2015年10月28日(水) 11時00分
  • REVIEW

もはや「もしもしゲー」とか言ってる奴こそ情弱 スマホゲームのレベルをブッちぎる『ワールド エンド エクリプス』先行プレイレビュー

10 月 29 日にスマホ版がリリース予定の本格RPG『ワールド エンド エクリプス』。既存の国産スマホゲームを軽くブッちぎる本作の先行プレイと本山プロデューサーにインタビューをする機会に恵まれましたのでご紹介。

 

『ワールド エンド エクリプス』

 

これやってまだ「もしもしゲー(笑)」とか言うならどうかしてる

 

『ワールド エンド エクリプス』

『ワールド エンド エクリプス』

『ワールド エンド エクリプス』

 

リアルタイムで進行する「2ライン・アクティブコマンドバトル」、単体でもじっくり遊べる「街づくり」、そして竜が朽ちた、荒廃した世界で生きる人々を巡る重厚な「ストーリー」。

これらすべてが隙なく作り込まれた本格 RPG が、セガゲームス渾身のタイトル『ワールド エンド エクリプス(ワルエク)』です。

「スマホゲーム」なんて聞くと「もしもしゲーwww」と、まるで鈴の音を聞いたパブロフの犬のように条件反射でヨダレ垂れ流す “こあげーまー” さんも少なくないかもしれませんが、「ワルエク」やってまだそんなこと言い出すんだとしたらそいつはとんだなんちゃって野郎です。

何もケンカ売ろうってわけではありませんが、遊んでみたら鼻息荒くなるのも無理からぬことが良くわかるはず。それくらい「ワルエク」は超スマホ級クオリティに仕上がっています。

 

プレイヤーの腕が問われる、ビシバシに考え抜かれたゲームシステム

 

『ワールド エンド エクリプス』

『ワールド エンド エクリプス』

 

「ワルエク」は 2 ライン・アクティブコマンドバトルと呼ばれるバトルシステムになっています。簡単に言えば「2 ラインあるラインバトル」ってこと。基本なとこだけならよくあるラインバトルと大差ありません。ところがどっこいしょ。

「ワルエク」が他のスマホラインバトルと違う点はまさしく2 ラインというところで、これこそが「コンシューマーか!」ってくらいの高いゲーム性を生んでいます。

 

『ワールド エンド エクリプス』

 

 1 ラインならユニットを大量に出し数でゴリ押せますが、2 ラインの場合一方に戦力を集中させると逆ラインをやすやすと突破されてしまいます。「ワルエク」は大手芸能事務所のようなゴリ押しを許さないのです。

ユニット出撃に必要な「トーチエネルギー」はスキル発動でも必要なため、バトル中のコスト管理が非常にシビア。おまけにユニットが敵にやられると、再出撃までにかかるリスポンタイム(復活時間)が結構エグいので、戦線維持には残 HP の少ないユニットの「一時帰還」も欠かせません。

 

『ワールド エンド エクリプス』

 

重要なのは「出撃、スキル発動、帰還、コスト管理」ですが、モタモタしてたらあっという間に大ピンチ、戦線維持などとてもできません。この目まぐるしいバトルの臨場感といったら手汗ジットリもん。シミュレーション系バトルなのにアクション性メチャ高です。

さらにキャラメイクも、さながら 40 手前の独身男性の心の闇のように奥深いです。

キャラは「剣・大剣・盾・弓・槌」 5 種の「兵種」と固有の「特性」を持っていますが、「スキル」や「攻撃力」などのパラメーターは人格を持った装備武器「アイギス」に振られています。つまり、キャラとアイギスの組み合わせで様々なキャラメイクが可能なのです。

 

『ワールド エンド エクリプス』

『ワールド エンド エクリプス』

 

例えば「移動は遅いが防御力が高い」という盾兵で、しかし「足が速い」という特性を持ったキャラがいるとします。こいつに回復スキル持ちのアイギスを装備させると「足が速くて防御力も高い回復スキル持ちの盾兵」という、ぬりかべもシャッポ脱いで逃げ出す妖怪みたいな壁役が出来上がります。

もちろん性能ではなくカップリング重視で行ってもOK。「ワルエク」公式サイトの開発者ブログでは「おねーさんと少年アイギス」「オッサンと幼女」などカップリング論争上等の罪深い組み合わせも紹介しています。要はどんなキャラクターでも作れるってことです。

 

『ワールド エンド エクリプス』

『ワールド エンド エクリプス』

 

またアイギスのスキルは「スキル伝授」で別のアイギスに引き継ぐことができ、1 アイギスで最大 3 スキルもつことができます。

 

『ワールド エンド エクリプス』

『ワールド エンド エクリプス』 

 

スキルはド派手演出見ればサルでもわかるってくらいに超強力

アイギスの長所や短所を考えながらスキルを伝授させ、さらに「兵種」「特性」にマッチしたキャラとカップリング合わせることで、例えレアリティが高くなくとも強力なユニットを作り上げることができます。

実際これ「Sレア禁止」など縛りプレイも絶対楽しめます。それくらいプレイヤースキルが問われるバトルシステムになっているのです。コンシューマーメーカーとしてのプライドが、女王様が振り上げるムチのようにビシバシと伝わって来ます。

 

『ワールド エンド エクリプス』

『ワールド エンド エクリプス』

 

バトルだけでなく「街づくり」パートも、これ単体で遊べるってほど充実しています。

バトルにはオートプレイ機能がありますので、バトルはオートで適当にやっといて、「街づくり」をじっくり、のんびり、本腰入れて楽しむなんてプレイスタイルも可能。もちろん街の発展はバトルにも大きな影響を与えます。

 

『ワールド エンド エクリプス』

 

街を発展させるには資源を集めなければなりません。

しかし荒廃した「ワルエク」の世界で、資源は「竜の骸」にしか存在しません。しかも資源には限りがあり、採り尽すと人々は別の竜の骸に移住しなければなりません。なんちゅう業の深さ。思わずデモ行進したくなるほどステキな世界観です。

 

『ワールド エンド エクリプス』

 

そんな骨太な世界で繰り広げられる、魅力的なキャラクターたちの物語の数々。既に小説版の発売も決定しているストーリーは、豪華声優陣をこれでもかと起用し、メインストーリーだけでなく各キャラのサブストーリーも存分に堪能することができます。

 

正直、これほど書いてもまだまだ書き足りない魅力にあふれるセガゲームスの『ワールド エンド エクリプス』。本作のプロデューサーである本山 真二 氏に「ワルエク」についてお話を伺いました。

 

『ワールド エンド エクリプス』プロデューサー 本山 真二 氏

『ワールド エンド エクリプス』プロデューサー 本山 真二 氏(以下 本山 氏)

 

9-Bit : 「ワルエク」はスマホ、Windows、PlayStation®Vita とマルチプラットフォームで展開を予定されていますが、各バージョンでゲームの内容は変わらないのでしょうか?

 

本山 氏 : はい、同じです。プレイスタイルで言うと、ゲームのサイクル、1 バトルの拘束時間はスマホ向けに概ね 3 分以内に調整していますが、 1 バトルの濃密さという点ではコンシューマーライクといっていいと思います。

 

9-Bit先行配信となるスマホ版は、最初からほぼほぼフルの状態でリリースを?

 

本山 氏 : もちろんメジャーアップデートなどは後々に予定しています。ただ「ワルエク」は、いきなり大規模な GvG 等でなくソロプレイヤーに向けたゲームをコンセプトしているので、そこの部分はリリース時点で出そうと。それから、新しい遊び方を後から追加していくという予定です。

 

9-Bitリリース当初からソロプレイでかなり遊びこめるんですね。メインストーリーなども随時準備されているんでしょうか。

 

本山 氏 : 只今裏で絶賛ライティング中です(笑)。クエストも最初から 100 個くらい用意しています。またフレンドや「ユニオン」というギルドメンバーとのレイド戦もあるので、あくまで「協力」がメインになりますが、マルチプレイも楽しめます。「対戦」については、ユーザーが望まないのであればそのままに、要望が大きくなればその時点で対応したいと考えています。

 

9-Bit最近スマホでは「リアルタイム」がトレンドになっていますが。

 

本山 氏 : 家庭用ゲームを作ってきた経験上、リアルタイムの良い面も理解しているのですが、一方で「疲れる」という面もあって、正直どっちもどっちかなと。

まずはレイド戦なども非同期で考えています。フレンドや「ユニオン」メンバーがレイド戦を始めると通知が入りますが、みんなで時間を合わせて「せーの」という、ある種の煩わしさにつながる要素は現時点では入れていません。ただ、後々そういった機能も必要になってくるだろうとは思っていて、良きタイミングでアップデートは検討しています。

 

9-Bit「竜の骸に街を作る」という独特の世界観は、何かモチーフがあったのでしょうか?

 

本山 氏 : 初めに「街づくり」のモードがあるゲームを作りたいと考えていたんです。最近はバトルに特化して短時間で遊べるスマホ RPG などが多いですが、僕の周りの人から「まったり遊べるモードも欲しい」という意見をいただいていたので、じっくり遊べるモードのあるゲームを作りたいなと。

ただ、単に街を作るだけだとよくあるものなので、「街づくり」に「不思議さ」を加えたいなというところから、様々なモチーフも参考にして今回の世界観を思いつきました。

街づくりでも資材を集めるための施設とバトルに直結する施設のどちらを優先して作っていくかなど、リソース配分でプレイヤーの方向性が出るようになっています。また資材が尽きると新しい竜の骸に移住して開拓していくのですが、街の中心にある「撃鱗」のレベルを上げると高レベルの資源が手に入る竜の骸に移住できるようになります。街を育成するというパートだけでもかなり遊べるようになっています。

 

9-Bit「ワルエク」はバトルシステムも特徴的ですが、なぜ 2 ラインのラインバトルにしたのでしょうか。

 

本山 氏 : ラインバトルというところから「プレイヤーが操作できるキャラ数の限界はいくつだろう」と考えて、キャラ数は 4 から5 が限界だろうと。じゃあ今度はそれで何ラインにすればいいかとチームで検討しました。

1 ラインから 5 ラインまで考えたのですが、4 ライン以上はもう無理、3 ラインでも厳しい、1 ラインだと結局力押しになってしまう。2 ラインだと、ユニットを 3  と 2 、あるいは 4  と 1 で左右に分けるなどの戦略性が出てくるので、これがベストかなと。ここについてはチーム内でも相当検討しました。

また敵と兵種の相性もかなり出るようにしているので、プレイヤースキルが問われるシステムになっていると思います。

 

9-Bit本日はお忙しい中ありがとうございました。リリースを楽しみに待っております!

 

●『ワールドエンドエクリプス』とは

『ワールド エンド エクリプス』

 

スマートフォン、PC など複数のプラットフォームでプレイ可能!セガが放つ新たなオンラインRPG の完全新作が登場します。かつて竜同士が争い、滅びた世界。大地から追われた人々は、朽ちた竜の背に街を築きながらも、日々襲い来る魔物や無法者たちとの争いを余儀なくされていました。フル3D で描かれたフィールドを舞台に、竜の背で街を築いていく「開拓」パートと、魔物や無法者たちと戦う「戦闘」パート、そして「武器召喚」「蝕の軍団戦」……

さまざまなアプローチでゲームを楽しむことができます。あなたは、小さな街を守る狩猟兵団の新米隊長として、同じく新任の軍師であるエステラや、街の協力者たちといくつもの事件に遭遇していきます。やがてそれは街全体、そして世界を揺るがす事件へと繋がっていきます。

オンラインRPG の常識を覆す骨太のドラマ、革新的な「2 ライン・アクティブコマンドバトル」など、数々の家庭用ゲーム機向けタイトルを手掛けたスタッフが、満を持して放つ大作オンラインRPG『ワールド エンド エクリプス』。まだ誰も経験したことの無い、新体験のRPG が間もなくスタートします。

商品名 : ワールド エンド エクリプス

『ワールド エンド エクリプス』

対応機種 : iOS、Android、Windows PC (Windows 7 以降)、PlayStation®Vita
サービス時期 : iOS、Android ⇒ 2015 年10 月29 日予定
Windows PC ⇒ 2015 年秋予定
PlayStation®Vita ⇒ 未定
価格 : 基本プレイ無料(ゲーム内課金有り)
ジャンル : オンラインRPG
プレイ人数 : 1 人~
発売・販売 : 株式会社セガゲームス
C E R O 表記 : C(15 歳以上対象)
著作権表記 : (C)SEGA
公式サイト : http://theworldendeclipse.jp/

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー, 新着アプリ , , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook