2015年10月01日(木) 13時44分
  • NEWS

ボルテージ「第4回恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」開催! 本日よりエントリー開始!

株式会社ボルテージは、新人発掘プロジェクト 「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」のエントリー受付を本日10月1日(木)より開始したことを発表した。

 

<以下、プレスリリース概要>

 

第4回 ボルテージ恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞開催!
10月1日(木) エントリースタート

 

株式会社ボルテージ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:横田晃洋)は、次世代の優秀なシナリオライター・イラストレーターの発掘・応援を目的とした新人発掘プロジェクト 「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」のエントリー受付を、2015年10月1日(木)より開始することをお知らせいたします。

2012年からスタートした当大賞は、今年で4回目を開催する運びとなりました。

国内のシナリオ部門・イラスト部門だけにとどまらず、第2回からスタートしたインターナショナル部門では、北米向けイラストや英語版シナリオも世界中から募集しています。

ボルテージはこれからも日本発の“恋愛ドラマアプリ”を通じ、国内外の才能豊かなクリエイターの活躍の場が拡がるよう、応援してまいります。

 

概要

voltage2015sinario_01

【部門】
①シナリオ部門
最優秀賞(1名):賞金50万円 優秀賞(3名):賞金10万円

②イラスト部門
最優秀賞(1名):賞金50万円 優秀賞(3名):賞金10万円

③インターナショナル・シナリオ部門
特別賞(1名):賞金$5,000

④インターナショナル・アニメイラスト部門
特別賞(1名):賞金$5,000

⑤インターナショナル・グラフィックイラスト部門
特別賞(1名):賞金$5,000

【エントリー受付期間】
2015年10月1日(木) 10:00 ~ 2016年1月11日(月) 24:00

【応募資格】
プロ・アマ問わず
※シナリオ部門は共同脚本可。代表者1名選出のこと

【選考委員】
恋愛ドラマアプリ制作チーム

【発表】
2016年4月(予定)

【お問合せ】
award-inq@voltage.co.jp
※選考の内容、および結果に関わるお問合せにはお答えできません。

詳しくは、「第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞」特設サイトまで http://www.voltage.co.jp/koiapp-award2015/

 

応募方法

■シナリオ部門

voltage2015sinario_02

(1) 特設WEBサイトの規定のフォームから提出して下さい。
(2) 応募フォーマットをサイトからダウンロードして作成して下さい。
 ※Word形式、A4サイズを縦に使用、40字×36行、横書き
(3) 3話構成(1~3話で完結、合計:12,000字程度)
(4) 1枚目にタイトル・氏名およびフリガナ(ペンネームの場合も本名を併記)・年齢・性別・職業・メールアドレスを明記してください。(最終選考者には、住所、電話番号をお聞きします)
(5) 2枚目には、タイトルのみ記載して下さい。
(6) 3枚目には、起承転結がわかる400字程度のあらすじを記載して下さい。
(7) 4枚目から、本文を記載して下さい。
(8) 未発表のオリジナル作品に限ります。(原作の脚本化や他のコンクール等に応募した作品は不可。)

 

■イラスト部門

voltage2015sinario_03

(1) 受付は、特設webサイトからの応募のみとなります。
(2) 形式:jpg/ サイズ:A4サイズ(解像度:350dpi / 縦4,093px、横:2,894px)、1ファイル4MB以内
(3) すべてのイラストの右下にペンネームを明記して下さい。

 

■インターナショナル部門

インターナショナル各部門の応募要項に関しましては、当コンテスト特設サイト上にて、順次公開して参ります。

 

■株式会社ボルテージ公式サイト http://www.voltage.co.jp/

■第4回 恋愛ドラマアプリ シナリオ・イラスト大賞 特設サイト http://www.voltage.co.jp/koiapp-award2015/

 

“恋愛ドラマアプリ”とは

モバイル端末で気軽に楽しむことができる、新しいスタイルのストーリー型のコンテンツです。 提供中の恋愛ドラマアプリは、現在70タイトル以上を配信しており、累計利用者数は2015年6月30日に4,000万人※を突破しました。

※ボルテージが提供中の、携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)公式月額サイト登録者数、SNSプラットフォーム(GREE、Mobage、mixiゲーム、dゲーム、Ameba、Facebook、自社プラットフォーム 女子ゲー)向けソーシャルアプリ登録者数、およびApp Store、Google Playで提供中のアプリのインストール数、各タイトルの合計数

 

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook