2015年09月17日(木) 22時27分
  • NEWS

【TGS2015】『ぷよクエ』高Pグリー移籍後最新作『アナザーエデン(Another Eden)』は“あの頃の RPG”をスマホでプレイできる挑戦作 「KMS Project(仮)」制作発表会レポート

『ぷよぷよ!!クエスト』運営プロデューサーとして有名な高Pこと高大輔氏がセガゲームスを退職しグリーに移籍して初となるタイトルとして発表されていた「KMS Project(仮)」の正式タイトルが東京ゲームショウ2015グリーブースステージにて明らかになった。

 

「KMS Project(仮)」改め『アナザーエデン』制作発表会内容まとめ 正式タイトル、豪華制作陣、画面写真と待望の情報続々公開!

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

「バリバリの縦社会の会社から抜け出し、グリーという“楽園”に鳴り物入りでやってきました!」とのっけからギリギリアウツな発言と共に登場した高Pこと高大輔氏のグリー移籍後初のタイトルとして発表されていたタイトル「KMS Project(仮)」の制作発表会がグリーブースにて行われた。

ゲストには『ぷよぷよ!!クエスト』のアルル役という事で高Pとの親交も深い声優の園崎未恵さんが出演した。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

▲園崎さんの衣装は、今日の発表内容に合わせて「ドット柄の着物」をチョイスしたそう。

 

最初に高Pは「KMS Project(仮)」制作にとりかかった経緯を説明。かつて自分が子供の頃に遊んだ「RPG」と今のスマホの「冒険してない」RPG は違うもの、と感じ、あの頃にプレイして楽しかった RPG をスマホでもプレイしたい・だったら作ってしまおう、という理由でスタートしたプロジェクトなのだ。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

そして、いよいよ「KMS Project(仮)」の正式タイトルを発表。「2日前に決まったばかり」だと言う正式名称は、その名も『アナザーエデン (Another Eden)』だ。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

『アナザーエデン』の注目点は、まず豪華制作陣だ。プロデューサー・ディレクター兼務の高Pはさておき、シナリオには「クロノ・トリガー」「クロノ・クロス」「ゼノギアス」で有名な加藤正人氏、メインテーマには同じく「クロノ・トリガー」のサウンドを担当した光田康典氏、そしてゲーム内楽曲の制作は光田氏の秘蔵っ子の土屋俊輔氏マリアム アボンナサー氏が担当している。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

 

ステージにはめったにマスコミの前に姿を現さない加藤正人氏が登場。現在はグリーに在籍し、高Pの下で『アナザーエデン』制作に注力しているそうだ。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

高Pによると『アナザーエデン』は従来のソーシャルゲームの「RPG」の要素として当たり前だった「フレンド」「ホーム画面」といった要素を排除し、古き良き「RPG」と同じような感覚で楽しむことができる RPG として開発されているという。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

ゲームは全編 2D グラフィックで制作。この理由として、3D は表現力は上がるものの制作に時間・労力がかかるため、データを量産しやすい 2D で制作することによって圧倒的なゲームボリュームを実現するため、と説明した。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

そして高Pが最もこだわった点が「フィールドを気持ち良く進める」という点だ。従来のスマホ RPG にないレベルの操作感・スムーズさのフィールド移動を実現するために、フィールド移動システムの開発だけに3~4ヶ月もの開発期間をかけたそうで、『アナザーエデン』のフィールド移動システムは「特許に関わるもの」(特許出願中、もしくは出願予定と推測される)になっているという。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

そしてもちろん加藤正人氏が注力して制作しているストーリーも重厚かつ長大なものが制作されているとの事。過去・現在・未来の3つの時代を越えて冒険するというタイムトラベルを題材にした『アナザーエデン』のストーリー、こう聞くと「それって『クロノ・トリガー』でしょ」と思われるかもしれないが、加藤氏は新たな要素を盛り込むことで『クロノ・トリガー』とは違った新たなテイストのタイムトラベル物になると説明した。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

▲加藤氏制作のシナリオプロットの一部を、園崎さんが朗読するという“特典”も。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

ここで高Pは私物のスマホにインストールされている『アナザーエデン』の開発途中バージョンを園崎さんだけにプレイさせ、客席・ニコ生にはその画面を一切見せないというメディア泣かせの暴挙を披露。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

壇上のメンバー以外は誰にもその全貌がわからなかった『アナザーエデン』だが、プレイ中の園崎さんのコメントから若干その内容が伺えるのでご紹介しよう。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

・スマホは横持ち、横画面でプレイ
・コンシューマゲームみたいな操作感
・武器屋の中に入って、扉から出るという昔ながらの RPG のような施設移動
・画面内にガイドマップがある
・街からフィールドへの移動はシームレス

 

そして、ようやくコンセプトアートと画面写真を公開! コンセプトアートにはゲームの舞台となる古代・現代・未来の様子が描かれている。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

▲左から順に古代、現代、未来の建物が描かれているコンセプトアート

 

画面写真を見ると、横スクロールでフィールドを移動するようだ。パーティーの中の猫のキャラクターは画面内をちょこまかと動き回るようで、加藤氏は「実は猫が主人公」と発言し、高Pに「それ言うな!」と突っ込まれていたので、どうやら猫はかなり重要なポジションのキャラのようだ。また、メデューサらしきボス?キャラも公開された。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

今回のステージに園崎さんを呼んでおきながら、「試しに入れてみたが合わなかった」という事で「『アナザーエデン』はキャラボイスは一切ない!」と発言した高P。せっかくだから何らかの形で関わりたい、と言う園崎さんの「イメージソングを歌いたい」というお願いに「俺が予算を握っているから、実現する!」と豪語し確約する高Pなのであった。ファンはこちらにも期待だろう。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

気になる『アナザーエデン』の配信開始は「2016年予定」との事。まだまだ先の話…だが、何と今年の年末~年明け頃にクローズドβテストを予定しているそうだ。

 

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

『アナザーエデン (Another Eden)』(KMS Project(仮)) 制作発表会レポート

 

『アナザーエデン』のクローズドβテストや更なる情報が気になる人はできたてほやほや、できたて過ぎて「本当に公式?」と不安になる『アナザーエデン』公式 Twitter をフォローして続報をチェックしておこう。

 

『アナザーエデン』公式 Twitter @rpg_AE

 

このライターの記事一覧:9-Bit ニュース
関連ワード:ニュース , ,

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook