃ。

 

 

lineponponpon_01

 

PONPONにゃんにゃんPONにゃんにゃん

 

lineponponpon_64  lineponponpon_65

 

「カワイイ」と「カンタン」を前面に押し出して、シンプルながらもきちんと「遊べる」レベルのアプリをリリースし続けることでスマホのネイティブアプリにおいて確たるブランドを築き上げたといっても過言ではない「LINE GAME」。

その最新作となる『LINE ぽんぽんぽん』は、ぱみゅぱみゅ言っている人の曲を連想させるようなタイトルが示す通り、「ぽんぽん」とタップするだけの簡単操作で、カワイイにゃんこと一緒にいろんなゲームを「にゃんにゃん」と楽しむことができるミニゲームコレクション。にゃ。

 

lineponponpon_15

 

現バージョンで6つ、さらにアップデートで増える予定のミニゲームはカンタンながらもついついハマる面白さだし、何よりにゃんこの姿とキャラクターボイスが鼻血出るほどかわいらしい。

 

lineponponpon_49

 

さらに本作では簡単ながらも育成要素も取り入れていて、にゃんこの世話をして愛情度を上げてスコアボーナスが獲得できるなど、「キャラ押し」を強めているのも特徴。

誰でも楽しめるゲーム性やほんわかとした世界観など、小さなお子さんからアラフォー女子の皆様まで幅広いユーザーが楽しめる一本となっている。

 

ぜひとも音有りでプレイしてほしいにゃ

 

lineponponpon_04  lineponponpon_11

 

本作に収録されているミニゲームは、現時点で6つ。いずれも「制限時間内にハイスコアを目指す」というヒジョーにシンプルなゲームシステムで、すべてのゲームがタップかスワイプで遊べる超カジュアルゲーム。にゃ。

たとえば「とんでポン」ならにゃんこがお花に着地するタイミングに合わせて「にゃ」とタップしてぽよよんと連続ジャンプをさせるだけ。

 

lineponponpon_21  lineponponpon_28

 

「おぼえてポン」は箱の中に隠れたにゃんこをタップかスライドさせて見つけ出し、「たんごポン」ならブルドックのお題と同じ文字をタップでぽてぽてと作ればOK。

 

lineponponpon_31  lineponponpon_43

 

「うってポン」は下から飛んでくる「バブル」を毛糸玉の大砲で破って落とす、ファミコン世代なら『プーヤン』を思い起こさせるような懐かしいゲームで、「きってポン」は下から飛び上がってくるバブルをスライド操作で切って破るミニゲームで、まあ「うってポンのスライド版」みたいなもの。

 

lineponponpon_38  lineponponpon_35

 

中でも筆者一押しは「りずむポン」。音が異なる2種類のバブルを、ブルドッグが並べたのと同じように「ぽんぽん」と並べていくミニゲームなのだが、これは是非とも「音有り」でプレイしてほしい。にゃ。

まあ「音ゲー」というよりは「記憶ゲー」なので、バブルが並ぶ順番を覚えておけばサウンドなどなくてもクリアできてしまうのだが、ブルドッグとにゃんこの声がとにかくカワイイらしいやらバカバカしいやらで思わずワラけてしまう。

特に個人的にツボだったのがブルドックの「ポン」の声。ちょっと渋めなダンディヴォイスで「ポンッ」と語頭強めでやたらファンキーに言うのがかっこいいんだけどバカっぽくてすごく好き。電車の中では是非ともイヤホンつけてプレイを。

 

lineponponpon_33  lineponponpon_05

 

LINEゲームではお馴染みの「ミッション」をクリアすることでアイテムなどのプレゼントがもらえるほか、本作では友達と直接対戦できるのも特徴。対戦の場合、アイテム購入の際に必要なゲーム内コインを通常プレイ時よりも多く手に入れることができる。

 

にゃんと選べるにゃんこは9種類

 

lineponponpon_51  lineponponpon_63

 

また単なるミニゲーム集ではなく、にゃんこの「お世話」ができるのも本作の特徴。ネコと一緒に遊んだり、エサをあげたり、なでてあげることで「愛情度」が上がっていき、マックスになると30分間スコアボーナスが付与される。

 

lineponponpon_54  lineponponpon_57

 

お世話で行える各メニューはそれぞれ1回実施すると次に使用するまで30分間待たなければならなくなるのだが、何もしないでいるとにゃんこがつぶらな瞳をうるうるさせちゃって胸が「きゅん」と締め付けられてしまう。んふー、たまらん。

にゃんこはデフォルトの「クルミ」を入れ、現バージョンで9種類のねこを使用することができる。まあこの辺もLINEゲームではお馴染み。他のにゃんこたちには様々なボーナスが付与されていて、いずれもハイスコアを狙うにはかなり重要。

課金アイテムが必要となるにゃんこもいるが、そのほかにもイベントミッション達成で手に入るものやゲーム内コインで購入できるものも数多くいるので無課金ユーザーでも十分楽しめることができる。

まあ基本「暇つぶしメイン」のカジュアルゲームではあるが、クオリティはさすがのLINEゲーム。

もちろんツールとしての「LINE」があってこそではあるが、「ゲーム」として遊べる品質のアプリをリリースし続ける姿勢は、任●堂の倒し方を知っている(倒せるとは言っていない)と噂されたソーシャルゲーム業界の方々にも参考にしていただきたいくらいだ。そういうこと言うとすぐ丸パ●リはじめるかもしれないけど。

「ちゃんとしたカジュアルゲーム」をお探しの方はもちろん、にゃんこ好きな方、ダンディヴォイスでの「ポンっ!」というファンキーシャウトを一度聞いてみたい方などにもおススメの一本だ。

 

タイトル LINE ぽんぽんぽん
開発 LINE Corporation
ジャンル アクション
掲載時価格 無料
公式サイト LINEゲーム

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook