2013年07月20日(土) 12時00分
  • REVIEW

反射神経に自信ある奴ちょっと来い。 一生無料で遊べる周辺視野強化型反射神経アプリ『タッチ&ドラゴンズ』


ランダムに並ぶ「マジックストーン」の数字を順に素早くタップしモンスターをぶっ倒しまくる完全無料の周辺視野強化型お手軽ミニミニ反射神経ゲーム『タッチ&ドラゴンズ』をご紹介。

 

touch&dragons_01

 

WHOからも警告される「早押し依存」の危険性

 

touch&dragons_13

 

『Touch the Numbers』などでもお馴染み、ランダムに浮かぶ数字を順にどれだけ素早く押せるかという「早押し」ゲームに、「ダンジョンでモンスターを倒していく」というファンタジー要素を加えた周辺視野&反射神経強化系のお手軽アプリとなる本作。

まあファンタジー要素が加わったといっても、ストーリー要素はとくになく、ひたすら早押ししまくるだけのゲームなんだけども、そのシンプルさと「限界への挑戦」というモチベーションはやっぱり中毒性を高めまくりで、健常者をいともたやすく「早押し依存症」患者に。

 

touch&dragons_02

 

小さな頃から本格的にスポーツをしてきたような「脳筋症」や、そんな脳筋どもをネット上で笑うことを生きがいにしている頭空っぽの「ネット依存症」を発症している人間が「早押し依存」を併発しやすいことはWHO(ワテホラ吹きでおま)からも報告されている通り。

悪いことに本作は「一生無料。ゲーム内課金もありません」という甘言を弄しており、事実好きなだけやり倒せてしまうことから、数多くのユーザーが「早押し依存」を発症するのではと懸念される熱中度100%の一本となっている。

 

ターゲットリングがなかなか曲者

 

touch&dragons_04

 

ゲームシステムは本当に単純で、メインはとにかく「画面の数字を素晴く順押ししていく」ということだけ。もちろん「バトル」するゲームなのでプレイヤーと的には体力ゲージが設定されていて、プレイヤーは「数字を順押ししてから敵をタップ」することで攻撃することができる。

ゲームモードは「タイムアタック」と「勝ち抜き」の2つがあり、「タイムアタック」は5匹のモンスターをどれだけ素早く倒せるか、「勝ち抜き」は自分の体力ゲージが0になるまでにどれだけ多くの敵を倒せるかをそれぞれ競う。

体力ゲージの他に、敵には「攻撃ゲージ」があり、時間経過でどんどん上がっていく。これが満タンになると敵が攻撃してきてプレイヤーはダメージを喰らう。もちろん「タイムアタック」モードでも自分の体力が0になればゲームオーバーだ。

 

touch&dragons_05

 

まあ非常にシンプルなシステムなので、説明聞くよりやったほうが早いのだけど、「数字を押す」だけでは攻撃せず、「数字を押してから敵をタップ」するという部分にちょっとだけ特徴がある。

数字を全て押すと、敵に「ATTACK」というターゲットリングが表示され、このターゲットをタップして初めて攻撃することができるのだが、これがちょっとだけ横にずれたり一定の位置で表示されないのだ。

この「ターゲットリングへのタップ」は割と厳密に設定されていて、数字を素早く押してもターゲットリングを正確に押せないと攻撃が発動してくれない。

この手のゲームだと「どこでもいいから押せば攻撃」というタイプが多いが、このゲームではこの辺を手抜きすることなく、「しっかり最後まで」押していかないと好成績を取ることができないようになっている。

 

touch&dragons_10  touch&dragons_18

 

もちろん体力回復や時間経過を止めるなど様々な効果を持ったアイテムも存在する。アイテム使用には画面内のアイテムアイコンを押すだけ。もちろんアイテムによっては、アイテムアイコンを押す分「早押し」速度にロスが生じることがある。

しかし、特にランキング上位に食い込むには「時間止め」のアイテムが超重要なので、アイテムを見つけたら積極的に使用していこう。

 

45秒もかなり必死になって出した

 

touch&dragons_24  touch&dragons_23

 

ゲームが終了すると、「タイムアタック」では5体を倒すまでのタイム、「勝ち抜き」では討伐数が表示される。「ランキング」ではiOSのGame Centerに対応したランキングを確認することができるが、これはタイムアタックのみ。

ちなみに筆者の記録はプレイ時点で上位15%となったが、トップランカーは20秒台というドーピングしたボルト並に人間離れしたタイム。どうやって出すんだよ。

まあこの辺はアイテム出現の運不運があるだろうが、「オレ反射神経には自信あるぜ」と社会人になってから全く活用することのなくなった能力をもう一度輝かせたいなどと思っている方には、20秒台、そして夢の10秒台を目指してみてはいかがだろうか。

 

タイトル タッチ&ドラゴンズ
開発 株式会社ポッケ
ジャンル アクション
掲載時価格 無料
公式サイト 株式会社ポッケ

 

 

このライターの記事一覧:ネギトロ
関連ワード:レビュー , ,

今週の注目ゲーム記事

フォローして最新情報を見る

Twitter Facebook